市民による浦安の地域情報総合サイト

生活・暮らし

  1. なんと1時間で配達される?アマゾン「Prime now」の対象エリアに浦安が追加されたのでさっそく使ってみた

    ※2019年9月、浦安でのサービス終了が発表されました。以前から使ってみたいと思っていたサービスがついに浦安でも開始されました。

  2. 浦安市が助成!卵子凍結

    いよいよ、浦安市で卵子凍結保存技術を活用した不妊治療研究が始まりました。この不妊治療研究は、浦安市の少子化問題対策の一つとして行われるため、浦安市内在住の方に限られます。

  3. 利用しないと勿体ない!みんながハッピー浦安市子育て支援センター

    浦安消防署と中央図書館の間にある建物の3階にある浦安市子育て支援センター。こちらの特徴は、なんといっても施設が広いこと!!浦安市には様々な子育て支援センターがありますが、市内で1番広い子育て支援センターです。本当にダントツで広い!施設に入ると開けた空間に滑り台やボールプールが目に飛び込みます。

  4. [お子さんの野菜嫌いにお困りの方へ!] バルコニー菜園のススメ

     まだまだ寒い日が続きますが、徐々に長く、そして強くなる日差しに春の訪れを感じます。今回は少し気が早いのですが、春を先取りしたバルコニー菜園のお勧めです。 浦安は都心に近い上、3/4が埋め立てによって出来上がったため、今や農地がゼロの珍しい市です。

  5. 2月22日は猫の日!浦安市の猫スポット

    2月22日は「猫の日」(2が3つ揃って、にゃんにゃんにゃんにちなんで) 猫好きのみなさんにとっては特別な日でもあります。浦安市には「猫」のつく地名、猫実(ねこざね)があります。  猫がおおいの?なんで猫なの?と気になる方もいらっしゃるかと思います。由来は浦安市行政区画、19大字の一つです。

  6. もうすぐ震災から5年・・・防災グッズの見直ししてますか?

    近年の異常気象は決して侮ることができません。大雨で川が氾濫、決壊したり土砂災害が起きたり台風で甚大な被害が出たり地震も頻発しています。災害に遭った時にはまず、自分のことは自分でできることが基本ですので防災グッズの見直しをしました。

  7. 【年齢は関係ない!】多発する逆走事故や運転ミス

     最近だけでもクルマの運転ミスによる事故をテレビのニュースで随分と見かけます。プロであるはずのバス運転手のミスもあれば、アクセルとブレーキの踏み間違いによる店舗への激突事故などです。仮に悪意や違法性がなくとも、業務上過失傷害や過失致死に至るケースも増えています。

  8. 浦安市議会を傍聴してきました。【市議会傍聴レポートその1】

    国政には興味があるが、市政のことはイマイチ知らない…という方、多いのではないでしょうか。本当は国政よりも普段の暮らしに密着した身近なはずの市政、でも市議会って実際に何をしているかよくわからない!という声も聞こえてくるような…実際に私もその一人です。市議会は誰でも傍聴できます。

  9. JFLリーグ開幕直前!ブリオベッカ浦安の練習を見学してきました

    今年JFLに昇格を決めたブリオベッカ浦安。シーズン開幕を心待ちにしているファンの皆様も多いことでしょう。選手たちが今年どんな活躍を見せてくれるのか…今から楽しみです!開幕まであと2週間、ブリオベッカ浦安の練習場を取材に訪れました。すかっと晴れた気持ちの良い空、微風、気温8℃。

  10. 総合公園、昔と今

    今をさかのぼること28年前、1988年に京葉線新浦安駅が開業されました。当時はまだ、新木場駅 - 南船橋駅間、そして市川塩浜駅 - 西船橋駅間が開業し、1990年に東京-新木場間も開業し、都心へのアクセスが便利になりました。それに伴い新町地区の開発も徐々に進んできました。

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る