市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

レッドブルエアレース開催!そのとき浦安市では?

レッドブルエアレースが5月16日と17日の2日間にわたり日本で初開催されました。アジアにおいても初だそうです。
開催場所であるコースが設営されたのは幕張海浜公園ですが、飛行機の格納庫と離発着場は浦安市日の出・明海の海岸沿いに設けられました。

h

 レッドブルエアレースとは

エナジードリンクでおなじみのレッドブルが主催する、最高時速370km、最大重力10Gにもおよぶ世界最速のモータースポーツで、空のF1と称されているそうです。パイロン型の風船障害物で構成されたスラロームコースを決められた順序と飛行方法によってタイムを競います。
小型機のエンジンとプロペラは統一されているのでパイロットの技量が大いに影響するレースです。

浦安市民特別無料招待のパブリックビューイング

17日の決勝戦では、明海の総合公園に設置されたパブリックビューイング会場に浦安市民が抽選で無料招待されました。3000席用意したところ5000人からの応募があったそうです。
会場では多くの市民がレースを鑑賞し、レジャーシートを広げてピクニック感覚で楽しんでいました。
一番盛り上がったのは、唯一の日本人選手である室屋義秀選手がスタートしたときです。結果は51秒478と好タイムでゴールしたものの、飛行中の最大重力10Gを超える反則となってしまい最終的に8位でしたが、会場は拍手に包まれました。
あFullSizeRender

う

滑走路は見える?

滑走路は規制エリアと護岸によって残念ながら見渡すことはできませんが、下の写真のように飛行機の上部とプロペラがかろうじて見えます。すぐ近くなので迫力満点のエンジン音が体感できます。
また、撮影隊のヘリコプターが真上に飛び立つ瞬間に子供たちは大喜び、大人からも歓声が上がっていました。

え

w

来年も開催されるかも!?

レース開催後に、レッドブルエアレースゼネラルマネージャー、浦安市長、千葉市長による記者会見が開かれました。三者ともに来年の開催について前向きである様子が伺えます。会見記事はこちら
来年も開催されることになれば今年よりも認知されもっと盛り上がるかもしれません。今から楽しみですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る