市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open】保活をした私が、心から“ 通わせたい”と思った。共同体感覚から子どもの心を育む。ママにも子ども達にも心強い保育園が開園します!

今年10月、猫実に新しく「浦安いろどり保育園(仮)」が開園します。
物事が起きた時『自分のため』ではなく『誰かのため』に行動できるような心を育てる、アドラー心理学を用いた保育方針を特徴とする保育園です。「0歳〜5歳の幼少期は、人の基礎を作る一番大切な時期なんです」そう教えてくれたのは代表の塩澤さん(写真一番左)。以前は小児科の看護師をされていて、その経験から江戸川区で保育園を開園されました。

『褒める』のではなく、その子を『頼る』ことを大切にしています。集団の中で役に立ったという経験はとても自信になるんです。なので園でも、先生と生徒という関係ではなく『一緒に生活する仲間』という関係を心がけて接しています」。共同体感覚を身につけることは幼少期の心の成長にとても大切で、自己肯定感を育むことができるそうです。


<保育園外観。陽当りもよくて明るい立地。淡い黄色の壁、アーチ型の窓がとってもカワイイ!取材時(2020年6月)、開園に向けて一生懸命中を作っていました。>

「役に立てたという気持ちが嬉しくて、自らお手伝いしてくれる子もいます。なんでも良いんです! ご飯を食べられた、座ってお絵かきが出来た…そんな時『助かったよ〜』と声をかけてみてください。子どもって頼られるとイキイキしてきますよ!」
頼ることで仲間としての関係が生まれる…ご自身も2児の母だという塩澤さんは自分の子ども達とも仲間のような関係を築き、学校や友達のこと、思春期を迎えた息子さんとまで、何でも話し合える関係なのだそう。「仲間として接することは、保育士同士も同じことです。互いを信頼し協調し合う姿を子ども達に見せることは、一番の教育かもしれませんね」。園内が和気あいあいとしてあたたかな雰囲気なのは、保育士さん同士の関係がとても良い証拠。そんな環境で過ごす子ども達、とっても穏やかで楽しそうでした! 同じような環境を浦安の保育園でも作っていきたい、とお話してくださいました。

保育園を選ぶ時、まずは通いやすさや自宅からの距離で探すことも多いと思います。そんな中、浦安いろどり保育園は『遠くても通わせたい』と思う魅力のいっぱいつまった保育園でした。開園に向けて説明会等も開催する予定なのだそう。ぜひ子ども達への向き合い方や想いを、直接聞いてみてください。

浦安いろどり保育園
お問合せ 03-6808-0281
浦安市猫実4-16-18
江戸川区の姉妹校「BabyPeace」のHP はコチラ

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」2020年7.8月号に掲載された内容です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る