市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

教えて今村先生!「鍼治療」でメンテナンス?「日常の不調」を感じている方にも、元気な人ほど身体のSOS信号を見逃さないで! |しんうらやす整骨院

PR

さまざまな日常の中でも病院へ行くほどでもない身体の変化や不調と言った信号、出ていませんか? そんな時、身体のメンテナンスをしてくれるサロンや整体、整骨院に行く方も多いかと思います。市内にはその道のプロ、先生達が沢山いらっしゃいますよね。その中でも、入船にある『しんうらやす整骨院』鍼灸師の今村先生は、生活習慣の改善と鍼治療からアプローチした施術をされています。なんといっても超がつくほどのポジティブなお人柄とあって、お話をするだけでも前向きになれる今村先生に、「身体の不調」についてお話を伺ってきました。

このご時世、健康でいなければならないと思いつつも、忙しい毎日の中、ぎりぎりの中で生活している方がとても多いと、日々の臨床を通じ感じていると今村先生は話します。中でも多いのが働き盛りの世代。その重要な位置に立たされている方々の身体の不調から日々の生活に支障が出てくるほど深刻な状況だと感じ、健康な身体で仕事ができるよう企業へ経営健康の働きかけなど、さまざまな行動を起こしています。そうした日々の臨床や活動から、今村先生が考える不調の原因と対策を聞いてきました。

あなたの痛みはどこから?

——40歳手前、子育てに仕事に日々を過ごしている私の場合、肩こりや腰痛もあるけれど、今のところ、大きな支障もなくそれなりに元気に過ごすことができています。たまに頭痛、そういえば昨日(取材の前日)に顎辺りが急にズーンと痛みがありびっくりしました。

(今村先生)「痛みや不調の原因は大きく4つのキーワードに分類されます。」①予期せぬケガ
まずは不意に起こる怪我、これは運動をしていなくても怪我を起こす危険性は誰にでも起こりえることですね。
②筋肉のこわばり(つっぱる、痛い)
筋肉のこわばりとは、筋肉が硬くなる状態。運動しないと筋肉はサビ付きコチコチになります。
③循環不良(だるいな、身体が重いな)
筋肉が硬くなると、細い血管が挟まれて血流が流れにくい状態、つまり循環不良が起ります。この時点で身体の異変に気付いてほしいです。体温も下がった状態。東洋医学での健康のポイントは、気・血が体中をぐるぐる回っていれば健康、すなわち代謝が良いと言えます。そして気・血が体中をぐるぐる回らなくなると代謝が悪くなって病気を引き起こしやすくなります。そして体を動かすエンジンである筋肉が少なくなり弱くなることで代謝が悪くなると言えます。でも元気だからと、やり過ごしている方沢山いらっしゃいます。
④神経の高ぶり(寝れない、夜目覚める)
緊張状態が続いている状態、仕事などで常に頭の中で考えている状態が続くと、寝つきが悪く、さらにはスマホでブルーライト画面を目で見ることで脳の近い場所ですから当然脳は興奮状態になります。そして浅い睡眠となり夜中に起きてしまう。結果、十分に頭も体も休めていない状態になります。

(今村先生)「僕の考えは②筋肉のこわばり(つっぱる、痛い)③循環不良(だるいな、身体が重いな)④神経の高ぶり(寝れない、夜目覚める)という順番に、身体は自然と不調というサインを出してきます。歳だからということではなく、運動不足や忙しい日々でさまざまなサインを見落としていることだと思っています。このサイクルにはまってしまうと、不調にすっかり慣れてしまいこれが普通の状態に。身体は様々な誤作動をおこし、治療に時間が掛かるようになります。」

自律神経を知る。

(今村先生)「まず自律神経を3段階に分けてみます。健康(上手にコントロール)→自律神経の乱れ(時々乱れる)→自律神経失調(コントロール不能)。
自律神経はコントロール出来ない神経なんです。どうしようと考えれば考えるほど、ストレスを溜め込む結果となり症状を悪化させてしまいます。なので、考える事を止め生活習慣を変えていくことがポイントです! 生活習慣を変える事で、からだを徐々に良い方向に変えていくイメージです。」

(今村先生)「頑張らなきゃいけない時もありますが、問題はその状態が続くこと。とっても危険なんです。その状況が当たり前になると…体は自分を守るために感じていないふりをします。すると多くの人は治った! と勘違いします。なので…自分の感覚はあまり信用できません。日々のリラックスタイムと体の定期点検で体の状態を客観的に見ることが大切です。すると…体の緊張(オン)とリラックス(オフ)を感じる事が出来るようになることでオンとオフの切り替えが上手になります。オンとオフを知ることで体は自然に心地良く感じるオフの状態に向かって動き出します。 オフの状態を感じることが自律神経を整えるポイントです。」

——なるほど~、勘違いしたまま、気づかないまま身体に良いことをしても全くいいことがないのですね?

選択肢の一つとして日々実践している治療法。

(今村先生)「その状態で鍼を打ったところで、大きな効果は期待できません。まずは身体がどんな状態なのかを探りしっかりリラックスをさせることがポイントです。僕たちの院では鍼とお灸、ほぐし、オイルカッピングのメニューがあります。緊張度合いが高ければ高い方ほど、まずはリラックスできるように身体が気持ちいと感じる、オイルカッピングをお勧めしています。オイルカッピングの場合、施術者は主に女性が担当しますのでご安心ください。」

——そもそも、鍼ってやっぱり痛かったり少し怖いなと思う方も多いと思いますが、今村先生はそんな方にも安心していただけるように、直接鍼を触って見せてくれたりするので初めての方には安心材料の一つですね。私も見て触らせていただきましたが、思っていたよりぐいーんと曲がる鍼にビックリでした。こんなにも柔らかいものだったのですね! でも、なぜ鍼がいいのでしょうか?

