市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安自慢のコーヒーとデザートがコラボ!記念でお得なキャンペーンを本日より開催☆ 【スウェル×コンクラーベ】

明海のレストラン・コンクラーベさんで、ディナータイム限定・デザートとコーヒーのお得なセットが本日より始まります! そのコーヒーというのが、知る人ぞ知る今川のスウェルフレッシュネスコーヒーさんのもの。美味しいデザートと美味しいコーヒーをとってもお得に楽しめるこちらのセットを記念して、今回なんと、コンクラーベの店長・石直さん(写真左)と、スウェルのオーナー・三浦さん(右)の対談が実現しました…!

酸味=すっぱい、じゃない。スウェルのコーヒーは、コーヒーの常識を覆す

――石直さんはもともとスウェルさんのお店のことはご存知だったんですか?
石直さん(以下石):お店が北栄から明海に移転してきてから、お客様やスタッフから『美味しい珈琲豆屋さんがある』という話は聞いていたんです。ずっと興味があって、今年に入ってやっと、3月くらいからちょこちょこ遊びに来させてもらってるという感じです。
――初めてスウェルさんのコーヒーを飲んだときの印象は。
:とにかく美味しかったです。僕はもともと、コーヒーの酸味が苦手で、初めてスウェルさんにお邪魔したときも「酸味のあるものは苦手なんです」とお伝えしたんですけど、その時出していただいたのが酸味をたのしむ『モカ』で。それがとても美味しくて、”酸味”っていうのが、自分の苦手だと思っていた酸味とは違った。もう、いつも飲んでいるコーヒーと根本的に違うんだなと思いました。
a1953
三浦さん(以下三):酸味が苦手っていう方、とっても多いんです。コーヒー豆って、たとえばブラジルという豆ひとつとっても数千、数万という種類がある。その中で、苗木のDNAから保存状態から焙煎の仕方から、美味しい豆からあまりよろしくないお豆まで本当にピンキリなんですね。一概には言えませんが、その”あまりよろしくないお豆”から抽出されたコーヒーを飲んでしまうと、「すっぱい」と感じてしまうことがあります。これを皆さん”酸味”だと思っている。すっぱくて美味しくないものを、酸味があるから美味しくない、と思ってしまうんです。
:冷めるとすっぱくなるコーヒーもありますけど、スウェルさんのコーヒーは時間が経っても美味しいので驚きました。これが美味しいコーヒーなんだなって。
:お店を始めたころ、ビーンズの説明のポップに”酸味”って書くとその豆はあまり売れないんですよね。みなさん酸味は敬遠しちゃうみたいで。だからそれからなるべく”酸味”って書かないようにしました。ここに書いてある、”アシディティ”って何のことかわかる?”酸味”のことなんです(笑)。ふつう『モカ』って、コーヒーがお好きな方でしたら「酸味のあるやつだな」ってピンと来ると思うんですけど、その酸味の代表的なビーンズにも関わらず、うちの一番人気はモカ。オープンしてから4年半、ずっとこのモカです。

デザートに合わせるなら、強めのコーヒーがおすすめ

――コンクラーベさんで淹れるコーヒーはどの銘柄なんですか?
1949
:パプアニューギニア産のスペシャルティコーヒー、『シグリ農園AA』です。迷ったんですが、最初は味のバランスが良いものがいいなと思って、三浦さんに勧めてもらいました。お店で提供するのに慣れてきたら、たとえばワインみたいに、季節によって銘柄を替えていくのもいいかなと思っています。
:デザートと一緒に飲むことを考えると、モカだと味が優しすぎて甘味に負けてしまいかねない。もしこのモカにデザートなど甘いものを合わせるなら、豆を多めに使って抽出するのがオススメですね。『シグリ農園AA』はとてもバランスがいいうえにビターの主張もしっかりしているので、食後のデザートと一緒に召し上がっていただいたり、ワインなど飲んだ後のアフターとしてもぴったりだと思います。

