市民による浦安の地域情報総合サイト

堀江

  1. 看板さんに会いに行こう!その3 ~i・chi・e 伊藤さん~

     「学生時代を過ごした浦安は、本当に楽しい思い出ばっかりで。独立をするなら絶対に浦安! と決めていました。」当時を振り返り、目を細めながらお話をしてくださったのが「i・chi・e」のオーナー兼ヘアースタイリストの伊藤 護さん。

  2. 看板さんに会いに行こう!その2~泉銀堀江店 森田さん~

    総合スーパーが増え、個人商店は軒並み数が減ってしまっている中、浦安魚市場にお店を構える「泉銀」さんが堀江に2号店を出店したそう! この時代にどうしてあえて『魚屋さん』をオープンさせたのか…。そこには店主森田釣竿さんの、魚への真摯な想いと浦安愛に溢れていました。

  3. 【New Open】魚屋のある浦安の風景と、人びとの交流の場を取り戻す! 堀江『泉銀』での買い物が楽しすぎるから、みんなも行ってみて!!

    突然ですが、あなたは週に何回魚を食べますか? 四方を海に囲まれた日本ですが、現在では肉の消費量のほうが多く、一人当たりの水産物の摂取量は減少傾向(水産庁ホームページ H28年水産白書より)。

  4. 【恵方巻デビューにもオススメ】ゴマの香りでさっぱり食べやすい!今年の節分は韓国キムパde恵方巻♪|韓国野菜料理JUN

    PR

    いつのまにかすっかり2月の顔になった、節分の「恵方巻」。節分の日に、恵方と呼ばれる縁起の良い方角に向かい、無言のまま巻き寿司を一本丸かぶりすると願い事が叶う…という、もともとは関西発祥の行事です。

  5. 浦安で35年。ギャラリー「どんぐりころころ」の“原点に帰る”展示会が、のんびり開催中。

    堀江のフラワー通り沿いにあるギャラリー『どんぐりころころ』にて、「1982~」という名前の展示会が現在開催中です。その名の通り、1982年に浦安でオープンした『どんぐりころころ』。

  6. 【New Open】浦安の誇る『保護ねこカフェ 猫の館ME』がリニューアル!“猫を売らない猫専門ショップ”…って?

    あらゆる猫好きが集う場所として、市内・市外からもお客様が訪れる『保護ねこカフェ 猫の館ME』。以前、うらら☆スタンプラリーで取材をさせていただきました。(過去記事:かわいい猫に癒される…!あらゆる猫好きが集う”保護ねこカフェ”は、雑貨屋さんとしても魅力的!【うらら☆スタンプラリー】)。

  7. 濃い目のスープがよく絡むっ…!『天哲』のカレー南蛮そばは、師走に食べたいNo.1★

    堀江のフラワー通りを歩いていると、ゴマ油の良い香りがふんわりと漂ってきて、お腹がグウ~と鳴る…そんな時は迷わず『天哲』さんの暖簾をくぐりましょう! 創業なんと105年(!)、現在は三代目がご家族と切り盛りされている、一人で気軽にふらっと入れるお蕎麦屋さんです。

  8. 地図とペンの魔法に魅せられて。浦安~市川の美味しいものを集めた「ひとり物産店」に行ってきました!

    フリーペーパー『地図とペン』の作者である市川さんが不定期で開催している『ひとり物産店』。12月13日、市川さんいわく「今までで一番お店っぽい」ひとり物産店が開催されました! 今回は昼の部・夕の部と2部構成。

  9. ぽってり素朴なうつわと、手織りの草木染。冬の食卓を彩る展示会がどんぐりころころにて開催中【12/13まで】

    浦安のギャラリーといえば『どんぐりころころ』。今、どんぐりころころでは、冬の食卓を彩る陶器のうつわと手織りの草木染めの展示会が行われています。『陶と織 小泉すなお・高嶋彩美二人展』、展示会初日にお邪魔して参りました!堀江のフラワー通り沿いにある、どんぐりころころ。

ページ上部へ戻る