(今村先生)「外科手術以外で唯一体の中を直接治療出来る治療法であり、悪いボス(患部)と直接話せる(治療)ので、上手く行くと話が早いんです。悪いボスの機嫌を探り、必要な刺激の質と量を見極める事が効果を出すポイントです!
ただし、不調を抱えた患者さんの身体はいわば冷凍のお肉。解凍してあげないと一流シェフでも料理はできませんよね。冷凍肉をあの手この手で解凍し、何とか食べれる形にするまで3回。よって当院では、通常3~5回の治療を患者様にはお願いしています。」

鍼治療をしてきた!

——分かりやすい例え! この取材の前日に突然左頬の下が痛くなり、軽く頭痛を感じていたことを相談してみました。今村先生の見立てでは噛みしめによるものとのこと。顎に力が入り、自分では意識してないけれど、確かに考えることも増えてきたこの頃、新生活も始まり緊張している自分もいたのかもしれません。かみしめでどこが痛かったのか、自分で触ってみてから今村先生にその周りを触ってもらうと、思っていたところではなくその近辺に凄まじい痛みを感じました。こうなれば躊躇することなく鍼治療をお願いしました。

打つ前はそこまでの痛みを感じてはいませんでしたが、打っていただくと、数ミリ程度でものすごくズーンとした痛みを感じました。それほどまでに硬く血流も滞っているのだと、そこで初めて実感…。悪いところほど、より痛みも強く出るそうですが、鍼を刺す長さによっても痛みの感じ方も違うので、施術中は「どんな痛みですか?」と声をかけながら進みます。私の場合、打った直後は多少の重さを感じ、じわじわと血流が流れているような感覚。今回は頬上と頬下の二カ所顔に打ったので、次の日はどことなく顎回りがスッキリした印象で、なんだか一石二鳥感が否めない!

(今村先生)「そうなんですよ、今噛みしめによる痛みを持つ方はとても多いのです。マスク生活も要因の一つで、働き盛りの方々に多く出る症状です。おそらく考えることが多く、緊張状態が続いている方が多いのだと思います。痛みが出てからでも鍼を打つのも効果的ですが、やはり大事なのはオンとオフの時間を大切にしていただきたいです。」

——今回は左頬の下に痛みがあったのですが、この取材が無ければ何にもしなかったと思います。通常通りな生活を過ごし、もしかしたらもっと痛みを感じてしまうことになったのかも。もちろん、一回で痛みが無くなる、といったことではありませんが、こうしたちょっとした不調や痛みが出たら、治療を継続すれば今よりも前向きな健康を維持するために有効なんじゃないかと思いました。私の場合、顎の痛みに左右差があり、左から、頬→顎→首→肩→腕と、硬くて触られると痛みを感じました。おそらく右手をたくさん使うので、左は体を安定させるための使い方が続き硬くなっているとのこと…。

(今村先生)「まずは、TVでもよく言われていますが寝る前のスマホはやめましょう! 今が良くても近い未来、必ず身体が悲鳴を上げます。そして運動をしていない方はできるだけ階段を使うこと。在宅ワーク等からも1時間に一度は身体を動かす、両手を広げて回すだけでも、なんでもいいのです。」

身体メンテナンスとして、自分は今どんな状態なのか、チェックをするだけでも今の自分が分かる気がして、安心した気持ちになりました。不要なことは考えないように、バランスよく身体を動かしたほうが良いのだと思わされました…。さらにおそらくこれから女性特有の更年期障害でも、この状態のままだと症状が強く出ることもあるそう、今のうちに不要な不調は改善に向けて動いた方がよさそうです。鍼をやみくもに打つことはなく、どのような状態か、原因を探りあててくれます。そしてそのために何をすればいいのか、ただ打って終わり、ではなく明日から心がける、私たちに必要なセルフメンテも教えてくれるので、運動不足な方も、ちょっとした不調を感じたらぜひとも「しんうらやす整骨院」へ行ってみて!

2021年「新浦安マルシェ」にて『島ぞうり』を販売します!

5月から9月の第一日曜日のみ、新浦安マルシェにて出店が決まりました。今村先生は整骨院の中でもこの島ぞうりを履いて日々の施術をされてます。なんでも身体にいいことずくめで、裸足になった5本足指が開き、足指がきちんと使えるようになることで、足でしっかり身体を支えられるようになります。その開放感はもちろんのこと、私も夏に履いています! もちろん院内でも購入でますが、今年は月に一回の新浦安マルシェに参加。雨天中止ですが、天気の良い日にカラフルな島ぞうりを履いてみてくださいね!
※現在は仕入価格と運賃値上げに伴い700円+税で販売されています。また、無料で彫るサービスは終了し、オプション(1000円~2000円)にて島ぞうりアーティストに作品を依頼します。

島ぞうりの記事はこちらからどうぞ↓

しんうらやす整骨院
浦安市入船4-7-23
047-380-0680
http://seikotsu119.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る