市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安在住の作家さんが描いた絵本『ポッポポーン』もう読んだ!? 猫実珈琲店で元絵と帯の展示やってるよ!10/2まで♪【URAYASU Stamplore Book】

浦安在住の作家・たまむらさちこさんが描いた絵本『ポッポポーン』(白泉社)、もうご覧になりましたでしょうか!? ポップコーンのはぜなかった種を植えてみたら…というワクワクあふれるお話で、たまむらさんのイキイキした線とカラフルな色が楽しい、子どもに読み聞かせるのにピッタリの絵本なんです! 我が家の3歳娘も大好きで、「ポッポポーンよんで~」と絵本を持ってきては、ポッポポーンのシーンで「ポッポポーン!」と音の響きも楽しんでいます。出版にあたってインタビューをさせていただいたのが、こちらの過去記事です↓。

そして! 9月5日から猫実のカフェ『猫実珈琲店』さんにて、『ポッポポーン展』が始まったのです! 絵本の元になった絵や着彩の過程、たまむらさんの絵本の作り方が惜しげもなく公開されているので、絵本好きな方やたまむらさんファンの方はもちろん、ものづくりに興味がある方も必見。それに加え14日からは、たまむらさんゆかりの作家さん13名が手がけた『ポッポポーンの帯祭り』も始まりました! これがまた、作家さんそれぞれの個性と愛にあふれた帯なんですよ…! 見ればアナタも帯を描きたくなること間違いナシ☆ そんな『ポッポポーン』展、じっくりご紹介します♪

猫実珈琲店が『ポッポポーン』ワールドに! 手づくりの帯は優しく手に取って、裏や見返しもぜひ見てみて

実はたまむらさん、猫実珈琲店の開店当初からのお客様でもあります。「それまではコーヒーって、戦闘モードに入るためのものだったんですけど、猫実珈琲店の店主・瀬古さんが淹れてくれるコーヒーは違っていて。『コーヒーって優しいものなんだ!』とビックリしたんです」とたまむらさん。瀬古さんから依頼を受けて、猫実珈琲店の包装紙や一筆箋、コーヒー缶のデザインも手掛けていらっしゃいます。どれもとってもカワイイ♡

さて、ポッポポーン展はというと…お店に入って正面の本棚、ここにはたまむらさんゆかりの作家13名による『ポッポポーンの帯祭り』! もう、パッと見から楽しすぎませんか…!?

たまむらさんの美大時代の同級生で絵本作家の出久根育さん、たまむらさんのご主人で美術家の野村浩さん、現在中学2年生のお嬢さん・はなさん、漫画家の細川貂々さん、手製本のワークショップや私家版の制作をされているコイドサチコさん、版画家のbonhancoさん、陶芸家の小泉すなおさん、和紙造形作家のにしむらあきこさん、布小物作家のkurumakiさん、造形作家のタニグチミドリさん、編み物で靴下をはじめいろんなものを作る一本の糸さん、美味しいお弁当をつくるタリトルさん、そして猫実珈琲店店主…なんてバラエティ豊かで個性的な皆さんの集うラインナップなんでしょう!

ちなみにこの帯たちはそ~っと触ってもOK。帯の裏側や見返しのところにも工夫が凝らされているので、優しく手に取ってみてください。一人ひとりの個性が存分に表れていて、クスっと笑顔になるものも、首がもげるほど頷きたくなるものも、たまむらさんへの愛を感じてじんわりしちゃうものも、もう本当にいろいろです。『ポッポポーン』を読んで、私だったらどんな帯をつくるかな…?と考えるのも楽しい♪

絵本作家として世界的に活躍されている出久根育さんの帯は、現物が別で飾られています(棚に並んでいるのは複製)。この窓際の席は特等席、触れませんがじっくり堪能してください…!

