市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【ブリオベッカ選手紹介】幼少の頃からの夢を実現した二人の、活躍に期待!

6月から新監督が就任し、新たなスタートを切ったブリオベッカ浦安。今回も今年新加入をした選手から、1番・大野敬介選手2番・矢部純也選手にお話を伺ってきました!

ープロを目指されたきっかけは何でしたか?
大野選手「きっかけは、小学生のときに見た『日韓ワールドカップ』です! 活躍する選手を見て自分もあのピッチに立ちたいと思いました。サッカーは『エリートスポーツ』だと思っているので、始めたからにはプロを目指そうとずっと思っていました。」
矢部選手「僕も幼稚園の頃からサッカーを始めて、心のどこかにずっと『プロになりたい』という想いはあったのですが、まだまだ漠然としていて。大学で今まで以上にレベルの高い選手と練習をしたり、プロ選手が身近になったりして『自分ももっと上を目指したい!』と思ったんです。就職かサッカー選手か…悩んだ時期もあったのですが、小さい頃からの夢を頑張ってみよう! と思いました。」

―幼少の頃からの夢を実現するのは、本当にスゴイことだと思います。大野選手はGKですが、昔からずっとGKのポジションだったのですか?
大野選手「いえ、色んなポジションをやっていたんですけど、小5の時にコーチに勧められて、それからはずっとGKですね。日本ではあんまり人気がないのですが、イタリアだと一番最初に埋まってしまう人気のポジションなんですよ! 特殊なポジションなので『変わった人が多い』なんて言われていますが…。あっ!僕はすごく真面目です!(笑)」
―そう…ですね! 試合中、常に大きな声で指示を出していますよね。
大野選手「GKはピッチ内の監督とも言われています。一番後ろから指示を飛ばすのは大切な役割の一つです。ブリオベッカはピッチに入ったら先輩・後輩関係なくプレー出来る環境を先輩たちが作ってくれているので、新人の自分でもすごくプレーしやすいです!」

―これからの課題と目標を教えてください。
矢部選手「ボールを一人で取りきれるよう相手に強く行くこと。そしてDFとして的確なパスと指示で、ボランチやFWといった前方をスムーズに動かしていきたいです。残りの試合、出来るだけ多くの試合に出てJFL残留を目指します!」
大野選手「自分の武器を2つ作りたいです。身長を活かしたハイボール処理とシュートストック、この2つのレベルをもっと上げていきたいです。そして試合に出てチーム勝利に貢献をしたいです!」
―ありがとうございました!

次回のホームゲームは9月23日(土)東総運動場、その次は10月15日(日)フクダ電子アリーナにての開催です。頑張れ!ブリオベッカ浦安!!

ブリオベッカ浦安公式ホームページ…http://briobecca.jp/

※この記事は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」9・10月号に掲載された内容です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る