市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

今こそ『ピラティス』を生活に取り入れてほしい理由。~未来に続く自分のカラダ~|Medical Pilates Stella

PR

昨日(5月1日)が「国際ピラティスデー」だったことにちなんで、今、あらためて世界で注目されている『ピラティス』について取材しました。話を伺ったのは、この地域で「少⼈数制」のピラティス専門スタジオと⾔えば、❝元気をつくる場所❞ として評判の『Medical pilates stella』(メディカル ピラティス ステラ)さん。⼀⼈ひとりの健康状態や⽬的に合わせてしっかりとサポートしてくれる、しかも浦安駅前にありながら陽光や風を感じられる清潔感高い気持ちの良いスタジオです。こちらの特徴は何と言っても個性的で豊富な知識を持ったインストラクターが所属している点! スペシャルな講師陣による貴重なレッスンは初⼼者さんも経験者さんも要チェックです!

今日の❝with コロナ❞時代…。万人が健康的で持続可能なライフスタイルを求めています。「心身ともにスッキリした時間を過ごせるようになるにはどうすればよいの?」など、この先の健康に対する不安や思いを抱いていることだと思います。今回は、そんな皆さんに❝健康づくりの有効な一手❞として全世界で注目されている『ピラティス』に関する情報をお伝えします。話をしてくださったのは、ピラティスを極め、あらゆる健康に関わる知識をお持ちの、「Medical Pilates Stella」の客員マスタートレーナー⼤本沙樹先⽣に、コロナ禍だから取り入れたい⾝体づくり・健康づくりについて、…沙樹先⽣も⼤好きな場所だという、⼼地の良い浦安総合公園にて、貴重なお話を伺ってきました!

大本沙樹(Medical Pilates Stella客員マスタートレーナー)

ピラティス界ではインストラクターの間でも⼀⽬置かれる「⼤本沙樹」先⽣の経歴は、FTPピラティス教育ディレクター、 Balanced Bodyピラティス マスタートレーナー、鍼灸師、バレトン マスタートレーナー、エンコンパス マスタートレーナー、リリーススティックマスター トレーナー(リリーススティック養成講座プログラムの開発に携わったお⼀⼈)、からだスキャンセルフマッサージ プログラムディレクター、フィットネス通訳の 他、幅広い資格とピラティスの育成に尽⼒され続けています。指導者に指導するという⽴場から、⼀⾒初⼼者には⼿の届かないところにいる⽅ではありますが、Stellaでは客員マスター講師としてワークショップも開催されています。その沙樹先⽣が昨年、あるピラティスに関連する記事の翻訳を依頼されたそうです。その文章の中で記載されていたという、昨今のコロナ禍に似た100年前に起こったスペイン⾵邪について、そしてピラティスの⽣みの親、ジョセフ・ピラティス⽒に触れていただきました。

『ピラティス』を創ったジョセフ・ピラティス⽒のこと

1883年(明治13年)に誕⽣したジョセフ・ピラティス⽒。幼少の頃から体が弱かったそうで、⾝体を強くするために勉強をしながらトレーニングを積んだそう。メソッドを考案し⼝コミが⼝コミを呼び、世の中に広く知れ渡ったピラティスエクササイズ。とにかく体の勉強と追及に明け暮れた⼈ ⽣の⽣涯を終えたのは84歳の時。(現代⽇本男性の平均寿命は82歳)現代の平均寿命を越えている(明治⽣まれの)ピラティス⽒にも驚きですが、1914年に第⼀次世界⼤戦が勃発した時、ジョセフ・ピラティス⽒と彼の兄弟は、各地を回るサーカス団体の⾒世物で、その当時⼈気があった格闘技の芸をするためにイギリスを旅していたんだとか。

(沙樹先⽣)「ピラティス⽒の国籍がドイツであったため、彼は敵国の在留外国⼈とみなされランカスター付近のマン島のキャンプへ抑留されました。キャンプの中で彼は他の抑留者たちに彼のエクササイズシステム(今のピラティスのマットエクササイズとして知られているもの)を毎⽇指導し始めたそう。同時期に彼は負傷兵のリハビリとして筋⼒と柔軟性を取り戻す⼿伝いをすることで彼の理学療法に関しての天性の能⼒を⽣かし、探求し始めたと⾔われています。負傷兵の看護にあたるも、寝たきりの負傷兵にリハビリを施すことが難しい中、ベッドに寝た状態のままトレーニングをすることを考えたのです。結果、素早く怪我から回復させることができ、再び戦いの場へと送りだすことができたと⾔われています。」

