市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【真似したい!栄養士さんの時短&簡単レシピ】生クリーム不要、パイ生地も不要♪『お豆腐とカリフラワーのキッシュ』

【材料】

カリフラワー 1/3株(花蕾100gくらい)
絹豆腐 150g
A:牛乳 100ml
A:ピザ用チーズ 30g
A:卵 1個
A:塩 小さじ1/4
A:こしょう 少々
B:餃子の皮 12枚くらい ※代わりに冷凍パイシートでもOK
B:オリーブオイル 大さじ1
パセリのみじん切りまたはドライパセリ、お好みでケチャップなど

【カリフラワー下ごしらえのコツ】

1.まずは葉を取り除く。キッチンバサミで切ってもOK! 花蕾と茎を境目で切り離す。

2.花蕾の真ん中あたりまで切り込みを入れ、手で開いて裂いて半分に分ける。

3.小房に分けるときも、同じ要領で切り込みを入れて、手で裂くとやりやすい。

*葉も、硬い外側の部分を除き食べることができます。
*1株(花蕾約300g)の加熱方法
・レンジの場合:600Wで5~6分
・熱湯の場合:1.5ℓの熱湯に大さじ1の塩を加え、3分茹で、ザルにあげてそのまま冷ます。
*使い切れなかったカリフラワーは、加熱して粗熱を取ってから冷凍保存しましょう。

【作り方】

1.カリフラワーは小房に分ける。パイシートを使用する場合は解凍する。オーブンは170℃に余熱しておく。

2.グラタン皿の底と側面に、分量の半量のオリーブオイルを塗る。そこへ餃子の皮を少し重なるようにずらしながら並べる。重なる部分に残りのオリーブオイルを塗る。この時、グラタン皿から多少皮がはがれてもOK。パイシートを使用する場合は、グラタン皿に敷く。

3.ボウルに豆腐を入れ、泡だて器でよく攪拌して滑らかなペースト状にする。Aも加えてさらによく混ぜる。

4.2のグラタン皿に1のカリフラワー、3の生地を流し入れ、パセリをトッピングし、170℃のオーブンで30分焼く。

5.少し冷めたら、グラタン皿から取り出してお好みの大きさにカットする。お好みでケチャップなどをかけてお召し上がりください。

*グラタン皿ではなく、スキレットやオーブン使用できるフライパンのほうがキッシュを簡単に取り出すことができます。具材にウインナーやベーコンを加えても◎!
*温めなおすときは、軽くレンチンしたあとにトースターなどで焼き直すことで、皮がパリッとして美味しく食べられます。

【作ってみた感想】

お豆腐だとわからないくらい本格的なキッシュ…! 餃子の皮をパイシート代わりにしちゃうなんて半信半疑だったのですが、意外と上手くいってビックリしました! カリフラワーの食感が楽しく、ふわふわの生地もとっても食べやすかったです。ベーコンやたまねぎ、キノコなどを入れて具沢山にしてもいいだろうな~。

その他のレシピはこちらからどうぞ

レシピ提供:料理代行『Chiaa~癒しの厨~ 』栄養士・佐藤由起子
※料理代行の問い合わせは、LINE @531epqptよりお願いします。
Instagramブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る