市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

子育て世代に嬉しすぎるイベントがあーーーる!地域とつながる『あそびば 体験イベント』|浦安マリナイースト21【望海の街】

PR

以前のように人と人が触れ合う環境が減ってしまった昨今ですが、少しづつ世の中の流れが緩和していますね。そんな中新浦安のファミリー向け大規模マンションが立ち並ぶ、『UR賃貸住宅 マリナイースト21 望海の街』で、子育てイベントが開催されました。『URの子育て環境には、たくさんの˝ふれあい˝がある!』ということで、まさに望海の街に相応しいキーワード!

望海の街

こちらの団地は駅近くに⾏かずとも⽣活に必要なものが⼿に⼊り、医療機関や教育機関もここ数年で増え、空も道も広く緑の多い街。敷地内にはレストランやコンビニエンスストア、郵便局のほか、集会所では子育てサロンも開催されている、子育て世代に嬉しい環境です。しかし、新型感染症の流行によって、それまで子育てサロン等で行われていたイベントなどが続々と中止、 地域住民との『ふれあい』の場も減ってしまいました。その一方で共働き世帯は年々増加。そこで、地域の方々と関わる機会をつくろうと、独立行政法人 都市再生機構(UR)主催の『あそびば体験イベント』が開催されたのでリポートします!

あそびば体験イベント

当日開始前に行くとすでに受付では数十名の方たちが並んで検温などを済ませていました。今回イベントの目玉と言ってもいい、ボーネルンドの遊び場『PLAY BUS』がやってきている! ということで、整理券配布開始の30分程度前から列ができていたそう! その他には「地域女性活躍支援 Prism!」が、ワークショックやセミナーを開催。健康を考えたスイーツや、キッチンカーがお目見えとあって小さなお子さん連れの方も多くいらっしゃっていました。

集会所

望海の街の集会所では、ボーネルンドのあそび場『PLAY BUS』と地域女性活躍支援 Prism! によるワークショップとセミナーが行われていました。

子育て相談を行っているマザーズコーチングスクール認定講師の橘ゆきこさんは以前学校の教師として勤めていたそうで、ご自身も子育て中のママ。プロフィールを見ただけでも私も相談したいことが溢れ出そうでした。子育ての事はママ友と共有したりネットで調べてみたり。いつも「これでいいのか??」と抱えながら子育てに向き合っている世の中のママやパパ達。忙しい一日を乗り切るため、特別な時間を作ることも制限されているのなか、こうしたイベントの中で、気軽に相談できる場所があるのはいいかも、すごく羨ましい!

また、ハーバリリウムづくりでは3歳のお子さんとママさんが挑戦していました。意外にも小さなお子さまもできることに驚き! さらに足形アートにチャレンジしているご家族も。お子さまは水性のスタンプで足形をとるだけ。あとはママの手によって講師の方のアドバイスを聞きながら愛らしくデザインを施していました!

さらにボーネルンドのあそび場『PLAY BUS』では、ボーネルンドのおもちゃが並べられ、自由に子ども達が遊んでいました。室内にはプレイリーダーの女性が一人いて、お子さまの遊びを和やかにサポートしてくれます。中々自宅には置けないような大きなブロックなど、親御さんも一緒に遊べるので、ボーネルンドさん特有の可愛いおもちゃを体験することができます。

お子さんと同じくらい大きなブロックも置かれており、子ども達が自由に創造し、楽しいだけではなく、心と頭と体を使ってバランスを育むブロックは子ども達に大人気! なぜ全部が青色のブロックなのか聞いてみたら、子ども達が創造するときに作りたいものをイメージしやすい色なんだとか。だからでしょうか一度遊んだら離れない子が続出! 屋内も屋外も小さなお子さんが思う存分遊べるエリアでした。

コーラルシアター

集会所だけでなく広々とした望海の街敷地内のコーラルシアターも利用されており、コーラルシアターのボーネルンドの遊び場『PLAY BUS』エリアでは小学生くらいの子ども達も遊べるように工夫されていました。大人でもやってみたい!と思わせる、サイバーホイール(対象年齢3歳以上)も時間内(45分間)であれば順番を守って乗り放題、しかもお友達同士で乗れちゃう優れもの! ちょっとお出かけしないと遊べなかったものがこんな近所にあるなんて羨ましすぎる~! もちろんこちらにもプレイリーダーがエリアについていてくれるので親御さんも安心ですね。

12時前にはあっという間に第3回目の定員が満員に! 人気なのが伺えますね~。さらには見たこともないような北欧らしい可愛い三輪車も。ここでも小さなお子さんから小学生くらいまでの子ども達が青空のもと楽しんでいました。見ているだけでも和やかで、子ども達の声がキャッキャしているだけで嬉しくなってしまいます。

