市民による浦安の地域情報総合サイト

  1. 2019年は新しい自分に出会う、男女ともに美しくなろう! |サロンショーン【浦安キレイ塾】

    PR

    新年あけましておめでとうございます。今年は年号も変わるしオリンピックを直前に日本中が、新たな挑戦の年となるのではないでしょうか。なんだかこれだけでもワクワクしますが皆様は今年、何にチャレンジしますか? 今年の筆者は『美しくありたい』を少しづつ意識していけたらと思っています。

  2. 寒い日は、子どもを連れてアトレ新浦安のあったかフワフワじゅうたんで遊ぼう! 1/19(金)にはLINE@でお買い物券が当たるキャンペーンも♪

    昨年8月、芝生が出現して話題を呼んだアトレ新浦安 1階スターバックス コーヒー前の「ガーデンテラス」(過去記事:アトレの1階に、期間限定で芝生の広場が出現! 大人も楽しめる“みんなの本棚”や、夏休みイベントも見逃せない♪【Share Happy SUMMER】)。

  3. とろとろ、ふわっ…こんなトリッパ(ハチノス)、食べたことない! 熱々のグラタン仕立てで召し上がれ♡|Terra Cotta

    PR

    イタリアンで定番の”トリッパ”は、日本で言うハチノス(牛の胃袋)のこと。焼肉屋さんで食べたことのある方も多いのではないでしょうか。イタリアでは、このトリッパをトマトで煮込むお料理が定番なのだそう。

  4. 2日がかりで取ったコンソメと、野菜の甘味。かけた手間は、美味しさを裏切らない。|Terra Cotta

    PR

    秋はどこへやら、空気はすっかり冬になってきました。家でもレストランでも、あったかい料理が食べたい…そんな季節ですね。北栄の『Terra Cotta(テラコッタ)』さんの今冬のイチオシは“温野菜”。

  5. 【週末、寒波が来るぞ】そんな時はランチチゲで温まろう!ごはんのおかわりも出来る♪

    突然の寒波到来…「暖冬って言ってたじゃん!」と思わずお天気お姉さんにツッコミを入れたのは筆者だけではないはず。寒くなると韓国料理が食べたくなる…それも筆者だけではないはず!もしその寒波が来るのが週末だったら、もっと言ってしまえば木曜~日曜の間だったら…とてもラッキーです。

  6. 【冬こそ】浦安駅から新浦安駅まで歩くなら、やなぎ通りの一本裏を行くのがオススメ。その理由3つ

    普通に考えたらバスを使う区間である「浦安駅-新浦安駅間」。この間約3キロ、歩くと筆者(30代女性)の足で35分ほど。道路事情が悪くてバスが全然来ない、終バスを逃してしまった、たまには運動するか…なんて時は、お天気次第で歩いてみてもいいなと思える距離です。

  7. 【浦安キレイ塾】侮るなかれ!冬場の乾燥対策、どうしてる?|サロンショーン

    PR

    空っ風が吹く、関東南部の冬。雲ひとつ無い冬晴れの下では空気がカラカラに乾いて…気づけば顔も手足もガッサガサ! 「浦安の『美』マスター」ことサロンショーンの東口さんに、どんな乾燥対策をされているかお伺いしてみました。「私がオススメする乾燥対策は、湿度計をお部屋に置くこと」と東口さん。

  8. 【冬を元気に乗り切る】浦安で本格サムゲタンを食べよう!|韓国野菜料理JUN

    PR

    突然ですが、これ、何だと思いますか? 木片?木の根っこ?…これから工作が始まる、わけではありません! 実はこれ、全てサムゲタンの材料なのです。サムゲタンは、まるまる鶏1羽のお腹にもち米を詰めて、薬膳をたっぷり入れて煮込む韓国料理。

  9. リンパのプロは風邪を引かない!今川発・寒さに負けないカラダ作りとは?|オリヴィエ

    PR

    右下か左下を向いたときに、あごの下になんだか異物感がある…触ってみると、なんだかゴリゴリ固い!これは一体何!?…そんな経験、誰しもあると思います。「この固いものの正体は、リンパ節。

  10. 【冬到来】家の中が寒いときにやりがちなこと30

    この時期、最低気温が10℃を下回るようになってくると、命の危険を感じるほど家の中が寒い…! 古い木造アパートや最上階・角部屋に住んでいた経験のある方ならおわかりいただけるであろう、室内にもかかわらず外気温と大差ない環境に住むことの過酷さ。比較的温暖な気候とされる浦安近辺も、例外ではありません。

ページ上部へ戻る