市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【New Open】私的恐怖の2020年がやってくる『教育改革』の年。英語の必修科目直前! 浦安駅近くに英会話教室がオープンしてる。

2020年『教育改革』が行われることをご存知ですか? うすうす耳には入っていたけど、2020年小学生の『教育改革』では「英語学習」、「プログラミング必修」が加わるとのこと。勉強ができなくても幸せな人生を送ることができる! と根拠のない自信だけは持っていますが、子どもが成長するにつれ、学校の勉強についていくのに必死な様子にこちらも少しずつ不安とイライラが募る日々。やっぱり自分の子は自分の子です。『勉強なんて大っ嫌い!』と先日言っていたっけ…。今の状況で科目が一つ、二つ増えたら我が子はどうなるのだろう…。2020年が怖すぎる。

2020年『教育改革』

2020年の小学校で英語が必修科目になるのは小学5年生から。小学3年生から英語に親しみを持つために英語活動がスタートするそうです。2018年~2019年の間は『教育改革』のための『移行期間』なんだそう。確かに去年から我が子の小学校では外国語補助の先生との授業がスタートしています。また、小学校における英語学習は「コミュニケーションとして使えるレベルでの学習が目標」だそうです。更に中学生、高校生、大学入試ではスピーキングが当たり前に?? 年代、学校にもよるとは思いますが、めちゃくちゃレベル高くない? もはや私にできることはないレベルな気がする。

こんな私に何ができるのか

学生の頃赤点ギリギリだった私が、我が子に何ができるというのだろうか…。学生時代、単語を覚えるのは楽しかったのですが、文法となると授業の雰囲気がまるで変わり先生の話しはスルー…。今思うと英語を習得することに価値や目的をみいださせずにいた学生時代でした。こんな私に何ができる? そんな親御さんも少なくないと思い、昨年11月に新しくできた英会話教室『ELG英会話スクール』の代表 鈴木さんにお話を伺い、取材をしてきました。

英語を好きになってほしい

―――鈴木先生はどうして英語が話せるのですか?

(鈴木先生)「私自身もともと勉強するのが好きなタイプで、英語の授業もそれは頑張りました。日本では英語の成績も良かったのに留学をしてからは『ネイティブの方の英語が聞きとれない、伝えたいことが相手に伝わらない』。そんな事があり思い悩みました。必死に勉強していたのに『分からないのはなぜ?』と疑念を持ち、言語学と第二か国語教授法を海外で学びました。その結果、使える英語を習得していなかったことに気づいたんです。私たちは日本語を聞いて育ってきました。耳から自然と聞いて言葉を伝えられるようになりましたよね? 難しい事を考えずに、自然に耳から覚える『フォニックス』という、英語では国語のような学習方法があることを知り、英語を習得するのに一番適しているのではないかと思いました。そして知人でもあったネイティブ講師とともに英会話教室を立ち上げました。2020年から必修科目になることもあり、今のままの教育学習では英語を嫌いになってしまう子が増えて行くのではないか。“英語は楽しいもの” ということを子どもたちに教えたいです。せっかく英語を習えているのに『会話ができない』のは本末転倒ですよね。さまざまな方とコミュニケーションすることによって、人生をきっと豊かにしてくれると思っています」。

『フォニックス』とは?(鈴木先生)

(鈴木先生)「フォニックスとはアルファベットの文字と音の関係性を学ぶ学習方法で、もともと、英語を話すネイティブの子どもたちの読み書きのための学習法なんです。日本で言うと国語のようなものかな。アルファベットには名前と音、2つの違う発音があり、ABCの名前は『エー・ビー・シー』。ABCの音は『ア・ブ・ク』に近い音です。(※カタカナ表記と実際の音は一致しません)ですので、例えば『fox』の音は f+o+x 『フッ+オ+クス』のようにアルファベットの音の足し算をしていくと自然に綺麗な発音で発声出来るんです。一つ一つの音を理解することで正しい発音が耳に入り、スピーキング力とリスニング力が同時に身についていきます。教室ではまずA~Zまでのアルファベットの名前と音を十分に学びます。習得段階に合わせて文字→文→文章が書けるようになっていきます」。

ELG(English Learning Gym)英会話スクールの特徴は?


