市民による浦安の地域情報総合サイト

認知症

  1. RUN伴 千葉 うらやす2019が開催決定! エントリーは9月30日(月)まで♪ 『認知症の方も、そうでない方も、安心して住める街・浦安』を目指して (動画あり)

    今年も、『認知症になっても安心して暮らしていける地域づくり』を目指して、認知症の人や、家族、医療福祉関係者、一般の方々が少しずつリレーをしながら一つのタスキをつなぎ、ゴールを目指すイベントが11月2日(土)に開催されます。昨年までは9月の開催でしたが、今年は暑さも考慮して11月の開催となりました。

  2. 【RUN伴千葉 うらやす2018】今回は大規模なRUN伴!市内3コースが決定! 9/8(土)は沿道へ出て応援しよう!

    以前、浦安に住みたい!WEBでもご紹介した『RUN伴 千葉 うらやす2018』。今年も『認知症になっても安心して暮らしていける地域づくり』を目指して、認知症の人や家族、支援者、一般の方々が少しずつリレーをしながら一つのタスキをつなぎ、ゴールを目指すイベントが、9月8日(土)に行われます。

  3. 認知症になっても安心して暮らせる浦安のために。2回目となる『RUN伴(らんとも)』では、市内3コースを走ってタスキをつなぎます【今日から参加者募集!】

    『RUN伴(らんとも)』は、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指して、認知症の人や家族・支援者・一般の人が少しずつリレーをしながら一つのタスキをつなぎ、ゴールを目指すイベントです。

  4. 言葉にしなくてもわかる、伝わる、『私』のこと。巷で話題の【臨床美術】のワークショップを取材してきました!

    「絵を描くのって苦手」――そんなあなたにこそ体験してほしいワークショップが、浦安で開催されています。その名も『U de 臨床美術部』。臨床美術はもともと認知症の症状改善を目的として始まったアートプログラムなのですが、今では子どもや社会人、子育て中のお母さんなど様々な方が対象になっているのだそうです。

  5. 認知症の人が安心して暮らせる浦安を目指して。初開催の『RUN伴(らんとも)』を取材してきました!

    9月10日(日)、総合公園の晴れ渡る空の下、記念すべき『RUN伴』浦安大会の第一回目が行われました。『RUN伴』とは、認知症の人が安心して暮らせる地域づくりを目指して、認知症の人と一緒にみんなでタスキをつなぎ、日本を縦断していくというスケールの大きなイベントです。

  6. 浦安初上陸、『RUN伴(らんとも)』っていうイベント知ってる?【現在参加者募集中!】

    『RUN伴(らんとも)』は、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指して、認知症の人や家族・支援者・一般の人が少しずつリレーをしながら一つのタスキをつなぎ、ゴールを目指すイベントです。

  7. 認知症サポーター養成講座を受講してきました

    だんだんと自分の親世代に心配する事、認知症。いつまでも今のまま元気でいてほしいのですが、現在の日本では65歳高齢者の認知症数は462万人と言われています。身近におこる認知症、少しでも認知症について知ろうと、認知症サポーター養成講座に行ってきました。

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る