市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【どうする??】平日の入学式、卒業式

 あけましておめでとうございます。年明け早々は暖かい日が続きましたが、急に寒気が入って冷えてまいりました。ただ、既に冬至を過ぎ、昼間の長さが徐々に長くなりはじめています。春に向けて一歩一歩進んでいるのです。

 我が家も末っ子が小学校入学の春を控えています。そこで、ふと思い出しました。8年前のお姉ちゃんの小学校の入学式も平日だったなぁ。初めての子供の入学式でもあり、年休をとって仕事を休んで入学式に行きました。今年の浦安市立の入学式も小学校は4月8日(金)、中学校は4月11日(月)、幼稚園は12日(火)と発表され、みな平日です。
a0002_004820_m

 少し調べてみましたが、東京都(江戸川区)も小中学校が4月6日(月)と7日(火)とやはり平日。千葉県のお隣さんの市川市も毎年平日です。そう、公立小学校、中学校それに幼稚園は原則的に平日に入学や入園式、卒業や卒園式を実施しているのです。どうも公務員である公立学校の先生、そして一部の生徒だけが参加することから、代休の発生しない平日に実施することが通例になっているようです。

 小学校の入学式は、子供の成長を感じる特別なイベントですので、両親そろって出席したいものです。しかも安倍政権は「1億総活躍社会」を目指していますし、また301人以上の企業に今年4月からは女性の社会進出の目標設定と公表を義務付けた「女性活躍推進法」が成立するなど、国は共働きの推進を推奨しています。であれば多くの親が揃って参加しやすい日曜日などに設定できないのかなぁ? そんなことを考えるのは私だけではないと思うのですが。国の掛け声とは裏腹に、大小様々ですが働きながら子育てをするには障害となることが多い気がしています。

 浦安市名物のディズニーランドでの成人式で市長が「少子化を食い止めてほしい」という趣旨の発言をし賛否両論が起きましたが、持続可能な社会を作るために人口問題の重要性は増す一方です。入学、卒業式の平日実施など大小様々な共働きを進めるうえでの障害は、まずは浦安から解決!そんな町であって欲しいと思うのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る