(鈴木先生)「私たち日本人も耳から日本語を話せるように、音を聞いて育ちました。英語も同じなんです。従来の学習方法は学校のテストや試験に対応するために(良い点をとるために)に読み書きに集中していました。ですが音をよく聞いて(インプット)、その音を口から出す(アウトプット)練習をしないと、英語の音を聞きとることができない、また話すこともできるようにはなりません。リスニング(聞く)→スピーキング(話す)→リーディング(読む)→ライティング(書く)を順番に身に付けていかなければ、読み書きだけができるようにはならないのです。
ELG(English Learning Gym)では英語の音をたくさん聞いて耳を鍛え、フォニックスで口を動かし口を鍛え、TPR(全身反応教授法)を体で使って表現を覚え、プリント学習で運筆力と英作文力を鍛えて行きます。まるでスポーツジムで体を鍛えるかのように、英語に必要な部分をトレーニングしながら積み重ねていく英会話教室なのです」。

実際のレッスンへ潜入してきた

 

浦安駅から数分の場所、北栄エリアのちょうど一本堂さんが前に、一階には24時間カレーさん。外階段を上って真っ直ぐ白い玄関を入ると、すでに男の子がレッスンを始めていました。入室時間は時間内(15:30~16:30の間、または16:30~17:30の間)であればいつ来てもOKなんだそう! 夕方にかけ生徒さんが増えて行くそうですが、一人一人に合わせて学習が進んで行きます。ジュニアレッスンの場合、レベルに合わせてコースが分かれています。基本的に60分のスタンダードレッスンですが、驚くことに分単位で行うことが細分化されていました!

60分スタンダードレッスン内容(Aコース)

①まずは宿題を提出して、単語テスト(約3分)
宿題は提出BOXへ、その後レベルに応じて単語テストがある生徒はテストに取り組みます。テストの答えは回答用紙を見て自分で○付けをします。間違えは当たり前。先生は叱りません。出来たところをとにかく褒め、間違えたところは、「You need to study just these 3 by next week. It’s easy, isn’t it? 」(よく出来ているね。ここの3問だけ来週までに覚えてこよう。楽勝だよね。)と言って生徒自身のやる気を引き出すそうです。

のっけから先生の英語を理解している様子の生徒さん。確かに発音もキレイな気がする!

②個別にDVDを見て表現を見て聞きます(約10~15分)

③ネイティブ講師と1対1、または講師と1対2、3人の小グループレッスン(約10~15分)

耳から入る英語の音は、英語を母国語とするネイティブ講師の他、英語で生活しているフィリピン出身のパールさん(上写真)。可愛い! 子どもたちに丁寧に会話し、優しくて楽しいレッスンを進めていました。子ども達も目はキラキラ!

④Show & Tell ネイティブ講師に宿題を発表(約2~3分)

ただ単に話すだけではなく、ボディランゲージも欠かさず、時にはキャッチボールをしながら会話をし、一人一人のログを付けることも忘れません。

⑤プリント学習、日本人講師やアシスタントがついて自習時間(約10~15分)

⑥宿題をもらって終了(約5分~7分)

*⑦Play Time 英語を使ってゲームをします。または宿題絵辞典の単語チェック(レッスンがすべて終了し余った時間に行います。)

子ども達がすごく自由に見えた 

5分10分で、子どもたちは頭に入るのか? と疑問を持っていましたが、「来る生徒さん小学低学年なのに集中したまま、次から次へとこなしていくことにビックリしました! 確かにずっと座りっぱなしのいわゆる“授業”といった感じだと、飽きてしまうから? 日本人講師のアシストのおかげもあって子どもたちはやるべきことを分かっていて『自由に学習をしている、自ら進んでいる、むしろ英語をゲームのように楽しんでいる』そんな印象を受けました。また、子ども達が教室に入ってくると、講師の方々が皆その子の名前を呼び、笑顔で挨拶というよりコミュニケーションを行っている姿は、『勉強をしに来ている』そんな堅苦しい雰囲気は一切ありません。だけどそれぞれにものすごく集中していました。

