市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

「夏の戸建ては暑い!!」、その常識を覆すモデルハウスが浦安にあるって知ってた?|株式会社アールデザイン

PR

「夏、大好き!」なんて笑っていられたのは、いつ頃までだっただろう? ここ最近、猛暑という言葉がぴったりの夏には、7月に入ったあたりから「あぁ…またあの季節か…」と気が重くなってしまいます。特に戸建てに住んでいると、最上階の気温の上がり方は外以上。ロフト部分や屋根裏に至ってはサウナ状態…なんて珍しくありませんよね。そんな“戸建の不快”を取り除くスゴイ家『低燃費住宅』のモデルハウスが浦安にあるんです! 場所は富岡、国道357の程近く。

外気に左右されず、快適な居住空間を作り出す『低燃費住宅』の仕組みって…?

この日は小雨で、ムシムシとまとわりつくような湿気が不快な日でした。ライフガーデンと中央公園の間の通りから、中央公園沿いに道を入っていくと…
 
国道357に程近い一角に、モデルハウスが建っています。…なになに、『ジメジメ季節も驚くほど爽やか』『お部屋まるごと「魔法瓶」』?
 

さて、入ってみましょう。ドアを開けると…

わあ、ひんやり・涼しい!!

「とっても涼しいでしょう! 実は、6帖用のエアコン1台で建物まるごとこの涼しさに保っているんですよ」と建築会社・Rデザインの中村さん。玄関ホールを抜けるとリビングがあり、上は吹き抜けになっています。吹き抜け部分に取り付けられたエアコン1台だけで、一体どうやってこの涼しさを保っているのですか? 「家の気密性が高いことが一番です。夏は外からの熱が入ってこないよう、冬は室内の熱を外に逃がさないように、断熱対策がしっかりとなされています。家の中で一番熱が逃げていきやすい部分というのは、開口部=窓なのですが…こちらの模型を見てみてください」。

どちらもサッシの断面図ですが、左側は国産メーカーのもの、右側はこのモデルハウスでも使用しているEU製の樹脂サッシなのだそうです。「まず、ガラスの枚数。左の国産メーカーのものはペアガラスと呼ばれる、2枚のもの。右はトリプルガラス、3枚です。内から外までの間に空気の層がたくさん分かれていたほうが、断熱効果が高い。同じ理由で、下のサッシ部分にもほら、細かく部屋が分かれているのがわかるでしょう」。空気の層が熱を遮断する…ダウンコートや羽根布団にも、似たものがありますよね。

こちらが実際の窓。
 
本当にガラスが3重になっています。窓のタイプはよくある引き違いではなく、内開きタイプ。一番気密性が高い窓なのだそう。開けてみると…向こうは国道357!

ゴォ―――という音が絶え間なく聞こえていることに、今気づきます。「同じような道路沿いのお家の方が見に来られると、『家の中では全然音がしない!』って驚かれるんですよ。これも高気密・高断熱だから実現した、防音性能です」。

「もう一つ、換気システムもすごいんです! 現在新築住宅には24時間換気が義務付けられています。一般的な換気扇では、せっかく冷房・暖房した空気が外に出され、外気がそのまま家の中に入ってきてしまいます。せっかく高気密・高断熱で室内を快適な状態に保っているのに、それではもったいないですよね。 富岡モデルハウスでは、独自の熱交換換気扇を使用して、空気は入れ替えるのですが、冷房や暖房の冷気・暖気は家の中に戻す仕組みになっているんですよ。さらに粉塵や花粉も除去するシステムになっています」。そんなことができる換気システムがあるとは…! 空気清浄機も必要なさそうです。ここからちらっと見えますよ、と2階の天井裏を見せていただきました。

全貌はわかりませんが、なにやらシステマチックな雰囲気…。


外からの熱・音・湿気を室内に入れないことで、快適な住環境を作り出している富岡の『低燃費住宅』。建ってから1年ちょっとが経ち、延べ300組以上のお客様にご覧いただいたそうです。来場されるのは、マンションからの住み替えを考えている方、建て替えを考えている方、リフォームの参考にしたいという方、お散歩ついでに寄ったという方…目的はそれぞれ。「夏の時期には室内の涼しさ、冬の時期には暖かさを、皆さん感じて驚かれますね。ここは建坪が28坪なのですが、『28坪でこのくらい建つんですか。アリですね!』とおっしゃる方も多いです。浦安の戸建住宅は30坪前後が多いのに対し、一般的にハウスメーカーのモデルハウスって50坪とか60坪とか、かなり広い。そうなるとなかなかイメージが沸きづらいですよね。中には『ここを売って欲しい』とお申し出いただくこともあるんですが…すみません、売却の目処はまだ立っていないです」。

この家に宿泊して、快適さを体感することもできます!

『低燃費住宅』、気になる…!という方には、『宿泊体験』をしていただくことも可能だそう。モデルハウスに宿泊できるって、あんまり聞かないですよね…。「家は人生で一番高い買い物。車や服は試乗・試着するのに、家を『試住』しないで決めるなんておかしいと思いませんか? 1泊2日でこの『低燃費住宅』を体験していただいて、その快適さを体感していただきたいんです。夏は低燃費住宅の性能を実感するのにとっても良い季節! 7月はすでに3組のご予約が入っています。ぜひ1階・2階の気温の差、ロフト部分の過ごしやすさを体感してみてください!」。

1階にある冷蔵庫・キッチンは自由に使えます。安全上、包丁は置いてありませんので、外で買ってきたものを室内で食べるか、近くのライフガーデンで食事をして来るという方が多いとか…

もちろん、洗面所・お風呂・トイレも。
  
家中で最も寒いと言われる脱衣所…冬の宿泊体験では、この脱衣所と他のお部屋の温度差が体験の一つのポイントなのだそうです。

寝室は2階。こちらのお部屋にはエアコンはなく、ベッドには厚手のお布団が用意されていますが…

「部屋の扉を閉めて、家族4人で寝ても翌朝まで快適に眠れますよ。もともと空気をエアコンで涼しくしているので、ふだんの夏を想像するとむしろ寒いくらい…とおっしゃる方もいます。いかに快適に眠れるか、実感して欲しいです!」。


実際に住むイメージが沸きやすいように、家具は極力少なく、シンプルにしているという富岡の『低燃費住宅』。毎週末は誰でも入れるオープンハウスを開催中です。宿泊体験ご希望の方は、一度見学いただいてからご案内いたしますので、まずは見学にいらしてみてください。暑いこの時期だからこそ『低燃費住宅』の快適さを体感しに、足を運んでみませんか?


富岡モデルハウス…浦安市富岡4-17-6 
お問合せ先:株式会社アールデザイン 浦安市入船4-1-6  047-380-8819 http://www.rdesign.co.jp/
ウェルネストホーム(低燃費住宅本部)https://wellnesthome.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る