市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【URAYASU Stamplore Book】浦安の佃煮屋『西敏商店』さんで、伊勢志摩プレミアムオイスター『的矢のかきの釜煮』が食べられる!暑い夏も牡蠣パワーで乗り切ろう☆

浦安市内のお店を回ってスタンプを集めるイベント【URAYASU Stamplore Book】。浦安市内のお店25店舗が参加しています。期限のないイベントなので、自分のペースでゆるっと集められるのも魅力的♡ 10軒目に訪れたのは、猫実5丁目にある佃煮屋さん『西敏(にしとし)商店』さん。定番の昆布や貝ひもも美味しいのですが、昨年からラインナップに加わった『牡蠣の釜煮』が食べたい…!ということで、突撃してきました!!

昭和9年創業の老舗佃煮屋さん。今日の主役は…!?

こちらが西敏商店さん。築80年を超えるという工場の佇まい、本当にカッコイイです…!

暖簾をくぐって「こんにちは~」と声をかけると、奥から「いらっしゃい!」と元気な声が聞こえてきます。

西敏さんといえば、浦安でも指折りの老舗佃煮屋さん。現在は3代目である佃煮兄弟の大塚宏一さん・計介さんを中心に、ご家族で切り盛りされています。こだわりの素材と秘伝のタレで、創業当時から受け継がれる直火大釜でふっくら炊き上げる西敏さんの佃煮。何より手間を惜しまないからこその味わいは、長年浦安で愛されてきました。佃煮といえば昆布、浦安といえばあさり、西敏さんといえば青柳貝ひも!と、メジャーどころもご紹介したいのですがそれは過去記事に譲りまして…↓

今日の主役は『的矢のかきの釜煮』です!

美味しいものを広めたい! 西敏商店の伝統手法で煮上げる、牡蠣の『実山椒仕立て』と『醤油麴仕立て』

昨年の夏、新たに西敏商店さんのラインナップとして加わった『的矢のかきの釜煮』。西敏さんの昔からのお客様も「旨いね!」と唸るというこの釜煮は、三重県的矢湾で獲れる一級品の牡蠣を使っています。「仲の良い船橋の業者さんから、『すごく美味しい牡蠣があるんだけど、一緒に広めていかないか』と話をいただいて。それがこの的矢湾で獲れる、伊勢志摩プレミアムオイスターでした」と西敏商店三代目の兄・宏一さん。

牡蠣というと三陸や瀬戸内海がメジャーな産地として知られていますが、ここ三重県の的矢湾も伝統の牡蠣産地。漁場としては決して広くはないものの、島に囲まれた海はとても豊かで、美味しい牡蠣が獲れるのだそう。中でもこの伊勢志摩プレミアムオイスターは、シングルシード方式という特別な養殖方法で作られているため、身のぷっくりした牡蠣が出来上がるんですって! これで煮牡蠣を作ろうと地元のお店で煮てみたものの、なかなか生産者の納得のいくものができなかったそうですが、西敏さんで試作をしたところ「これは美味しい!」と一発で気に入ってくれ、トントンと話が進んだと言います。「うちでは昔牡蠣も煮ていたので、なんとなく『これだ』という配合を知っていたんです。ちょっと煮汁が甘めなのも良かったんじゃないかな」と弟の計介さん。

牡蠣の収穫は毎年12月末ごろ。獲れた牡蠣の殻をすぐに剥き、瞬間冷凍させることで「一年中いつでも美味しく食べられる牡蠣」を実現する技術を確立。そのシーズンの最初に獲れる一番牡蠣の大きなものを選りすぐり、西敏さんで釜煮にしています。

西敏さんでは、的矢の牡蠣は『実山椒仕立て』『醤油麹仕立て』の2つの味から選べます(どちらも1パック760円)。商品開発の苦労話を伺うと…「実山椒は、山椒と牡蠣どちらのパワーも消さないように、山椒の量や入れるタイミングを見計らうのが難しく、味の微調整に時間がかかりました。三重の牡蠣に和歌山の実山椒を合わせて、関西風ですね。醤油麹は、成田の『麹の里』から仕入れる醤油麹を使っています。トロっとしていてコクのある醤油麹なんですが、これまた釜に入れると焦げやすくて…」と計介さん。

2種類ありますが、実際どっちの味が人気ですか!?「1年販売してみて、どちらも同じくらい人気があって。本当はどっちかやめちゃおうかと思ってたんですが、やめれてないです(笑)。実山椒はインパクト、醤油麹は意外性があって、『これが食べたくて!』と遠くから来てくださるお客様も多いんですよ」と宏一さん。よーし、じゃあどっちもください!

重厚でかっこいい、西敏さんのスタンプゲット☆

一流の食材と西敏さんが出会って生まれた『的矢のかきの釜煮』。『実山椒仕立て』『醤油麹仕立て』どっちもゲットしたので、さあスタンプを押してもらいます♪

大きくて存在感のあるこのスタンプは、以前何かに使えるかと思って作ったものの、使われる場がなく仕舞われていたものだそう。今回の『URAYASU Stamplore Book』で活躍するのを待っていたんですね! スタンプを押してくれたのは計介さん。

ここへ筆ペンでサラサラと書いてくださり…(計介さん、子どものころはよくマンガを描いていたんですって! 店内のお品書きにちょろっと添えられた絵も計介さん作だそう)

左がお兄さんの宏一さん、右が弟の計介さん。ありがとうございました!

完成です! 記念すべき10店舗目のスタンプゲット♪ ちなみに西敏商店さんはBook販売店でもあります。ここからスタンプ集めを始めるのも◎!

夏バテ予防にも! ぜひ『的矢のかきの釜煮』食べてみて♪

さて、持ち帰った『的矢のかきの釜煮』たち。西敏さんからは「そのままお酒のつまみにするのが一番!」(ちなみに宏一さんは焼酎or日本酒派、計介さんはビール派)と言われていたので、そのままいただきます!

『実山椒仕立て』は最初ピリッと、すぐに牡蠣の濃厚な旨味が追いかけてきて、最後またじんわりと痺れる旨さが包み込む…上品な塩気とほんのりした甘さに、西敏さんの真骨頂を感じます。こちらは品よく日本酒で合わせたい。『醤油麹仕立て』は醤油のコクに麹のまったりとした深み、そこへ牡蠣の旨味がガツンと加わって、これはビールでゴクゴク行きたい! どっちも美味しいですが、合わせるお酒やお料理によって使い分けるのもアリかも♪ 牡蠣ごはんや牡蠣パスタなど、アレンジしてみるのも面白そう。

栄養満点、海のミルクとも呼ばれる牡蠣。ビタミンやミネラル、タウリンなどの栄養素を多く含むので、夏バテや疲労回復・貧血・美肌にも良いとされています。的矢湾からやってきた『伊勢志摩プレミアムオイスター』を浦安老舗の釜煮でいただいて、元気いっぱい夏を乗り切りましょう!

西敏商店…浦安市猫実5-6-26 047-351-2338
9時~17時(土曜は15時まで)、日曜定休 http://www.nishitoshi.com/index.htm

*URAYASU Stamplore Book…HOME | Stamplore (urayasu-stamplore.com)Instagram
概要の過去記事はこちら!↓

*URAYASU Stamplore Book スタンプ集めレポートのバックナンバーはこちら!↓
believe kitchen(Book販売店)
Big Smile CAFE.(Book販売店)
蕎麦たのし
ホテルオークラ東京ベイ(Book販売店)
l’atelier de nono(Book販売店)
はんぶん堂(Book販売店)
パン屋カンロ伊織
東京ベイ東急ホテル
ナカセンナリ豆花

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る