市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安で25年。自然食品のお店『貝がらや』が長く愛されているヒミツは、知識豊富で頼れる店主でした!【浦安マタニティライフ】

ずっと健康でいるためには、何を食べたらいいんだろう? 年を重ねるごとに、食と健康について考えることが増えてきました。健康診断の結果が思わしくなかった、なんとなく体調が優れない、子どもにアレルギーが見つかった…キッカケは人それぞれですが、女性の場合は自身の妊娠も一つの大きな転機。筆者も第二子妊娠を機に、食べ物について考え始めました。


猫実のおさんぽバス通り沿いにある『貝がらや』さんは、自然食品のお店。日の出で不定期に開催されている『うららかマルシェ』にも出店されていた『貝がらや』さん、ここにお店があることは知っていましたが、入ったことはありませんでした。

取り急ぎ、私が必要に迫られていたのは「ノンカフェインの美味しい飲み物」と「おやつ」。妊婦はカフェインNG、とはよく聞きますが、ノンカフェインの飲み物となると手軽に飲めるのは麦茶くらいで、あまりに毎日麦茶ばかりでうんざりしてきたところでした。そして罪悪感なく食べられるおやつがあったら嬉しいな…と期待を込めて、初訪問です。

お店にあるのは、全て店主自ら使ってみて「良い!」と思ったもの


「こんにちは!」と笑顔で迎えてくれたのは、『貝がらや』店主の渡辺さん。この日は一番目立つところに、美味しそうなケーキ&パンが並んでいました!
 
「これは富津にある『けい工房』さんから送っていただいています。お一人でやられている小さなお店なんだけど、元パティシエの女性が安心して食べられる素材を使って作っているスイーツなの。こっちのブラウニーはキヌア粉を使っていて、小麦アレルギーの方にも安心。こっちのクリームパンはね、クリームが普通のとは全然違っていて、とっても美味しいですよ」と渡辺さん。早速おやつを見つけてしまった…!

ノンカフェインの飲み物を探しているんです、と伝えると、

「それならこの『寿元茶』がオススメ! ブレンド茶なんだけど、材料が全て国産で、体に良いものがたくさん入ってるんです。それでとっても飲みやすくて美味しいの。材料を揃えることと、毎日飲んでも飽きない味にするのにとっても苦労したんですって。ちょっと待ってね…」と渡辺さん、奥からお茶を出してくれました。うん、確かに美味しい。そしてこれは毎日飲んでも飽きなさそう! 

成田の農家から直接送ってもらっているというお野菜は、昨日たくさん入荷して今日残っているのはこれだけなのだとか。

「ヤーコンって聞いたことある? あんまりまだ皆さん馴染みがないみたいで今日まだ残っているんだけど、生で食べると梨みたいに甘くて美味しいんですよ。私は人参と一緒に炒めてきんぴらにするのが好き。ヤーコンが甘いから、お砂糖やみりんは入れないで、お塩とお醤油だけで美味しくできます。オリゴ糖がたくさん入っていて、便秘解消にもいいですよ」。妊婦は便秘がちなので、これは嬉しい食材。要チェック。

同じく成田の農家から仕入れる卵。平飼の有精卵で、レモン色の黄身が特徴なのだそうです。

「この卵、すごくコクがあるのに、卵特有の生臭さが全くありません! ぜひ生で、卵かけご飯にしてみて」。


お店に置いてあるものは、全て店主の渡辺さんが使ってみたもの。どの商品について聞いても、すぐに答えが返ってきます。「こういうお店だと、必ずお客様に聞かれますからね。お店を始めて25年、自然食品の中でも色々試して、私が『良いな!』と思うものを置いています。雑穀は『オーサワジャパン』のものが中心。農家さんの選定はもちろんですが、質の良いものだけを選んで袋詰めをしているんです。雑穀にはミネラルが豊富なので、ちょっとご飯に混ぜたりお味噌汁に入れたりすると、とっても手軽ですよ」。

渡辺さん、商品一つ一つを手に取りながら、作り手の想いや食べ方など…伝えたいことがどんどんあふれ出します。

浦安で25年。中には祖母の代から通って3代目という方も!

訪れるお客様は「安心で美味しいものを口にしたい」という考えの方や、「最近体調が悪い…」という方、ご自身やご家族がアレルギー・アトピーなどでお困りの方、小さいお子様をお持ちのママや妊婦さんも多いと言います。「一人ひとりのお客様と、長くお付き合いをさせていただいています。中には親子3代で通ってくださる方もいるんですよ! 買いに来てくださるお客様だけじゃなく、そのご家族に対する責任も感じます。だからこそ私自身が納得してきちんと薦められるものを、取り揃えています」。四半世紀もの間、浦安でお店を続けていらっしゃるのは、貝がらやへ通うお客様から渡辺さんへの信頼の証に他なりません。

