市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

東京メトロ東西線・東陽町駅から浦安駅まで歩いてみた。

東西線ユーザーにとって、何かとネックになるのが「東陽町駅」。終電が東陽町行き(※休日のみ、平日の終電は妙典行き。2016年2月11日追記)だったり、悪天候の時は中野~東陽町の折り返しになったり…浦安まであと4駅なんだから頑張ってよ!と言いたくなってしまうことも多々あります。
今まで、電車やバスを使った乗換え(関連:台風シーズン到来!千葉県民なら『京成線』を味方につけておくべし新浦安駅から都営新宿線一之江駅まで…どう行く?)をご提案してきた筆者ですが、最強の移動手段・徒歩を使ってみたらどうなのか?気になったので、東陽町から浦安まで歩いてみました。

スタート:東陽町駅 9:00

001 002
まずは東陽町駅に降り立ちます。「ここの標高は-1.1m」という看板に驚きつつ葛西方面を目指して、いざスタート! 永代通りを歩いていきます。

いきなりナゾの踏切が出現。こんなところに電車なんて通ってたっけ?しかも単線…と困惑しながら渡ります。
005 007
あとで調べてみると、どうやら「越中島支線」という越中島貨物駅と小岩駅を結んでいる貨物線のようです。(参考:wikipedia

明治通りを渡ります。永代通りの北側(左)には団地が多く、南側(右)には工場や企業などが多い印象。
008 009

南砂町駅通過 9:10

011 013
まだ歩き始めて10分ですが、南砂町駅が見えました! 南砂町駅では、東西線の混雑緩和のための改修工事を行っている(関連:東西線、混雑緩和を目指して大規模改良工事中!)ため、地上にもクレーンなどがたくさん。

014
このあたり、とても車通りが激しく、信号のないところも渡らなければなりません。けっこう危ないです。

スナモ通過 9:20

016
そうこうしているうちにスナモが見えてきました。通りをはさんでスナモの向かい側には、新しそうなマンションがたくさん立ち並んでいます。

020 021
ちょうど東西線が地上に出てくるところでもあります。このあたりから、ここ歩いていいところなのだろうか?とだんだん不安に…。トラックやミキサー車などの大型車が多く、圧倒されてしまいます。向こうから自転車が来ると、なんだかホッとする…。

清砂大橋ふもと 9:25

023
ここから、荒川と中川を渡ります。徒歩で渡るのはもちろん初めて。

026
おおっ…

030
おおお~!
いつも東西線で見ているはずの景色ですが、歩いてみると全然印象が違います。なんというか…雄大

032
力学的に計算しつくされた無駄のない形。橋ってカッコイイ

…と最初は興奮しっぱなしだったのですが、少し時間が経つと恐怖心が芽生えてきました。車はビュンビュン通るし、高いし川幅広いし、もし落ちたら と思うと…気がつくと手にじっとり汗をかいている私。でも渡り始めてしまったので、もう渡りきらねばなりません。若干小走りになりながら、向こう岸を目指します。遠い!

高速の下をくぐって…
042 046
ここまでくればもう大丈夫! この清砂大橋、渡りきるのに10分かかりました。風の強い日はもっと怖いだろうなぁ…。

清砂大橋終わり 9:35

049 051
まだまだ道は続きます。いつの間にやら永代通りが清砂大橋通りになってる。船堀街道との交差点を渡ります。

052 053
だんだんこの大通り沿いを歩くのにも飽きてきたので、次の信号を左折することに。

西葛西駅付近 9:45

054 055
公園の中を抜けていくと、西葛西駅が見えてきました。まだまだ東を目指して進みます。

葛西駅 10:05

064
やっと葛西、ここまでで1時間ちょっと。正直もう電車乗りたい…と思いました。

067 068
もうひと踏ん張り、東西線沿いに進んで北へ曲がり葛西橋通りへ。浦安はもうすぐそこ!

浦安橋 10:25

070 077
浦安橋を渡ります。「ようこそ千葉へ」の文字がとても嬉しい。
080a

浦安駅到着 10:35

082
電車なら各駅停車でも10分のところ、徒歩だと所要時間にして95分。ようやくたどり着きました…!

結論:はっきり言って、歩くのはオススメしません。

歩いてみて思いましたが、歩かなくていいと思います。どうしようもないときは別ですが、お金がかかってもタクシーを使うなり、バスを駆使するなりしたほうが良さそう。特に東陽町~西葛西までの区間、車通りが激しくて人通りが少ないので、明るいうちならまだしも暗いときはけっこう怖いのではないか…と思います。また、西葛西~浦安間は思った以上に遠いです。マラソンでも後半がきついとよく言いますが、ちょうど中間地点である西葛西を越えてからが長い。住宅街なので、わりと似たような街並みが続くというのも原因のひとつかもしれません。歩くのが好きと自負する筆者ですが、もうこのコースは歩かない…かな…。

参考までに今回歩いたコースを載せておきます。東陽町から浦安までは、基本的には「永代通りを真っ直ぐ行って、荒川を越えたら好きなところで左に曲がり、葛西橋通りに当たったら通り沿いに歩く」という、地図を見なくてもたどり着けるコースになっています。もし歩くようなことがありましたら、役立てていただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る