『ポッポポーン』作者のたまむらさちこさん(左)、猫実珈琲店店主の瀬古さん(右)

「この展示が面白いのは、帯を作ってくださった方の活躍している方面がバラバラなところ。ほとんどがここで出会った方です。このバラエティの豊かさは猫実珈琲店に集まる人の多様さのおかげですね。絵描きの友達は大抵絵描きですから」とたまむらさん。「発売が9月3日で帯展が14日から、ほぼ10日で皆さんこれだけのものを仕上げてくれました。何事にも全力で楽しむ方ばかりなんです。各業界のプロの技を、ぜひ身近で見てみてください!」と瀬古さん。

壁の元絵を見ながら、ものづくりの過程に思いを馳せる

そして左側の白い壁には、『ポッポポーン』の元になった絵が飾ってあります! たまむらさんによる解説も付いているんですが、言葉の選び方が秀逸でとっても面白いんです。

『ポッポポーン』の絵本は、手描きした絵をスキャナで取り込んで、パソコンで色を付けるという方法で作成されています。なので、色のない線だけの絵が元絵です。色があるのとないのでは全然印象が違いますよね!

このポップコーンをつくるところの絵だけは、線画ではなく面で描いています。「そうなんです、面で描いたのはここだけ。人が出て来ず、動きのあるところだからかな…」とたまむらさん。

仕上がった絵本もとってもステキなんですが、こうして作成過程を見るとまた違った愛着が湧いてくるから不思議! ふだん絵って完成形しか目にしませんが、こうして一つひとつの制作過程がわかると、ものを生み出す人ってすごいなぁ…としみじみ感じます。

絵本『ポッポポーン』は、猫実珈琲店をはじめ、市内の本屋さんでも購入できます。浦安の作家さんの本ということで、各書店さんもかなり気合の入った売り場づくりをしてくださっているとのこと! ぜひ本屋さんで『ポッポポーン』探してみてくださいね♪

猫実珈琲店は『URAYASU Stamplore Book』参加店! いろんなスタンプを押してくれるので超楽しい♪

さて…ここからはほっと一息コーナー。たまむらさんに猫実珈琲店のオススメメニューを伺うと、 「いつもは『とうきびカフェオレ』なんですが、今は『大人バナナ』です!」とのこと。大人バナナとは、猫実珈琲店の人気メニューである『バナナジュース』に、アイスコーヒーを入れて楽しむというもの。当初は裏メニューでしたがじわじわと人気になり、今は堂々とメニュー表にも登場していますので、ぜひ注文してみてください! バナナと牛乳だけで作ったバナナジュースにホイップが乗り、そこへコーヒー…苦味と甘味のハーモニーはまさに大人の成せる技♡

私が大好きな猫実珈琲店のチーズケーキ。季節の果物がチーズケーキと一緒に焼かれていて、いつも楽しみにしているのですが…この日はなんと果物なしのプレーンでした! これはこれでシンプルな美味しさです! チーズケーキ以外にも、ガトーショコラやくるみとラムレーズンのケーキなどが日によって楽しめます(※感染対策のため現在店内利用は2名まで、1時間までとなっています。ご注意ください)。

そして猫実珈琲店さん、浦安市内のお店をめぐってスタンプを集める『URAYASU Stamplore Book』参加店でもあります! 「スタンプが大好きなので、この企画すごく嬉しくて! その時によって押すスタンプ変えたりしています」と瀬古さん。カフェ利用でもお買い物でもスタンプ押してくれます。

私にとっては13件目のスタンプ。この日のオーダーがバナナジュースだったので、バナナジュースのスタンプ! そして「なんくるないさー」スタンプが…そしてコメントが…し、沁みるっ。いつ行っても温かく迎えてくれる猫実珈琲店さん、また行きます! ありがとうございました!

『ポッポポーン展』は10月2日までの開催。ぜひたまむらさんの作品を見に、ほっと一息つきに、猫実珈琲店へ行ってみてくださいね♪

猫実珈琲店…浦安市猫実4-16-16 047-382-8584
日・月・祝定休 11時~18時
※『ポッポポーン』展は10月2日まで!

*URAYASU Stamplore Book…HOME | Stamplore (urayasu-stamplore.com)Instagram
概要の過去記事はこちら!↓

*URAYASU Stamplore Book スタンプ集めレポートのバックナンバーはこちら!↓
believe kitchen(Book販売店)
Big Smile CAFE.(Book販売店)
蕎麦たのし
ホテルオークラ東京ベイ(Book販売店)
l’atelier de nono(Book販売店)
はんぶん堂(Book販売店)
パン屋カンロ伊織
東京ベイ東急ホテル
ナカセンナリ豆花
西敏商店(Book販売店)
ゆうかcoffee
le popolus(Book販売店)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る