市民による浦安の地域情報総合サイト

高洲

  1. 【New Open】浦安初! 昨年オープンした高洲の専門本屋さん。自習スペースで勉強時間! 参考書の相談ものってくれる優しい店主のいる『学習参考書専門書店』♪

    昨年の11月28日、高洲にオープンしたばかりの書店。 実はSNSでずっと気になっていたこちらのお店。一体どんなお店なのか、ただの本屋さんではないということで、詳しいお話を伺いに取材へ! 高洲エリアにあるこちらの書店。バス停『高洲』、目の前のビル2階にあります。

  2. 【7月14日(土)】 開校15周年!『暁星国際学園新浦安幼稚園』のバザー開催! 宝くじは今年も豪華♪

    日本人の先生と外国人の先生が協力して楽しい保育をしている「真の国際人となるための適応を建学の精神として、子ども達の人間形成に力を注ぐことを教育の理念」として掲げる『暁星国際学園新浦安幼稚園』は今年で開校してなんと、15周年! 前回よりもさらにパワーアップしたバザーが7月14日(土)に開催されます! ...

  3. 【この冬、イクスピアリに初出店!】世界中にファンがいる、「あまりにも美しいチェコのクリスマスツリー」とは

    日ざしにぬくもりを感じられた秋も終わり、本格的な寒さが街を包み始めました。もうすぐクリスマスですね! クリスマスの飾りといえばクリスマスツリーですが、高洲の閑静な住宅街の一角に、とっても素敵なツリーを揃えているお店があるのをご存知ですか? お店の名前は「M&taniko」。

  4. ランチが美味しい高洲の“和食ごはん nicori にこり”は、女性おひとりさまにもオススメしたいお店!

    今日はなんだか飲みたい気分。お家に帰ってプシューッと缶ビールを開けてもいいけど、それでは味気なくて、やっぱり雰囲気あるお店で美味しい肴といっしょにお酒を愉しむ、というのが理想だったりするわけです。飲み友だちに連絡したけど、だれも都合つかない。

  5. 日常の会話で英語が常用されるから、母国語のように英語が身に付く『暁星幼稚園』を取材しました!

    コバルトブルーの爽やかな屋根が目を惹く、高洲の『暁星国際学園 新浦安幼稚園』。ここでは日常会話に『英語が用いられる』という、とてもユニークなカリキュラムが構成されています。「だいたい1~2カ月くらい経つと、英語で何を言われているか感覚で分かるようになる子が多いです。

  6. インターナショナルスクールの雰囲気満載! 高洲の暁星国際学園新浦安幼稚園のバザーへ行ってきました

    暑くて溶けそうな7月15日(土)、高洲にある暁星国際学園新浦安幼稚園にて、バザーが開催されました。こちらのバザー、地域の人も自由に出入りOK。私ものぞいてきたのですが、普段は見られない幼稚園の雰囲気を身近に感じることができました。レポートいたします!遠くからでも目を引く園舎。

  7. 楽しいことが大好きなご夫婦が切り盛りするお店。食べたらにっこりしてしまう心温まるお料理がいっぱい!【nicori】

    にっこりマークの暖簾がかわいい「nicori(にこり)」は、高洲にある小さなご飯やさん。和食を基本にお昼は定食、夜はこだわりの地酒とともに一品料理を楽しめる、隠れ家的なお店です。 「妻の地元が浦安で…。お店を出すなら『浦安』と決めていました。」そうお話してくださったのが料理担当のご主人、真介さん。

  8. 【7月15日(土)開催】暁星国際学園新浦安幼稚園のバザーに行ってみませんか?豪華景品が当たる宝くじも必見!

    2004年、高洲に開園した『暁星国際学園新浦安幼稚園』。日本人の先生と外国人の先生が協力しながら保育をする、「子どもたちが心身ともに新しい時代を担う国際人となるための基礎作り」を掲げている幼稚園です。

  9. 【うらやすの図書館】人生のきっかけになる本と、出会えるような図書館になっていたら嬉しい。

     浦安の図書館シリーズ最後のご紹介は、市内で一番新しく、分館の中でも一番広いという高洲分館。その広さを活かし、所蔵冊数は中央図書館に次ぎ市内でも二番目の数です。「普段から本を読む人、読まない人。色々な人がいますが、人生の中で『本が必要な時』というのが誰でも必ず一度はあると思うんです。

  10. 浦安市公民館文化祭シーズンたけなわ!【高洲公民館文化祭 学びと交流2016】

    浦安市政の開始より35周年の節目の年。浦安市民の文化活動は年を重ねることでますます成熟し、パワーは年々高まってきています。公民館文化祭は、それらを目にすることのできるとてもよい機会だと思います。10月8日(土曜日)、9日(日曜日)の二日間に渡って行われた、高洲公民館文化祭。

ページ上部へ戻る