市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open】10回で違いを知り 20回で見た目が変わり 30回ですべてが変わる…浦安駅前にオープンした地域初のメディカルピラティススタジオ。この秋から生活の中にメディカルピラティスを取り入れてみませんか?

PR

皆さん運動されていますか? ここ最近「トレーニング女子、筋トレ女子」などとメディアでもよく聞くワード。実際周りでも「ジムめっちゃ楽しい!」と通う友人も増えています。昔とは違って体力も落ちてきたし、運動不足とあって体のいたるところで信号の合図に気づいている筆者。「このままではまずい…。」実際のところ仕事や子育てを優先して自分に時間を使うことが中々できない方も多いのでは?「ジムはちょっと本格的すぎるしお金もだいぶかかりそう…、何よりも時間がない!」そんな方にもぴったりな場所、見つけちゃいましたよ~! ということでこの10月、浦安駅東口徒歩1分の場所にオープンしたピラティススタジオ『Medical Pilates Stella 』を取材してきました。

メディカルピラティス

メディカルピラティス』とあって、ただのピラティススタジオとは訳が違います。Stellaでは医療監修によるメディカルピラティスプログラムを導入しているとのこと。今回体験するマットピラティス以外に、プライベートマシーンピラティス、産前産後、乳癌術後ピラティス、整体・アロマセラピーなど、内外からケアをするプログラムが用意されています。


ピラティス経験のない筆者ですがそのイメージはヨガよりもハード? マシーンストレッチ? でもしっかり運動できそうなイメージ。まずは体験してみないと分からない! ということでお伺いしてきました。現在『体験キャンペーン』を実施しているということで、今ならお得にピラティスが受けられます! ビルの4Fに上がり左側にあるのがスタジオ。大きな窓から日差しがたっぷり入ります。ひと際笑顔がまぶいインストラクターさんたちに、はじめましてのご挨拶。まずは着替えを、ということで更衣室へ案内してくれます。カーテンで仕切られたロッカールームは広くて綺麗! 

どんなプログラムなのか緊張していると、ピラティス経験ゼロの筆者にも「ピラティスはインナーマッスルを鍛えるので、初めての方はきついと感じるかもしれませんがゆっくりやっていきましょう!」とステラメディカルピラティス・施術プログラムを監修され、オープンのプロデュースをされた辻 茜 先生。始まる前から生徒さんとフランクに話している姿が印象的で、優しく声をかけてくださいました。初めての私も緊張が緩みます。

マットピラティス・グループレッスン

レッスン前に体に不調はないか、病気をしたことがないかなど親身に聞いてくださいます。ちょうど数日前に首を痛めてまだなんとなく肩周りから首がこわばりがあることをお伝え。他の生徒さんにも前回から体の調子はどうですか? などと聞いていました。そして始まります。まずはヨガよりも厚さのあるマットの上に横になり「ストレッチポール」を使って脇下の筋肉を緩めて行きます。

とても地味ですが、けっこう筆者には辛かった…。この時「私の筋肉かなりおちてるなぁ…」と実感。身体を前後に揺り動かしながら脇の下をほぐします。脇下も腕も痛くて、茜先生に「○○さん無理しないで大丈夫ですよ」と。○○さん!? と下の名前で呼んで下さることに驚き! 今までにない体験で、名字で呼ばれることはあっても名前で呼ばれることってあまりないですよね~、親近感かつ安心感! ストレッチは続きお次は「骨盤底筋群」について。体のどこに位置にするの? とハテナな私に「そうだよね、聞いたことないですよね~」と茜先生。

気になっていた人体骨格模型を使って説明してくれます。「骨盤底筋群は骨盤の底の方に張り巡らされている複数の膜のような筋肉」これはとても重要な役割をしているとのこと。「尿道口や膣、肛門などが並ぶ中心線を境に左右に分かれています。また底上げをして内臓を支えているので、ここを鍛えておかないと腸が悪くなったり、尿漏れを引き起こす原因にも。センタリングを意識することによって、左右対称がブレなくなります。骨盤底筋群は横隔膜や腹横筋、多裂筋といった筋群と協働して体幹を支えているので、呼吸をしながらでないと意味がないんですね~。」


そして胸式呼吸をしながら、寝ている姿勢で両膝をお山に、足ももの間にストレッチボールをはさみます。これだけでも意識していないけど筋肉を使っている感覚に。この姿勢で呼吸をしていきます。そして両足を地面からはなし持ち上げていきます。「頑張れ私!」

お次は横になり足を90度に曲げて、片足膝を上に上げていきます。「お尻にある大殿筋を意識すると分かりますよね~、使われていることが。ここを鍛えると、プリッと引き締まる美尻、もも尻になりますよ~!」美尻なんて聞いてしまうと俄然やる気が湧いてきました! 普段使っていない筋肉を動かすことでなんだか体が元気になっていく感覚がとっても楽しかった~。インナーマッスル感じます。なんとなくピラティスが分かってきた気がする?! それからも立って呼吸をしながら横隔膜を広げ、背骨を感じながら体を倒したりおこしたり上下の運動も。この後もプログラムは進みます。一連の動きをすることによって、姿勢の悪い私はとくに体が伸び、スッキリした感覚を味わえました。

そもそもピラティスとは?

