市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

どんな方も芸術の秋を楽しめる! 新しくなった浦安市民プラザWave101で『市美術展』開催されています! 【11月15日(日)まで!】

今年10月より、続々とイベントなどがスタートとなった浦安市民プラザWave101で、なんと今年で40回目となる『浦安市美術展』が開催されています。市民プラザは今年新たにリニューアルされ、ニューノーマル時代にふさわしく、各施設の場所変更はないものの、どの施設も広く清潔な空間に生まれ変わっていました。今回市美術展が開催されている場所は、市民ギャラリーと多目的大ホール。

肌寒くなってきた今日この頃ですが、秋といえば『芸術』。に相応しい市美術展の初日、10時からスタートしていた展示会にはどこからともなくと人がやってきます。浦安市美術協会理事、市内の教師でもあった今井先生にお話を伺いながら初日に伺ってきました。今までと違うのは、入館所に記名し検温があること。これも安全にこれからも続けていくためには必要なことですね。皆さんしっかりと協力をされていました。

 

第40回市美術展

第40回の市美術展の出品は書道、日本画、洋画、工芸/彫塑の4つで、16歳以上の市内在住・在勤・在学、及び浦安市出身の方が応募をされています。市内高校の生徒さんも出品しており、浦安に関わる方が幅広く参加できる展示会なんだとか! もしかしたらお知り合いの方も出品されているかも??
まず受付を済ませ、ガラス張りの扉をくぐると広々とした書道のエリアへ。
書道というと私にはなじみの薄いものでしたが、風格漂う書物に少しドキドキ。初めて生で見させていただきましたが、一つ一つの文字、言葉に命を吹き込んだかのような威厳がある姿かたちは私のような無知なモノでも楽しむことができることにびっくり。見とれていると、「あなたの作品もあるの?」と声をかけてきたおじい様。「いえいえ、私は何もわかりません…」と、その方は「書道のレベルが高いですよ~。日展に出ている方の作品もあり、この方の生徒さんの作品ですよ…」と書物の特徴などを教えてくださいました。美術展ってこんな出会いもあるのか!


そして順路に従い、日本画エリアに。作品数は書道と比べると比較的少なめでしたが、圧倒される絵ばかりでした。

パッと見た感じ、日本らしさがあるものを描いているのが日本画と言われる? と思いましたが、日本画とは、明治以後にヨーロッパから入った西洋画に対し、わが国在来の技法・様式による絵画。墨や岩絵具を主として、若干の有機色料を併せ用い、絹・紙などの上に毛筆で描く。(広辞苑 第五版から引用)とのことですが、現代ではその線引きが難しいとのこと。異なるのは描くための材料だけであり、題材に違いはなくなっているとのことです。どの絵画も深みのあるものばかりでした。


そしてギャラリーの奥には、工芸・彫塑のエリア。4つの中でもさまざままジャンルのものが展示されていました。石で掘ったもの? 木を彫ったもの、布を編んだタペストリーのようなものまで、枠にとらわれることなく、好きなものを追求された作品の数々に圧巻でした。

 
そして、市民ギャラリーから多目的大ホールへ、洋画エリア。大ホールとあって広い! そして作品の数も多い! 浦安市に関係している方の作品がずら~っと並びます。またこちらの照明も明るくてとても見やすかったです。

すべてのエリアにおいてですが、各エリアでは「市長賞」「議長賞」「教育委員会賞」「美術協会賞」「奨励賞」「佳作」といった各賞が設けられています。賞を取るにふさわしい作品の数々は、浦安市美術協会の審査員によって受賞作品が決まります。また昨年までは美術展の後に講評、表彰式を執り行うはずだったのですが、コロナ禍ということもあり、講評は前もって決められ、美術展で冊子となって配られます。

私のような美術初心者にとっては、「なるほど! こういうことなのか!」と講評を見ながら回ることができるので、ぜひともお手に取って回ってみてください。作品の下に書かれている備考欄に「無鑑査」と書いてある作品は、浦安市美術協会会員の方々の作品です。この展覧会の運営に協力しているとのことです。

入賞作品でなくても見ごたえのある作品、思わず足を止めて見続けてしまう作品ばかり。このたくさんの作品の中から、「あっ、これ好きかも~。」と見つけることができるはず! また、今井先生曰く、「やはり学生の作品は元気があって、皆さんに注目してほしいです! 浦安市政が誕生した頃からこの美術展が続いていますが、こうしてたくさんの学⽣の⽅々に出展してもらうことは、絵を描く人のすそ野が広がるとともに、出品者にとっても刺激になります。自分の感性を大切にして、これからも制作を続けていってください。」と今井先生は話します。確かに色も鮮やかで、はっきりとした主張にエネルギーを感じるのもばかリ、絵心がない私でさえ「自分でも何か色を足していきたいな!」と思う美術展でした。美術展は今月15日(日)までです。ぜひとも、美術に興味ある方も、ない方も、芸術の秋を楽しんでください♪

【市美術展 開催概要】

会期 11月9日(月)~11月15日(日)
10時~19時(最終日は正午まで)
会場 浦安市民プラザWave101 市民ギャラリー・多目的大ホール
浦安市入船1-4-1 イオンスタイル新浦安4階

出品部門 書道・日本画・洋画・工芸/彫塑
問い合わせ 生涯学習課 047-712-6794

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る