市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【新浦安駅で路上ライブデビュー、してみる?】

浦安市民であれば、知らない人はまずいない、ここ新浦安駅。通勤、通学時、新浦安駅やこの付近を経由する人も多いでしょうし、ショッパーズプラザ・ダイエー、アトレ新浦安、モナ新浦安、マーレ等の商業・サービス施設も充実していることから、お買い物、お稽古などに利用している人もたくさんいることでしょう。
お祭や、イベントが賑やかに開催されていることもありますし、また、選挙シーズンなどには、候補者の街頭演説や、駅でチラシを配ったり声がけする姿も多く見られます。

タイミングがあえば、またギターの弾き語り、民族音楽の演奏など路上ライブが行われているところに遭遇することもあります。浦安を舞台にした映画『カルテット!』では、主人公親子がモナ新浦安前の路上でクラシック曲を演奏するシーンもありましたね。
こういった路上で行われるパフォーマンス、どこに許可を得て行われているのでしょう?気になったので調べてみました!

まず、駅のびゅうプラザへ。「事務室で尋ねてみてください」と言われたので、駅員の方に伺いました。すると…。
201510_2
ここ、びゅうプラザ前の色が変わっているあたり、手前までは駅の管轄だけれど、グレーになっている部分は浦安市の管轄になりますとのこと。そんな細かい規定があったとは…!

201510_3
つまり、この駅に至る階段部分とこの広場あたりは駅の管轄ではなく、浦安市の管轄になるというわけ。とりあえず、次に市役所の出張所のあるマーレに行ってみました。

201510_4
こちらが新浦安駅前マーレの施設です。
マーレの2階に各種届け出のできる行政サービスとインフォメーションセンターがあります。このインフォメーションでお尋ねしたところ、道路の使用についてはマーレ1階にある交番に尋ねてみてください、とのこと。

警察でお聞きして分かりました。公共道路の使用は、警察の許可がいるということ。次は美浜にある浦安警察署に向かいます。

201510_5
ここが浦安警察署だ! なにも悪いことなんかしていないのに、警察に行くと変にドギマギしてしまう…。小心者の小市民。

道路の使用許可は、この浦安警察署の交通課で扱っています。
複写式の書類一式を受け取り、こちらに必要事項を記入し、印鑑を押します。提出時には地図を添えて、どのあたりを利用するのかを具体的に示します。音響等を使用する場合は、何をどのように使うのか、具体的に示した図なども別途用意。配布物がある場合は、配布するのとまったく同じものを二部用意し、提出します。

公共道路をパフォーマンス等で利用する際、必要なことをまとめてみましょう。
・規定の使用許可証を提出(要押印)
・地図
・具体的な図、説明等
・配布物がある場合は二部用意

ちなみに駅前で歌っているストリートミュージシャンの方々はみなさん、この道路使用許可を取っているのですか?
警察官の女性、苦笑い。「そうした歌い手さんたちが許可を取っている場合は少ないです。ほとんどの方が勝手にやっておられますね」。
そうやって自由にパフォーマンスなりをやってしまった場合、クレームの対処等は自分自身で行わなければなりません。「ケガやトラブルのないよう、やっていただければと思います」。
たとえば、音響機材を床に置く場合、通行人がひっかけてケガをしてしまわないようになど、細心の注意を払うことがなにより大事です。書類等の提出から実際の使用許可が下りるまでは「中三日」を要するとのこと。「そんなに待ちきれないっ!」という方は、やむを得ない、許可を待たずに路上ライブデビューしてしまっても、…よし。

でも、ケガやトラブルにはくれぐれも気をつけてくださいね。

路上ライブデビュー予備軍の方、面倒でも一度は浦安警察に出向いてお話を聞いておくことをオススメします! 一から懇切丁寧に教えてくれますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る