1918年に起きたインフルエンザのパンデミック

(沙樹先⽣)「当時新聞社が戦時中の⼠気を⾼めるためにドイツ、イギリス、フランス、そしてアメリカでの感染者数と死亡率を検閲したことにより、『スペイン⾵邪』として広く知られるものになったと⽶国歴史情報サイト(http://history.com)は説明しています。しかし政治的にニュートラルな⽴場であったスペインに関して新聞社はより正確な死亡数の記事を報道することができました。これによりスペインが極端に多くの感染者がいるような間違った印象を与えるようになり『スペイン⾵邪』として知られるようになったと⾔われています。世界の僻地にまで広がった容赦ない当時のパンデミックですが、ピラティス⽒と⼀緒にキャンプにいた⼈の中では、たった⼀⼈としてこのパンデミックによって亡くなった⼈がいないという驚くべき事実が残っています。彼がいたキャンプは他のキャンプと全く変わらず、多くの⼈が混雑し様々な年齢層の抑留者が混在している環境でした。ただ⼀つ違いがあるとすれば、抑留者達がピラティス⽒の指導のもとで毎⽇実践していたエクササイズシステムを⾏っていたこと。ピラティス⽒が指導する毎⽇のエクササイズにより個々の⼒強い免疫システムを作ることができたと⾔われています。ピラティスを習得できれば、コロナに打ち勝つことも夢ではありません。」

運動は免疫を高めるに最適?

そして昨今のコロナ禍でも、この頃はTVなどでも運動しているほど感染しにくいと⾔われ始めました。免疫⼒を⾼めるには最適な運動が必要。しかしやみくもに、がむしゃらに運動を始めても、良いことのはずが⾝体へ悪いことをしてしまう可能性があると沙樹先⽣は話します。

バランスが良い運動

(沙樹先⽣)「健康のためにジョギングを始めても、悪いフォームで走ったり、身体の正しい動かし方が出来ていなかったり、本来使われるべきではない筋肉が使われたりするとせっかく運動をしているのにもったいないと思います。⾛ることは⾝体に良いことだと思いますが、走る動きは腕や脚を前後に動かすのがメインになります。人間の肩の関節や股関節の動作は前後だけでなく、横へ広げたり閉じたり、外回しや内回しに捻じる動作があり、それら全ての関節動作をバランス良く行うことでバランスの取れた健康的な状態を作ることができるのです。同じ動きを繰り返し行うことは時として関節に負担をかけてしまうこともあります。もちろん運動を毎⽇続けることは、⼼にもいい影響を与え、代謝を上げることができます。サッカーや野球、ダンスやゴルフも、それぞれに素晴らしい楽しさや良さがありますが、正しい動きが出来ていない場合には、どこかに負担をかけてしまい怪我や痛みを伴う症状に繋がることがあります。また同じ動作を繰り返したり、動き方の癖によって筋肉バランスが崩れてしまうこともあるでしょう。だからプロのアスリートやスポーツ選手などは身体のことに精通している専属のトレーナーがついているのだと思います。その点に関して言えばピラティスのエクササイズプログラムは解剖学に基づき、正しい良い身体の使いかた、筋肉バランスを考えた動きなど健康になるための様々なアプローチが取り入れられています。ピラティスを続けて行うことにより、少しずつ健康になるだけでなく、日常生活の中での正しい身体の使い方を習得することができ、怪我や痛みの原因となる症状の予防ができるでしょう。」

(沙樹先⽣)「ピラティスはインストラクターのもとでプログラムを受けたほうが効果が得られます。自分で本や動画を見ながら行った場合、それが本当に正しい動かし方なのか、正しく出来ているのかが分かりにくいのです。せっかくお金や時間を費やすのであれば、正しい知識を持ったインストラクターのもとで指導を受けることでより健康に繋がる効果を得ることができるでしょう。」

ピラティスが注目される理由

コロナ禍となり健康に向けたプログラムが多く出回っている昨今。ピラティスに挑戦する⽅も増えていますが、⼀⽅、ピラティスと聞くとどこか敷居が⾼く、セレブやアスリートのもので、しかも解剖学と聞くと難しそうなイメージ。実際のところはどうですか?

