市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【真似したい!栄養士さんの時短&簡単レシピ】心も体もほっこり温まる♡山形直伝!いも煮

山形の郷土料理であるいも煮。秋になると川原のあちこちでいも煮を食べる光景が見られるのだそう。心も体もほっこり温まります。面倒な里いもの皮むきと下茹でがいらない、簡単技も伝授しちゃいます!

【材料】

里いも 300g
牛こま肉 150g
しめじ 1パック(100g)
こんにゃく 100g(あく抜き不要のもの。白こんにゃくだと◎)
長ネギ 1本
水 1ℓくらい
A:和風顆粒だし 小さじ2
A:砂糖 大さじ2
A:醤油 大さじ3
A:酒 大さじ3
*お好みで七味唐辛子を振っても美味しい

【作り方】

1.里いもはよく洗い、耐熱容器にラップをふわっとかけて600Wのレンジで5分間加熱する。串を刺して硬いようなら加熱時間を増やす。

2.1の里いもを少し冷まし、皮をむく。キレイにむけなくてもOK。一口大に切りながら、汚いところは落とす。

3.しめじはさっと洗うか汚れを取り、石づきを取り除いて手で裂く。こんにゃくは一口大に手でちぎる。長ネギは1cm幅の斜め切りにする。牛肉は、大きければ一口大に切る。

4.鍋に水を入れ、2の里芋、3のしめじ・こんにゃくとAの調味料を加えて煮る。しめじに火が通ったら、3の牛肉と長ネギも加え、ひと煮立ちしたら火を止める。

5.味を調え、器に盛る。食べるときにお好みで七味をかける。

【作ってみた感想】

里いもの簡単下処理が目からウロコ! 皮が簡単に手でむけちゃうのは嬉しい(火傷に注意)♪ 煮込み時間が少ないのも時短ですね。ほんのりと甘辛の味付けに牛肉の旨味、里いものねっとりとした食感は、まさにおふくろの味・おばあちゃんの味…。たくさん作って、余ったらうどんを入れて食べるのもオススメ!

その他のレシピはこちらからどうぞ

レシピ提供:料理代行『Chiaa~癒しの厨~ 』栄養士・佐藤由起子
※料理代行の問い合わせは、LINE @531epqptよりお願いします。
Instagramブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る