市民による浦安の地域情報総合サイト

小川 恭子の記事一覧

  1. 中央公民館主催事業【産前産後パパママセミナー】で子育てをさらに楽しむための「ベビーサイン」&「英語育児」講座開催!

    10月からスタートした2018年度中央公民館主催事業【産前産後パパママセミナー】。次回で5回目となります。2019年2月23日のテーマは、「ベビーサイン」と「英語育児」。どちらにも興味津々のママが多いのではないでしょうか。 昨年の講座も満員御礼。今年もすでにお申込が定員に達しました。

  2. 【こどもがつくるまち@うらやす】トークイベント『こどもがつくるまちってどんなところ?』に参加して気づいたこと

    1月27日(日)浦安市役所一階の市民活動センターで【こどもがつくるまち@うらやす】のトークイベントが行われました。タイトルは、『こどもがつくるまちってどんなところ?』。

  3. 【高齢者あんしんマンションライフ支援事業】で 浦安六弦会による新春コンサート「ギター演奏&懐かしの歌」を楽しんだ!

    浦安市で行われている【高齢者あんしんマンションライフ支援事業】は、マンションに住むシニア世代の方々がお元気で心身共に充実した生活を送れるよう、シニア向けサロン(茶話会)の開催やボランティア活動などを応援する取り組みです。

  4. 新米イクメンパパ&頑張るママたちを応援! 産前産後パパママセミナー【妊娠期から考える、夫婦で楽しむ子育て】

    10年前、20年前には考えられなかったこと。パソコン機能を備えたスマホの普及やネット通販、仮想通貨…などなど、たくさんあると思います。「これって20年前にはほとんど見られなかった光景では!?」と気がついたのは、赤ちゃんを抱っこしてお出かけするパパたちの姿。

  5. 運動公園総合体育館で真冬も楽しく、元気に体力づくり! 3歳〜小学校低学年まで参加できる「わんぱく広場」でママも一緒にリフレッシュ!

    ままごとや、積み木など部屋で静かにできる遊びが好き、という子もいますが、周囲の子が元気よく走り出し、楽しそうにおいかけっこをしているのを間近にすると、自分もつられて走り出す、という光景をよく目にします。子どもは本来カラダを動かすことが大好き。

  6. 2018年秋に行われたふたつのイベントで、 浦安の教育について考える機会を得た!

    厳しい教育、行き過ぎた指導に心を痛めた子どもたちのニュースが新聞に載らなかった週はないと記憶する2018年。日本の教育はいま、過渡期にあるのかもしれません。県内でボランティア活動をしている友人から、先日こんな話を聞きました。月に一度ボランティアしに通う学校の子どもたちは、普段から元気いっぱい。

  7. 10月の浦安市民まつりで開催された【ゆるキャラ総選挙】 栄えあるNo.1に輝いたのは・・・もちろん、あのキャラ!

    いよいよ本格的な冬の到来!早足で過ぎ去った秋のイベントなど、もはや過去のできごとと思われている方がほとんどでしょう。去る10月21日(土)、22日(日)、浦安市文化会館向かい、青々とした芝生が眩しい「くつろぎ広場」では、地味に(失礼!)熱い戦いが繰り広げられていました。

  8. 217名の浦安市民が声を合わせ歌い上げた! 【第25回浦安市民演奏会「第九」】

    「これを聴かないと年を越せない!」なんて考えているクラシックファンもいるほど、年末日本の風物詩とも言えるベートーヴェン第9交響曲、通称“第九”演奏。ここ浦安でも十数年ほど前までは毎年、今でも数年おきに「第九」演奏が行われているのは、みなさんもご存じの通り。そして今年、12月9日(日)。

  9. 【高齢者あんしんマンションライフ支援事業】で 実施された「そば打ち」イベント、鴨南蛮に舌鼓!

    みなさんは、浦安市で行われている【高齢者あんしんマンションライフ支援事業】をご存じですか。浦安市内には、管理組合のある分譲型集合住宅(マンション)が170以上あります。

  10. 走って、跳んで、追いかけて…! 寒い冬も【わんぱくサーキット】で元気にカラダを動かそう!

    日曜日の昼過ぎ、中央武道館から子どもたちの元気な声が響いてきました。大人気の【わんぱくサーキット】が開催中なのです。【わんぱくサーキット】は子どもたちの体力向上を目指して、毎週日曜日に行われているイベント。

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る