市民による浦安の地域情報総合サイト

TAKUMIの技の記事一覧

  1. 【葛西臨海公園】桜並木付近、うつろう季節を見る

    舞浜のお隣、葛西臨海公園。非常に広大な公園であるが故、足を運ぶたびに新たな発見があります。今回は私がその中でも特に感動した場所である「桜並木」の冬と春、うつろう芽吹きの季節を見ていきます。

  2. 【街ウォーキング】日の出公民館前ー明海の丘公園『後編』

    街ウォーキングの醍醐味といえばレストランなどの店に立ち寄るイメージがありますが、私の場合は構造物の外観を分析してみたり、スケッチやその場の風を感じながら文章で語ってみたりと、より実地としての情景を描くことに専念したりします。

  3. 【街ウォーキング】新浦安駅ー明海大学先まで『前編』

    私にとって小さいころから馴染みのある場所というのは、いくつになっても考え深いものです。ある時はバッタなどの昆虫を虫網片手に追いかけたり、ある時は広大な公園で友達とレクリエーションをしたり。今回は私の行動軸である公園を一つの終着地点に設定し、新浦安駅を歩いていきます。

  4. 【川沿いを行く】境川第一桟橋から、境川東水門にかけて

    浦安と境川は切ってもれない関係にあると私は考えます。それは単に水産資源としてだけでなく、生物との関わりや街の表情を形作るといった文化的側面もあります。今回は境川第一桟橋付近→境川東水門にかけて散歩します。■潮風にあたりながら船がたくさん集積する川沿い、交通公園付近を抜け上流へ。

  5. 【オリジナル短編小説】妖精が住む町

    オリジナル短編小説第二回は、舞浜のイクスピアリが舞台です。6/1から再開予定のイクスピアリ、思い出しながらぜひご一読ください!*** ペルシア神話に登場する優しい妖精がこの町を彩っているのだろう。彼らの姿を目撃する事は出来ないが、残された形跡と寄り添いは確かに存在する。

  6. 【オリジナル短編小説】境川沿いにて

    このご時世、何か出来る事がないかと模索した結果、文章を軸とした短編を書くことに思い至りました。未熟者ではございますが是非、ご一読下さい。初回は、境川の河口近くに架かる、明海橋から高洲橋・入船橋にかけての川沿いを舞台とした何気ない日常の気づきを描いていきます。***爽やかな春風が頬を伝う。

  7. 【地味だけど面白い】総合公園周辺のマンホールを見ていく

    マンホールは下水道の通り道であったり、時には地震の影響で隆起してしまったりと、あまりいいイメージがつきにくいかもしれません。しかし、足を止めてよく見てみると、用途に合わせたもの・デザインされた絵柄がついてるものなど、意外に興味深いものがあるのです。

  8. 【レッドカーペット?】明海地区にある赤い歩道のナゾ

    私は新町が好きで、よく散歩やサイクリングに出かけるのですが、通るたびに不思議に思う歩道があるんです…。

  9. 【舞浜から一駅】冬の葛西臨海公園を自然散策

    舞浜駅から上り電車一駅。広大な敷地をもつ公園「葛西臨海公園」。

  10. 【まるでジブリの世界!?】浦安市総合公園にある緑のトンネル

    総敷地面積約18 ヘクタールを誇る浦安市最大規模の総合公園。広大な海のパノラマを眺めながらピクニックをしてみたり、あるいは展望パーゴラでまったり潮風を感じてみたり、はたまたデイキャンプ場でアウトドアを思いっきり体感しながら休日を過ごしてみたり。

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る