1時間のプログラムは短すぎずとても良い運動! 初めての私には1時間がちょうど良かったです。しっかり背骨も伸びているし、筋肉痛になるだろうと思っていましたが、なんと筋肉痛にならずに済みました。プログラムの中にはヨガのポーズが入っていたり、ピラティスって一体何だろう…正しい筋肉を使って運動すること? レッスンが終わった後、茜先生に少しだけお話を伺いました。

(茜先生)「ピラティスは、ドイツの看護師ジョセフ・ピラティスによって提唱されたものです。元々は第一次世界大戦の時代にドイツで、兵士のためのリハビリとして、病院内で行われていたのが始まりでした。今では宝塚学校でもピラティスの授業が行われていたり、エクササイズとしても有名ですよね。インナーマッスルを使うことによって筋力を強化し、怪我や病気を未然に防ぐことも。見えない部分の骨や筋肉を意識し、正しく動かす指示をして体を動かしていくため、想像しながら運動してもらう、右脳を使うトレーニングです。また、最近では子どもが側弯症(背骨が曲がっている)になることも多く言われていますよね。昔は自由に公園で木登りなど、けっこう無茶な遊びをしていたと思います。危険を察知することで脳を使っていました。現代では使用できない遊具などが増え制限されています。危険予測することで脳の教育にもなっていたと思います。筋肉レベルの低下は否めません。」

―――なるほど~、ピラティスは体だけでなく頭を使うことでトレーニングが完結するんですね。確かにヨガは頭を使うというより体の伸びを感じたり、自然に任せて進むそんな印象です。一方ピラティスはがっつりどこの筋肉を使うのかと考えながら進んで行きます。中にはヨガの要素もありましたが、実際にジョセフ・ピラティスさんもヨガを学んだ説もあるようです。東洋がヨガなら西洋はピラティス??

(茜先生)「そして、出産を経て今子育てをしているママたちに『骨盤ケアピラティス』のレッスンを火曜日と木曜日の11時~行っています。赤ちゃん連れでレッスンを体験いただけます。骨盤は女性にとって大事な部分です。骨盤周辺の筋肉を鍛えることによって女性特有の病気などの予防、体力が必要な子育てにも負けない体づくり、そして女性らしい体を作る為にも、是非ともママたちに体験してほしいです。」

―――え~! 赤ちゃん連れでレッスンしてくれるのはすごくいい! もっと早くに浦安に進出してくれれば…。ピラティスをマスターして子どもと一緒にトレーニングができたら、コミュニケーションとしても、健康な体の為にも役立ちそうですね。思っていたよりもピラティスは奥が深い! ただ単に体を鍛えてがむしゃらに動くわけでなく、筋肉の位置を知ることで体への理解も深まります。けっこう頭を使ったような気もするけど、終わった後は本当にスッキリ。体の骨や筋肉が正しい位置へ、何だろう…マッサージをした後の体みたい。終わった直後の体勢をキープしたい! と思うほどスッキリした感覚でした。グループレッスンとはいえ、少人数制なので分からないこと質問しても全然気にならず、居心地の良いレッスンでした。しかもいまなら体験キャンペーンを実施とのこと! 運動不足な方にはぜひともチェックしてほしい♪

10回で違いを知り 20回で見た目が変わり 30回ですべてが変わる…そんな「ピラティス」をしっかり体験いただける特別な機会を浦安の皆様に! この秋から生活の中にピラティスを取り入れてみてはいかがですか?

①体験グル―プレッスンが3回で3,600円に。(通常1回で3,600円)
②体験プライベートレッスンが50% 5,400円offに。(通常 10,800円)
③体験後に入会で入会金50%off 5,500円に。(通常 11,000円)
こちらのキャンペーンは11、12月限定で実施しています。2020年はオリンピックの年、アスリートでも何でもない筆者ですが、体に健康を取り戻して軽やかに日常を過ごして行きたいものです。

スーパーママ

今回のインストラクター、Stellaメディカルピラティス・施術プログラムを監修されている辻 茜 先生は、銀座にあるスタジオ『Body Making Studio Aulii』でもインストラクター主宰を務めています。

茜先生は幼少よりクラシックバレエを始め、松山バレエ学校、同バレエ団を経て、パリに留学。その後渡英。Vienna Festival Balletにてソリストとして活躍中に怪我を機にピラティスに出会ったそうです。2016年に一般社団法人ウイメンズヘルス協会を立ち上げ、医療と連携し、マタニティーピラティスや乳がん術後ケアピラティスもてがけ、女性の為のヘルスケアプログラムを制作されました。メディアやさまざまな病院で講座を行う傍ら、一児の母でもあるスーパーウーマン! そんな長年の経験と知識、女性としての思いが詰まったプログラムを電車に乗らずとも、ここ浦安で体感できます。ぜひともこの機会にピラティスを体験してみてください♪

Medical Pilates Stella
浦安市北栄1-16-10 岡清ビル4階
047-380-0087
東西線浦安駅から徒歩1分
*近隣にコインパーキングあり *自転車置き場あり
詳しくはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る