どのエリアに行っても子ども達は笑顔で楽しんでいる様子! しかしこれだけでは何か物足りない…。そう思っていると、なんともいい匂いが。なんと、キッチンカーが来ていましたよ。感染症対策の一環として、買ったらおうちで食べてねと言うことでしたが、こだわりのカレーやイヌやネコの形をしたパン、また珍しい、蛇口から梨ジュースが出てくるという、子ども達も楽しめるキッチンカーまで! 多種多様な飲食が並び、お昼時には行列になるお店もありました。子ども達にお土産としてパン屋さんでキャンディーポップという名のパンを購入してきました。

さらにはリヤカーゴでは、材料にこだわったお菓子のお店さんも出店されていました。米粉を使用したスコーンやベーグルやクッキーなど、卵を使用していないものなども多くあり、アレルギーをお持ちの子どもさんだけでなく大人もヘルシーにお菓子がいただけちゃいます。

URスタッフさん曰く、このイベントは来年の春先にも行われる予定なんだそうです。こうしたマンションのイベントでは、その住民の方のみ参加可能なことが多いですが、住民に限った参加ではないところも懐の大きさを感じます。

そしてイベントの次の日から、集会所を曜日限定でキッズルームとしてオープン するということで 、そのキッズルームのネーミングを募集するアンケートが配布されていました。自分たちでネーミングすることで皆さんにもっと身近に感じていただきたいと、URスタッフさんは話されます。また、キッズルームは無料で 利用できるそうですよ 。

URの子育て環境には、たくさんの˝ふれあい˝がある!

キッズルームでは、ボーネルンドのおもちゃが用意されており、毎週月・火・木の平日限定で無料開放されます。浦安市社協による「うらちゃんサロン」、おたすけねっとこんぺいとうによる「こんぺいとうサロン」など、子育てサロンも実施されます。ご近所さんとのコミュニケーション、親子の関わりと、また同じ子育てをしているママさんパパさんのコミュニケーションの場となっているので、UR賃貸住宅にお住まいの方だけでなく、市内の方どなたでもご参加できるのがとっても嬉しいですね!

こうした子育てサロンを通して、家族以外の繋がりを持ち、家族だけでなく地域とともに子育てをしていく。見知らぬ土地から来たママもパパも、安心して子育てができるのは望海の街ならではかもしれません。さらにこれから地域でさまざまな活動されている方々によるワークショップやセミナーも開催されるので、子育て環境がさらに充実し、ちょっとしたことや育児の悩みも、気軽に共有できそうです。『URの子育て環境には、たくさんの˝ふれあい˝がある!』に納得でした。

子育て環境にもキャリアアップにも恵まれたUR賃貸住宅

「今後もこうしたイベントを実施したいです」と、『あそびば体験イベント』担当者の関井さん。「イベントによって 、人と人とのつながりができることで、安心して子育てをできる環境を作っていけたら良いなと思います 。また今回は、地域で活動している方々にもワークショップ などを開催していただきました 。将来的には 、地域の方々が地域の子育て世代 を 支えていけることを 目指して いるので、このイベントをきっかけに 、 地域の担い手が 生まれてくれればと思っています。今後開催するイベントにもぜひ近隣の方だけでなく市内の方々にも遊びに来てほしいです! 」と話されます。

コロナ禍の状況も落ち着き、ここ最近、近所の方々と話す機会がタイミングもなかった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。こうして開かれた場所で開かれたイベントが行われることで、より一層地域との関わりがあることも感じ、さらには子育てを通して、人と人とが繋がっていくことで、子育てもより豊かなものになるのだろうなと感じました。

UR賃貸住宅には 、敷地内に遊具や芝生広場などがあり 、子ども達が安心して 遊べる屋外環境が整っています。また、リノベーションしたお部屋はとっても綺麗で、賃貸住宅とは思えないほど。今回取材した『望海の街 』をはじめ、新浦安エリアでは 、新浦安駅 徒歩圏内の『海風の街 』、全棟オートロックで広々とした間取りの『海園の街』 、コンパクトでスタイリッシュな『潮音の街 』と 、4つの個性ある街 、浦安マリナイースト 21を管理しており、多様な間取りが揃っているので、ライフスタイルにぴったり合うお部屋が見つかるかも。礼金なし・更新料なし・仲介手数料なし・保証人なしと、借りる側にとってもメリットがたくさん! 様々な割引制度やキャンペーンもあるので、市内でお部屋探しをされている方は、ぜひともチェックしてみてはいかがでしょうか。

UR賃貸住宅https://www.ur-net.go.jp/chintai/
URショップ新浦安店…浦安市入船1-5-1モナ新浦安3階 047-380-6150

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る