――今回、コンクラーベさんからデザートをお持ちいただきました!
:僕、甘いもの好きなんですよ! 美味しそうですね~。
1964
:これは『ファーブルトン』といって、うちのシェフが前のお店にいたときから作っている定番デザートです。クレープの原型になったと言われてるんですよ。もちっ、とろっとした食感が楽しくて、塩キャラメルソース・ブルーベリーソースと合わせて食べてみてください。
:いただきます。…うん、美味しい!キャラメルソースも美味しいですね。止まらなくなっちゃう(2口、3口とケーキを運ぶ三浦さん)。最初はちょっと甘いかな?と思ったけど、全然重たくない。コーヒーにもよく合いますね! でもこれ、すごく安くないですか?(ディナータイムキャンペーン:デザートとコーヒーセットで600円、デザート盛り合わせとコーヒーセットで800円)
:安いです(笑)。スウェルさんのコーヒー始めました記念ということで期間限定のキャンペーンです。ちなみに今日淹れていただいたのは、どのコーヒーですか?
1974
:これはね、裏メニュー的なもので…『シグリ農園AA』のほうが良かったかな(笑)。インド産のコーヒーなんですよ。ちょっと苦味が強くて、大人の味でしょ。あまりローストしないので常連さんにしか紹介していないんですけど、けっこうファンが多いんです。

コーヒーもワインも、美味しければ、いいじゃない

――コーヒーの苦味が苦手っていう方もいますよね。
:コーヒー豆ってこんな色だから、コゲて茶色くなってると思われがちですけど、この色ってお豆の成分がカラメル化してるものなんですよ。けれど「コゲ臭がするからコーヒーは苦手」なんて言う人も確かにいらっしゃる…ですが、これもまた“あまりよろしくないコーヒー”を飲まされてしまった時の感覚が残ってしまっているんだと思います。コゲてるわけでないのだから本物のコーヒーはコゲ臭なんて絶対しないし、苦味もビーンズの種類によっても違い、焙煎加減でコントロールもできます。うちでもビーンズによって焙煎時間はすべて異なります。でもね、酸味とか苦味とかいろいろ言いますけど、あまりアタマでかしこまって考えずに、旨いコーヒーは旨い!でいいじゃない、とも思うんですよね。
:それすごくわかります!ワインもそうなんです。品種や産地によって当然味が違って、それをテレビでソムリエさん達や芸能人さん達が色々と説明するじゃないですか。そうするとみんな、ワインってすごく難しいものだと思ってしまうというか…ワインだって、難しいこと考えずに美味しければいいじゃん!って思うんです。

それぞれの想いと、これから

――レストランでご自身のお豆が使われるってどんなお気持ちなんですか?
1970
:当店のビーンズを浦安市内でお使いいただくのはコンクラーベさんだけです。限定です(笑)! 他には1都3県・10店舗ほどでお使いいただいていますけど、僕の知らない方々が僕のローストしたコーヒーを飲んでくれるというのは単純に嬉しいです。会ったことのない人が、飲んでくれる。それこそ卸先の中にはちょっと遠方でまだお邪魔できていないカフェさんがあるんですけど、ビーンズが僕の知らない土地を旅していくわけですよね。その風景に思いを馳せながら焙煎したりして…。今回コンクラーベさんで僕のコーヒーを出していただくことになって、コンクラーベさんの大切なお客様に美味しいコーヒーを提供できるように、これからも頑張ります。
:なじみのお客様たちに、僕の練習がてらスウェルさんのコーヒーをお出ししてみたんですけど、みなさん口をそろえて「美味しい!」って言ってくださるんです。中には「これ、本物のコーヒーじゃん!」なんておっしゃる方もいて。これからもこのコーヒーを出して、お客様が「美味しい!」と言ってくださる様子が目に浮かぶんです。ただ、マシンで抽出するのに比べてやっぱり手間と時間がかかるので…僕もこれがスウェルさんのコーヒーですよ!って、自信を持って出せるようにもっと勉強していきます!

対談を終えて…

1978
他にも色々なお話が飛び出して、聞いているこちらもつい引き込まれてしまうほど。対談は1時間程度の予定でしたが、なんと2時間近く過ぎてしまいました。それでもまだまだ聞いていたいと思うのは、お二人の熱意とこだわりと、お仕事を楽しんでいらっしゃる雰囲気が、とても心地良かったからに違いありません。石直さん、三浦さん、お忙しいところありがとうございました!

本日より始まるコンクラーベさんのディナータイムキャンペーンでは、デザートとコーヒーのセットが600円・デザート盛り合わせとコーヒーのセットが800円。とってもお得なこのセット、6月末までの期間限定です。ぜひぜひお見逃し無く…!

2089
ワイン食堂 コンクラーベ
…浦安市明海4-2-4 TEL:047-380-3733
HP:店長・石直さんのブログFacebook

1291
Swell Freshness Coffee  (スウェル フレッシュネス コーヒー)…
浦安市今川1-3-18 047-381-1190 水曜定休 Facebook

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る