(沙樹先生)「確かにセレブが⾏っているイメージは海外、アメリカでも同じです。それはもともとピラティスがセレブや有名な人が行っていることから一般に広まったということだと思います。ピラティスをすることで免疫力が高められるだけでなく、腰痛、肩こり、膝痛なども改善できるので、どんな年齢層でもどんな体型の方でも無理なく続けることができる、健康のためのエクササイズだと思っています。⾝体が硬いからできない、膝が痛いからできない…、そういった不調などをお持ちの⽅こそ、是非ピラティスを体験していただき楽になる、改善する感覚を実感していただきたいです。ご自分のコンディションについて不安がある方は実際にレッスンを体験する前にインストラクターに相談してください。また自分のペースで体験したい方はインストラクターとしっかりコミュニケーションを取りながら受講できるプライベートレッスンをお薦めします。」

ピラティスを続ける理由

(沙樹先⽣)「私がピラティスを続けているのも10年先の⾃分のため、⽼後のためにやっていると⾔っても過⾔ではありません。いくらお⾦を持っていても身体を壊して寝たきりになったら、最後まで楽しい人生を送ることができないと思います。今の健康寿命は約74歳と⾔われています。そのころから⽀援や介護が必要となり、健康上の問題で⽇常⽣活に制限のある期間が平均で9〜12年、その間は誰かにお世話してもらっている状態になるんです。このまま40、50歳代の⼈が何もなく健康に過ごしていても74歳くらいになったら健康寿命が終わることが分かっている。そこに向けて無理なく苦しくもなく、どんな⽅でも体験できるエクササイズプログラムなので、今から少しづつ始めて、いくつになっても自力でトイレに行ける身体作りをすることは重要だと思います。」

10回で違いを知り、20回で見た目が変わり、30回ですべてが変わる

エクササイズやダイエットもそうですが、一カ月で痩せるとか、変わるとか、よくありますよね。ぶっちゃけて、ピラティスはどのくらいやると変化や気づきが分かるようになりますか?

(沙樹先⽣)「ピラティスの創始者、ジョセフ・ピラティス⽒も⾔っている⾔葉があって、私も⼤好きな⾔葉なんだけど、「10回で違いを知り、20 回で⾒た⽬が変わり、30回ですべてが変わる」という⾔葉を残しています。⾒事にその通りに実感しています。運動でもダイエットでも2,3回やっただけでは⾝体も変わらないから⼼にも響かないんですよ。でもピラティスは10回やるとその良さに気づくんです。ピラティスに関しては週に2 回やり続けることが理想ですが、この忙しい現代では難しい⽅も多いですよね。忙しくて、または事情があって⽉に1回しか通えなくても、まずやり始めることに意味がありますし、レッスンを受けながらインストラクターの先生がレッスンに参加できない時には日常生活で簡単に取り入れられるピラティスのエクササイズを教えてくれるでしょう。」

(沙樹先⽣)「さらにここ数年⽇本でも筋膜の重要性が知られてきましたが、筋膜は人間の身体の中でとても大切な役割をしています。⽔分の枯渇やストレス、同じ姿勢での⻑時間作業(デスクワークなど)、筋⾁の柔軟性の低下などにより、筋⾁の働きや血流が低下することがあります。筋⾁を正しく動かす ためには、筋膜が柔軟に動くことも必要で、筋膜はその性質上理想とされる状態に戻るためには6カ⽉から24カ⽉かかります。2、3回良いことをやったからといってそんなに簡単に身体が良い状態に改善することはあまりないと思います。規則的に身体にとって大切なエクササイズ、ストレッチ、マッサージなどを継続することが健康になるための重要なカギになると思います。」

10年先に繋がる健康

簡単なエクササイズや、時短系の⽂⾔が書いてあるとやってみたくなるし、これで変わる!という⾔葉に意識を持っていかれますが、実際のところ考えてみたら…、簡単にできるエクササイズなら世界中が健康な⾝体を⼿に⼊り、感染爆発も起こっていないかも。⾃分の認識が⽢い!と背筋が伸びる思いです…。

