市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安の最南端『千鳥』の魅力を、千鳥に勤めて15年の小原さんに案内してもらったぞ!|SBG1

PR

千鳥というと、ユーラシア・クリーンセンター・物流倉庫街…をイメージする方がほとんどではないでしょうか?
浦安市の最南端である千鳥は、多くの企業が倉庫を構え、物流の拠点のひとつとして大きな役割を果たしています。そんな千鳥に勤めて15年、(株)エスビージーワンの小原さんに、千鳥を案内していただきました!

浦安に住んで20年近く経つという小原さん。
image1
「高校卒業と同時に岩手から出てきて都内に住んだんですけど、海が近い街!と『舞浜』の響きに惹かれて、最初に引っ越してきたのが富士見です。都内へのアクセスもいいし、公園もたくさんあるし、浦安は住みやすいですね」

歩いてみて思うのは、千鳥は歩道がしっかりとあること。
006 010
案内していただいたのはちょうどお昼前だったのですが、トラックの数はそれほど多くなく、怖いと感じることもほとんどありませんでした。「でも時間帯によりますよ。朝・夜はトラックがビュンビュン通りますから、気をつけて」

千鳥と言えば、やっぱり海!ですよね?
046
「そうですね、千鳥の海にはお世話になってます。僕、長渕剛が大好きなんですけど、仕事で嫌なことがあったときなんか、ギター持って海行って、長渕弾くんですよ(笑)。
179 53
60 62
このあたりはサイクリングをしている年配のご夫婦がいたり、向こう側に降りて釣りをしている方もよく見かけますね。でもまだ僕自身は千鳥で釣りしたことなくて。地元の岩手ではよくしてたんですけど。時季になるとイカも釣れるらしくて、浦安でイカ!?って驚きました」

千鳥グルメといえば。
020 31
「外せないのがデイリー(笑)。あとタイガー食堂ですね。このあたり肉体労働する方が多いからか、すごいボリュームで、僕は何とか食べますが(笑)、食べきれずに残してしまう方もけっこういらっしゃいますね…」

忘れちゃいけない、千鳥といえばベイシティバスのお膝元!
9 12
「浦安市民の足としてなくてはならないベイシティバス! 千鳥にはベイシティバスの車庫がありますからね。千鳥の大企業さんは駅からここまでの送迎をベイシティバスに委託しているところも多いです」

166 165
「和牛の卸しのマルヨシ商事さん、月に一度大売出しの日があるんです。月の最終土曜日かな、その時はものすごい混みようで、もうこの周りぐるーっと車の列。僕もたまに買います。500gで2~3000円くらいですけど、とにかく良い肉で美味しい!」

175
「産経新聞、ここで新聞を印刷してるんですよ。前はもっと舞浜駅の近いところにありました。小中学生が見学に来ることもあります」

75
「舞浜ユーラシア、浦安の誇る天然温泉スパ! ホテルも出来て、ディズニー客にも浦安市民にも癒しの空間を提供してくれています。舞浜ユーラシアが出来る前はパチンコ屋さんがあったんですよ」

041 040
「クリーンセンターの周りの道も歩道が出来てきれいになりました。テーマパーク周辺の海沿いの道も、昔は単なる土手だったんですけど、今少しずつ遊歩道が整備されてますね。どんどんきれいになりますね」と目を細める小原さん。

小原さんは千鳥でどんなお仕事をされているんですか?
車のことならなんでも!中古車や新古車の買取・販売、ボディガラスコーティング、各種タイヤ販売やメンテナンス…あと、レースイベントの企画も」。
190 作業場 DSC01123 195

イベント?
「そうです。レース観戦やドライビングレッスン、サーキットの走行会やファミリー向けのイベントなど、いろんなイベントがあるんですよ。車に興味のある方は絶対楽しめます! 富士スピードウェイを走れるイベントなど上級向けのものもあるんですけど、走行会に参加するのが初めてだったら、4月29日に開催される『袖森フェスティバル』が断然オススメ。袖ヶ浦フォレスト・レースウェイというFIA(国際自動車連盟)の基準に沿った本格的なレーシングコースを、家族みんなで自家用車で走行できます! フェスティバルらしくグルメブースが出たり、レースクイーンのお姉さんが来たり、チャリティー整体が行われたり、キッズスペースも作られますし、小さなお子様連れでも楽しめますよ」

イベント受付 イベント受付1 袖森子供イベントファミリー 体験ヴォクシー 袖森フェス 参加者レース 袖森フェス過去 イベント参加型
レースコースを走れるんですか!!すごいですね。でも、自家用車って言ったって、皆さんバリバリのカッコイイ車なんじゃ…。
「いやいや、この体験ファミリー走行は初心者向けなので、LIFEとか軽自動車で走る方もいます。僕も子ども乗っけて、普通のワンボックスで走ってますから(笑)」。小原さんご自身も5歳と3歳の息子さんがいらっしゃるそう! 

webイベント
こちらの写真がレーサーの澤圭太さん。子どもたちにレースの魅力を知ってほしいと、各地で色々なイベントを主催されているそうです。今回の袖森フェスティバルも澤さんが主催で、イベント中に澤さんのコース解説バスツアー(無料)なども行われます。

「当日は受付が必要ですが、入場無料・ファミリー体験走行は1台3000円と、気軽にお越しいただけます。ご参加希望の方は私・小原まで。初めてで不安な方、当日は私が現地で色々とご案内しますから、楽しみにしていてください!」

袖森フェスティバルは4月29日(祝)、袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて9時~17時まで行われます。途中参加・途中退場ももちろん可能。ただ、閉会式にてハズレなしのじゃんけん大会が開催されるので、最後まで参加したほうが楽しいかも!? 走行体験は予約が必要ですので、ご興味のある方は(株)エスビージーワン・小原さんまでご連絡ください。

千鳥を案内してくれた小原さんに、サーキットの案内もお任せしちゃいましょう!

image3 74
ご予約・お問い合わせはコチラ↓
(株)エスビージーワン 担当:小原 …浦安市千鳥12-23 TEL:047-305-4141
HP…www.sbgone.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る