(鈴木先生)「5分10分の短時間だからこそ、子どもは集中しやすいです。私たち講師陣は子どもに達には基本怒らないですね。できたらとことん褒める、怒ることは滅多にありません。子ども達が英会話を楽しく正しく学習することが目的なので、分からない事をそのままにはせず、日本語でサポートをしながら徐々に英語だけで理解できるように、英語の音を耳から聞いてもらうことを大事に指導しています。時には外国人を見ると怖いと感じるお子さまにもいます。一人一人が違うことを学んでいただけると思います」。


入会後は教材8,250円(宿題用Picture Dictionary(絵辞典)と音声ペンのセットを入会時にご購入いただきます。絵辞典2冊+ワークブック+ABCポスター+音声ペン)と、入会セット1,500円を購入していただき、ご自宅でも英語の音をたくさん聞いていただくシステムを導入しています。また鈴木先生曰く「1週間に1度のレッスンを受けているだけでは英語は話せるようにはならない」とのこと。ご自宅でもしっかり音を聞いてほしいとおっしゃいます。絵辞典の音声ペンを利用する音学習の他に、スクールオリジナルの動画サイトを何度も自宅で復習できるので、何も教えることのできない私には嬉しいかも! また、ジュニアコースでも英検ジュニアに向けたコースや、180分のコースもあります。学童へ行く感覚で学習+英語のプレールームで英語漬けの時間が過ごせるようです。

(鈴木先生)2020年に向け英語必修化によって、点数の評価を気になる学生さんや親御さんも多くいらっしゃいます。そして、大学入試も変わります。今までの試験では、読む・聞くが中心でしたが、2020年からは読む・書く・聞く・話すの4技能が重視されるテストになる予定です。実際に使える英語力が求められるようになるので、リスニング力とスピーキング力を身に付けるのは必須ですね。英語を話せるようになりたいと感じている方、『教育改革』によりお子さんの成績が気になる方、英語は苦手という方も一度いらしてください。初回無料レッスンも実施しているのでお気軽にお問合せ下さいね!(*各レッスン 先着10名様)

ジュニアレッスンコースの内容

Aコース 8,000円(税込) 60分スタンダードレッスン
Bコース 11,000円(税込) 60分スタンダードレッスン+英検準備(30分)
スタンダードコースにプラス30分の英検対策レッスンが追加されたコース
Cコース 10,000円(税込) ~180分 最長180分(15:30~18:30)までのレッスン

スタンダードコースに+30分のiPad(学習+プレールームにて英語で遊ぶ英語漬けの時間が過ごせるコース
※学童のように学校から直接入室出来ます(ランドセル置き場有)

Dコース 13,000円(税込) Cコース+英検準備(30分)
Cコース中に30分の英検対策レッスンが追加されたコース

*入会セット:1,500円(税込)
*初回教材費: 8,250円(税込)・宿題用Picture Dictionary(絵辞典)と音声ペンのセットを入会時にご購入いただきます。(絵辞典2冊+ワークブック+ABCポスター+音声ペン)
*レッスン回数は年に42回(火曜日or金曜日)
*兄弟姉妹2人以上で通う場合は1人当たり1,000円の割引き(7,000円/1人)があります。
*その他、プリントの時間にご希望の教材を使用したい方はご相談ください。

自由な姿を見ていると、子ども達はイキイキした表情で学習していて感心しました。勉強となると頭がいっぱいの状態に、そこへ口うるさく親が(私)勉強を教えてしまいがちになります。一人一人にあった進み方で子どもたちを尊重しているのは、こんな口うるさく言ってしまう私のような親御さん、勉強嫌いの我が子にはもってこいな英会話教室かもしれません。
また、ご紹介したジュニアレッスンだけでなく、親と子で楽しみながら学べるレッスンや、大人や高齢の方の趣味として、また資格取得を目指している方にあったレッスンも、レベルに合わせて幅広く行っていますので、気になる方は是非ともお問合せをしてみてください! 


ELG英会話スクール English  Learning  Gym
浦安市北栄1-6-20 KY BLDⅡ 202
​東西線浦安駅から徒歩5分
駐車場ナシ(最寄りのコインパーキングをご利用ください)
お問合せはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る