(沙樹先⽣)「本当に身体を改善したいのであれば、毎⽇やっていただければ少しづつ改善していくと思います。週に2回くらいレッスンを受講されるのが理想的だと思います。ただ、現実的には忙しくてそんなに受講出来ない方も多いと思います。少ない受講回数であってもどれだけレッスン内で学んだことを⽇常に取り⼊れてられるかがカギになります!きっと毎回レッスンを受講する度に自分の身体の中で新しい発見や、簡単に取り入れることが出来そうなものを学んでいくでしょう!ピラティスへのモチベーションが下がりそうになったら、新しいウエアを新調したり、自分の身体の変化を楽しんでみてください!また、立っている時の正しい姿勢や、歩き方、日常生活での動作でどこに力を入れたり意識をしたりすると良いのかなどを学ぶことができるので、疲れにくい身体になり、姿勢も美しく若々しく見えることで毎日が楽しくなりますよ。自分次第でどんどん若く健康になっていくピラティス、今の健康のため、10年後の⾃分のため、元気で⼈⽣を楽しむために、そのためにピラティスは存在しています。皆さんで健康を続けましょう! 幸いにもこの地域、浦安には全国に誇れるスタジオ(Medical Pilates Stella)があります。是非皆さんには素晴らしいピラティスをお気軽に体験していただきたいと思います。」

今回、沙樹先⽣にお話を伺い、このコロナ禍における健康キーワードは、今だけのものではないと思わされました。一度の人生をいかに豊かに生きていくか、そのためにはいかに健やかさをキープするか…そのひとつのKEYが『ピラティス』であると心から感じました。そして今回の取材にご一緒したMedical Pilates Stella代表の宮本さんからもメッセージをいただきました。「沙樹先生のような素晴らしい指導者と共に、この地域の皆さまに『ピラティスの素晴らしさ』を一人でも多くの方に知っていただきたいと強く思い活動しております。ピラティス(ステラ)を通じて健康とQOL(人生の豊かさ)を高めていただければと…。皆さまの ❝元気をつくる場所❞ として様々な機会をつくっていきます! withコロナ時代 ❝健康とごきげんは自分でつくるもの❞ …個性と経験豊かなスタッフと共に皆さまの健康づくりを寄り添いながらサポートいたします」と。

そんなステラさんでは現在、客員マスター講師として⼤本沙樹先⽣の「インストラクター養成講座」や「月例特別レッスン」を展開しています。さらに! 何と言っても現在『ピラティス』をしっかり体験できるキャンペーンを実施中! 皆さんも是非この機会にピラティス体験、5月末までのチャンスをお見逃しなく!

今なら、5月末まで体験&入会キャンペーン中、人数限定

詳しくは公式ホームぺージから

「ピラティスで鍛え、ヨガ、ヤムナで整え、メディカルアロマで緩める」がここ一ヶ所で行える唯一無二のコンセプト。是非楽しみながら参加してみて!

①体験グループレッスン:3回 3,600円(税込)
運動好きも、運動が苦手な方も幅広くサポート! ピラティス、ヨガ、ヤムナの3種の約70ものクラスから、気になるレッスンや自分に合ったプログラムを体験してみて!

②体験マシンピラティスプライベートレッスン:60分 5,400円(税込)
専用マシンを使い専属のインストラクターによるマンツーマン指導。より深くご自身の身体を知るチャンス!「マシンピラティス」でなりたい自分へ近道!

③体験メディカルアロマトリートメント:40分 5,000円(税込)
リラクゼーション効果はもちろん、病気の予防やケアに。高質オーガニックアロマを用いたトリートメント体験で極上時間をお過ごしいただけます。トレーニング後に行う方も多く、その相乗効果をぜひ体感してみて!https://mp-stella.jp/beginner/

詳しくはホームページから https://mp-stella.jp/beginner/

Medical Pilates Stella(メディカル ピラティス ステラ)
浦安市北栄1-16-10 岡清ビル4 階 浦安駅徒歩1分
*近隣にコインパーキングあり *自転車置き場あり
インスタグラム
FaceBook
<全レッスンスケジュール>
https://coubic.com/mp-stella/services#pageContent
<公式ホームページ>
https://mp-stella.jp/
体験レッスンのご予約、お問い合わせは
info@mp-stella.jp
電話 047-381-0087


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る