市民による浦安の地域情報総合サイト

生活・暮らし

  1. 2月4日開催【第15回CAP地域セミナー2022@一宮学園〜もっともっと知ってほしい児童養護施設】ご案内

    子どものための人権教育プログラム「CAP」をご存じですか。CAPとは、Child(子どもへの)Assault(暴力)Prevention(防止)の頭文字を取った名称で、子どもが遭遇するさまざまな暴力(いじめ・誘拐・性暴力など)から、子どもたち自身が自分を守る術を学びます。

  2. WELLNESTHOME街道市リビング

    デザインも性能も使い勝手も、こだわり抜いた暮らし『WELLNEST HOME 』(ウェルネストホーム)|株式会社アールデザイン

    PR

    四街道市にデザイン・性能・使い勝手全てにこだわった「WELLNESTHOME」(ウェルネストホーム)のお家が完成しました。ご家族に加えてたくさんのペットと共に暮らすお家です。服で体温調整出来ないペットにとって、室内の温湿度は人間以上に大切です。

  3. 【東京ベイシティバス潜入記①】「千鳥車庫」って行ったことある? たくさんのバスと運転士さんたちがいる、東京ベイシティバスの本拠地に突撃してきた!

    浦安市内を走るバスと言えば「東京ベイシティバス」♪ 浦安市民の足として雨の日も雪の日も市内をくまなく走る、浦安生活の強い味方です。

  4. 浦安市男女共同参画推進講座「人生100年時代のライフ・キャリアデザイン」

    ◆第1回 3月3日(金)「私の「働く」をアップデート」講師:寺村 絵里子氏(明海大学経済学部教授)男性主体の働き方が主流であった中、最近では、「女性活躍」とともに「男性の働き方改革」が叫ばれ、働き方やキャリアの形は多様になってきています。

  5. ヘリオス トップ

    健康維持のためから、通う事が生活の一部へ!!パーソナルジム 『ヘリオス』 さん、お客様インタビュー!VOL.6|店舗貸し切りパーソナルジム 新浦安HELIOUS(ヘリオス)

     今回取材したのは「健康維持」のためヘリオスさんに通うH様。運動不足、体力の衰え…、このまま年を取っていくことに漠然とした不安があったそうです。「今ではヘリオスさんに通うことが生活の一部になった」とH様。

  6. 2月5日公演、市民参加型ミュージカル【眠れる森の美女】を10倍楽しく観る方法!

    2023年2月5日(日曜日)、浦安市文化会館大ホールにて市民参加型ミュージカル【眠れる森の美女】の公演があります。市民参加のミュージカルは5年ぶりの開催です。

  7. 必要な人に〝髪〟を寄付する【ヘアドネーション】を体験してみた

    髪を寄付する【ヘアドネーション】をご存じでしょうか。身の周りでも「ヘアドネーションした」という話をよくきくようになりました。寄付した髪の毛でウィッグ(かつら)がつくられます。ウィッグを必要としているのは、病気や事故により髪を失われた方々です。

  8. 【議員さんってこんな人!】二度にわたる震災の経験から決断した、市議会議員への立候補。 議員の仕事は、未来の日常をつくること-上野賢一さん

    浦安市議会議員の素顔をレポートするインタビュー企画【議員さんってこんな人!】。第17回は、大手インテリア会社から浦安市議会議員へ転身した上野賢一(うえのけんいち)さんです。琵琶湖のほとりで生まれ育ち、上京。イタリアでのインテリアとの出会いが、人生を決める1970年生まれの上野さん。

  9. ヤングケアラーへの理解を深めよう!「ヤングケアラーシンポジウム」が2/4(土)に開催されます@Wave101

    最近よく聞かれるようになった「ヤングケアラー」という言葉。厚生労働省の「ヤングケアラーについて」というページには、以下の記載があります。法令上の定義はありませんが、一般に、本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもとされています。

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る