市民による浦安の地域情報総合サイト

TAKUMIの技の記事一覧

  1. 舞浜の湾岸エリアを行く~4~

    前回の続きから。左手を見てみるとこのエリアにしては珍しく、工事中の建物がありました。近くで見るとかなり大規模に建設されているのがわかります。場所は2005年に閉館した『東京ベイNKホール』の跡地で調べた所、これは某テーマパークのブランドホテルのようです。

  2. 【浦安市屈指の絶景】舞浜の湾岸エリアを行く~3~

    前回の続きから。左へ大きく曲がる道路付近からこのようなスロープが設けられています。手すりにはライトが付けられていて、足元も安心です。美しい弧を描くカーブ。一番奥の車を見るとわかりますが、若干道路に傾斜が付けられています。海が見えないので下の歩道はすっかり歩かなくなってしまいました。

  3. 【ホテル激戦区】舞浜の湾岸エリアを行く~2~

    前回の続きです。蝶々のマークをしたホテルは『東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート』でつい何年か前まで『サンルートプラザ東京』という名前のホテルでした。当時、バイキング形式のレストランで挽きたて黒コショウ入りカルボナーラが美味しかったのをよく覚えています。

  4. 【浦安の絶景スポット】舞浜の湾岸エリアを行く。

    つい先日まで「暑すぎる…」と嘆いていた気がするんですが気付けばもう十月ですね。陽が落ちるのも早くなり、長袖でないと肌寒い季節がまたやってまいりました。そして、今回は空気の澄んできた時期だからこそ楽しめる、浦安でも五本の指に入る絶景スポットをご紹介します。

  5. ナイトウォーキング[続]3

    今回は『高州西地区 緑地 中央 遊歩道』をナイトウォーキングしてみたいと思います。高州南テニスコートの近くには長いカーブの車道があり、エントランスはその近くにあります。スペースを持て余したのか、何もない割には異様に広く舗装されています。エントランスにはヤシが出迎え、南国な雰囲気を漂わせます。

  6. 夜ウォーキング続 [反対側編]

    今回は右側の『日の出橋』から散策していきます。街灯は自動車用と歩行者用のライトが付いたお得品のようです。橋の連結部を見てみると、複数の鎖が繋がれていました。橋に掛かる負荷を分散させる意図がありそうです。右手を見てみると『境川』の表記が。

  7. 【変な道路標示も …】ナイト ウォーキング [続]

    先日投稿したナイトウォーキングの記事の終着点を、今回のスタート地点としたいと思います。写真は三井ガーデンホテルの目の前に架かる「日の出橋」です。比較的新しい橋なので恥ずかしながら、つい最近まで無名の橋だと思っていました。

  8. 夜の異国を行く~[3]

    今回はシンボルロードを横切る直線道路のご紹介です。ここを出発地点とします。場所は日の出七丁目近くの交差点です。横断歩道を渡った先には車のディーラーがあり、隣接しているカフェは車の購入に関わらず利用することが出来ます。

  9. 【海外にいるよう…】夜の異国を行く~[2]

    「夜の異国を行く~」の続きです。反対側へ移る前に見つけたのがこの「うら・らめ~る」。固い言葉を使うと浦安市青少年交流活動センターという名前で、集団での宿泊生活や交流活動に使われる宿泊型青少年教育施設のようです。こんなアーバンリゾートな空間で学びを得られるなんて…。

  10. 【リゾート気分を味わうならココ!】夜の異国を行く~[1]

    これまで新浦安のシンボルロードをいくつか紹介してきました。今回はシンボルロードの終着地点に当たる、アーバンリゾートエリアの夜を見ていきたいと思います。海を正面にして、まずは左側から。ヤシ風の木が植えられ、統一されたマンション群が軒を連ねます。

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る