市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【真似したい!栄養士さんの時短&簡単レシピ】まずはピーマンの苦味を抑えるコツ教えます!子育て世帯必見☆

旬の野菜を使ったレシピを、栄養士の佐藤由起子さんに毎月教えていただいている【真似したい!栄養士さんの時短&簡単レシピ】シリーズも、この6月で丸1年! 佐藤さん、いつもありがとうございます♪ 6月のテーマは『ピーマン』。ピーマンといえば夏が旬の野菜ですが、一方で子どもが嫌いな野菜として超有名ですよね~。

トマトの4倍ものビタミンCや、葉緑素が豊富に含まれ、美容と健康にとっても良い食材であるピーマン。でもあの苦味があるせいで、ピーマンはなかなか子どもが食べてくれなくて…と佐藤さんに伝えると、「お任せください!ピーマンの苦味を抑える下ごしらえの方法があるんですよ」と快く教えてくれました! 子育て世帯の皆さん、必見ですよ☆

ピーマンの苦味を抑えるには、種とワタをきれいに取り除くこと

「ピーマンの苦味成分は『ピラジン』と言い、ピーマンが熟成するほど減少します。カラーピーマンやパプリカのほうが苦味が少ないのはそのせいなんです」と佐藤さん。そしてこの『ピラジン』、実の部分に比べて種とワタには約10倍も多く含まれているんですって!「種もワタも本来は食べられる部分なので、お好きな方は丸ごと調理してもいいですが、苦味が苦手な方やお子様向けには、種だけでなく白いワタの部分を丁寧にこそげ取るといいですよ!」

実際にやってみました!

1.まずは縦半分に切る。

2.スプーンを使い、へたと種を取り除く。ワタの部分をきれいにこそげ取る。写真の左側くらいまできれいに取れると◎!

3.お好みの大きさに切り、流水でよく晒す。緑の水が透明になればOK。

…さあ、果たして苦味は軽減されるのか!? このピーマンを使って、6月は4つのレシピを作っていきますよ! 第一弾は6月7日(火)公開です。乞うご期待☆

その他のレシピはこちらからどうぞ

レシピ提供:料理代行『Chiaa~癒しの厨~ 』栄養士・佐藤由起子
※料理代行の問い合わせは、LINE @531epqptよりお願いします。
Instagramブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る