 
「口に入れるものを変えたいときには、まず基礎調味料を見直すと良いですよ。塩、味噌、醤油、みりん、酢、砂糖…このあたりは毎日口にするものでしょう。貝がらやでは、基礎調味料のセレクトに一番力を入れているんです。精製されたお塩やお砂糖というのは吸収が早いので、体に負担がかかりすぎてしまう。うちで扱っているのは、昔ながらの製法でミネラルを含んだもの、確かで安心の原材料を使ったものが中心です。たとえばこのお塩も、『海の精』はコクがあって、『石垣の塩』は柔らかな味わいなんです。同じお塩でも、含まれているミネラルが違うから味が全然違うんですよ! 貝がらやイチオシの竹炭塩『イヤシロソルト』は、ぜひ使っていただきたいお塩。色々試して、お気に入りを見つけてみて欲しいです」。
 

値段を見てみると…スーパーのものを見慣れている私はちょっと驚いてしまいました。正直に伝えると、やっぱり高いと言われることもありますね、と渡辺さん。「でも私は『高くないですよ』と伝えます。これを作っている生産者さんの努力や、かけている手間を知っているから。食べ物ってどうしても高い・安いで見がちですけど、安すぎるものには必ず理由があります。それは例えば農薬をたくさん使っていたり、遺伝子を操作していたり、誰かを安い賃金で酷使していたり…。毎日使うものだから、安全で美味しくて、体にも人にも優しいものを選びたい、私はそう思うんです」。お客様の中には、「安いものを買っていたときは、賞味期限が切れたり余って捨てたりしてしまうこともあったけれど、ここで買い物をするようになったら最後の一滴まで大事に使うようになった。食費は年間通して考えると変わらないよ」とおっしゃる方もいるのだそう!

「成田の農家さん」と「水俣の患者さん」との出会いから始まった

食品から社会情勢のことまで、幅広い見識をお持ちの渡辺さん。なぜ『貝がらや』をはじめたんですか?と伺うと「成田の農家さんと、水俣の患者さんとの出会いかな」。

渡辺さんが会社勤めをしていた頃、「援農(農家を助ける)」として毎週成田の農家さんへ行って、農作業を手伝っていたのだそうです。「日曜日になると、もう楽しみで仕方なくてぶっ飛んで行ってましたね。今思えば、緩やかに遊ばせてもらっていたのだわ、と思うけれど」と渡辺さんは笑います。「そこで出会った人たちが、とても魅力的で! 仕事で出会う人たちとは、全然違う面白さがありました。同じく会社勤めをしていたときに、ちょうど水俣病が社会問題になっていた頃だったんですけれど、無理やり上司に休みをもらって水俣へ行ってきたんです。皆さん漁が出来ないから、甘夏を作っていらっしゃったんだけど、その時に出会った患者さんたちが、また素敵な方ばかりでね…成田の農家さんと水俣の患者さんたちの魅力に、ノックアウトされちゃったの」。


妊娠を機に会社を辞め、出産。子育てに専念して4年半、「何か始めたい」という想いがフツフツと沸いてきて…と渡辺さんは言います。「仕事をするなら、成田の農家さんや水俣の患者さんとつながれるような仕事がいい。そう思いました。自然食品のお店なら、成田から野菜を仕入れられるし、水俣の甘夏も仕入れられるでしょう」。お子様が大豆アレルギーだったこと、成田で知り合った友人が自然食品のお店を開いていたこともあって、「私も浦安で自然食品のお店を開こう!」と一念発起。ちなみに『貝がらや』のネーミングは、浦安を題材に書かれた本『貝がらの町』(小林トミ著)から取らせていただいたのだそうです。

みんなが気持ちよく1日を過ごせるように…

ちなみに私が今回いただいたのはコチラ!

ノンカフェインの「寿元茶」、成田の平飼い有精卵、クリームパンとおやつ、アレッポの石鹸、ヤーコン、雑穀のキヌアです。

インターネットを通じて、様々な情報が溢れる現代。「健康」についての情報も、その内容は玉石混交です。だからこそ、信頼できるお店で、信頼できる人から、納得できる説明を聞いたうえで購入したい。そう考える人たちに、商品への深い理解と知識、生産者さんへの敬意を持った渡辺さんの姿勢が、長年支持されているのだと感じました。

「食べ物が変わると、体調が変わる。体調が良くなると気持ちも明るくなるし、自分が元気になると人に優しくなれるんじゃないかな、と思うんです」。安心・安全で美味しいものを食べて、みんなが気持ちよく毎日を過ごせるように――そんな渡辺さんの想いが形になった『貝がらや』。店内には、物語の詰まったモノたちが所狭しと並べられています。「そういえばそろそろお塩が切れそう」「新しく雑穀を探してみたいな」…たとえば今お家にないモノを探しに、足を運んでみませんか? 

貝がらや…浦安市猫実3-9-30 047-355-8514 日祝休 Email:yuki223@tbz.t-com.ne.jp

 

【浦安マタニティライフ】の連載では、筆者が浦安で見つけたマタニティに嬉しいモノやサービスをご紹介していきます。乞うご期待!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る