市民による浦安の地域情報総合サイト

猫実

  1. 【New Open】浦安橋近く、愛情たっぷり『ほっ!』とできるパン屋さんが1月にオープン! 何にも付けなくても美味しいパン♪

    浦安駅から徒歩約5分。やなぎ通りを東京方面にまっすぐ向かう浦安橋の手前。猫実に新たしくオープンされたパン屋さんをご存知でしょうか。1月4日にオープンされたばかりのパン工房『シエル』。

  2. 【New Open】大きな掘りごたつ式のカウンターが、落ち着いた雰囲気で良い!『旬鮮酒房 呑平(どんぺい)』

     引き戸の扉を開けると目に飛び込んでくる、大きな掘りごたつ式のカウンター。シックな色合いでまとめられていて「いい雰囲気・・・」と思わずため息がもれてしまいます。「自分のお店を開くのが、小さい頃からの夢でした」とお話をしてくれたのが、呑平店長の金子さん。生まれも育ちも浦安の浦安っ子です。

  3. ご主人の優しさに心も体も温まる…浦安の街と人に寄り添う、通いたくなる蕎麦店。【浦安への想いをこめて…『蕎麦うらやす信や』】

     猫実にある「蕎麦うらやす 信や」。大きな暖簾をくぐると、お蕎麦屋さんではないような、落ち着いたゆったりとくつろげる空間が広がっています。 取材に訪れたのは冬の早朝。お店では築地の仕入れから帰ってきたご主人の内田さんが、蕎麦打ちの準備をしていました。

  4. 「くつろぎながらちょっとイイものが食べたい!」そんなときは…上質なお肉と、ひと工夫されたイタリアンが味わえる『らいおん』がオススメ!

    「せっかくだから美味しいものが食べたいよね!」。友人とそんな話で盛り上がった先月。でも高級すぎると緊張するから、カジュアルに楽しめて、いつも食べられないようなものが食べられるところ…そう思って探していたときに見つけたのが、宮前通り沿いにある『鉄板焼+TRATTORIA らいおん』でした。

  5. お茶やランチと一緒に読書会等も楽しめる!猫実の【カフェ&レンタルスペース Bran樹】

    「市役所付近に美味しいお茶やランチも楽しめるイベントスペースがある」と人づてに聞いたのが数年前。市役所近隣を歩き回ったものの、お店の名前がうろおぼえで、とうとう見つからずじまいだった苦い過去。今年になってようやく噂のお店にたどり着くことができました。

  6. 夏の夕暮れ、冷たいコーヒー片手に晩ごはんのお買い物。『まるひで夕市』が楽しすぎでした!

    8月21日(月)、猫実4丁目の『丸秀精肉店』さんにて『まるひで夕市』が開催されました。涼しく雨続きだった最近ですが、この日は太陽が顔を出し、暑さも復活。

  7. 浦安にレンタサイクル初上陸!! “街乗り”に最適な自転車で、浦安一周してきました☆【街の自転車屋さん believe】

    「自転車なんて乗れればどれも同じでしょ」。特にここ浦安では、潮風で自転車が錆びやすいこともあり、リサイクルショップで買った数千円の自転車で充分…私もそう思っていました。

  8. 「腰が痛い…」「運動不足。。」そんな編集室のメンバーで、ヨガ教室行ってきました!@猫実『Blan樹』

    「浦安に住みたい!」編集室の仕事は、デザインや記事・広告作成など、パソコンを使った作業がどうしても多くなりがちです。猫背、腰痛、ストレートネック、そして運動不足…年を取るごとに「このままじゃいけないよね…」という話の出る回数が増えてきました。

  9. 猫実にある『ブラン樹』さんで、丼なのにヘルシー?絶品つくね丼を食べてきました!

    今日ご紹介したいのは、猫実にある『ブラン樹』さん。 いつもカフェに併設しているレンタルルームを利用して、ヨガレッスンをしているのですが、今日はカフェの方でランチを頂きました。

  10. 【NEW OPEN】1杯800円~と、お手頃なお値段も安心。“バーボンバー”で、ちょっと大人な夜を…「Bar Anchar」

    今年一月にオープンしたBar Ancharは、昨日でご紹介したCoco Bongo の姉妹店。「船の碇(いかり)を降ろす場所」を意味する Anchar(アンカー)は、長旅を終えた船が碇を降ろして休むように、浦安の人々がここで一息つけるような場所になれば…そんな想いを込めて名付けられました。

ページ上部へ戻る