市民による浦安の地域情報総合サイト

小川 恭子の記事一覧

  1. 浦安子どもミュージカル公演【ピエロ人形の詩】 開演間近の稽古場に行ってきました!

    子どもの習い事を考えていたとき、年長者から助言されたのは「子どもがその習い事を好きなこと」、「指導者と相性がよいこと」、この2つでした。シンプルですが、2つの条件を満たすのは意外と難しいんですよね。子どものために「良かれ」と思ってすることが必ずしも子どもの心情と一致するとは限りません。

  2. ニックネームで親しまれている浦安の公園!

    浦安市内には大小合わせて100近くの公園があるのですが、その中でも今回ご紹介したいと思っているのは、「ニックネームで親しまれている公園」です。

  3. 観客も積極的に参加して盛り上がる! 【うらやす音楽村7】

    6月24日(日)、浦安市民プラザWave101は【うらやす音楽村7】に早変わり。

  4. 元町“らしさ”弾ける【当代島公民館文化祭】

    6月2日、3日の二日間開催された「当代島文化祭」の初日にお邪魔してきました!実は、市内に7つある公民館のうち、中央、堀江、富岡、日の出、美浜、高洲の6館の「公民館文化祭」の開催は秋ですが、当代島公民館の文化祭だけは初夏に開催されるんです。

  5. 「第九」の調べに声を合わせよう!第25回浦安市民演奏会団員募集!

    毎回、200名もの人が参加する浦安市民演奏会。4年ぶり25回目となる今年、12月9日(日)浦安市文化会館ホールにて開催予定。前回に引きつづき、通称「第九」として知られるベートーヴェン交響曲第9番が演奏されます。   写真は2014年12月に行われた第24回浦安市民演奏会のものです。

  6. 心地よいウクレレ演奏に誘われて…【土曜日昼の富岡さわやか地域交流イベント】

    爽やかな風の吹き抜ける5月12日土曜日、富岡公民館の前を通りかかると色鮮やかなハワイアンの衣装を身につけた方々をお見かけしました。フラダンスの発表会かな?と中に入ると、涼やかなウクレレの音色が…。一階フロアの図書館前に並べられた椅子は満席。

  7. 【今昔うらやす】え!?これがシンボルロード!?昭和60年早春の貴重なショット!

    みなさん、こちらの写真、浦安市内のどこを写したものか分かりますか? ① かなり昔の写真だな、とお気づきになられたと思います。しかし、どこの場所なのか見当もつかない方がほとんどではないでしょうか。ではヒントをひとつ。中央からやや右下寄りにセブンイレブンの看板が見えますね。

  8. 境川を優雅に泳ぐ200匹のこいのぼり! 岸から岸へ、どうやって渡っていった…!?

    4月半ば、今川・少年の広場にて気持ちよく日光浴していた浦安のこいのぼりたち。http://sumitai.ne.jp/urayasu/2018-04-19/53565.htmlゴールデンウィークには、いよいよ境川で泳ぎ出します。

  9. 浦安春まつり2日目、【輝貌】のよさこい路上演舞に血湧き肉躍る!

    “血湧き肉躍る”の意味は辞書によると「勇ましくて興奮させられる」ことなのだそうです。太鼓が心地よく力強くリズムを刻む、よさこいソーランの音楽に合わせ、元気なかけ声をあげ、鮮やかな衣装で踊るメンバーたち。青空の下、大きくはためく応援旗。

  10. 夜風が甘く薫る春の宵、“路風舎”の庭先に出現した幻想空間!

    【路風舎】のお庭で行われたサイレントひとり芝居は、犬の遠吠え、赤ちゃんの泣き声、甘い匂いを含んで吹き抜ける風が梢を揺らす音、すべてが劇的効果を生んだ、素晴らしい舞台でした! 堀江フラワー通り沿いにあるアートギャラリー【どんぐりころころ】と、その離れの多目的イベントスペース【路風舎】は、この浦...

ページ上部へ戻る