市民による浦安の地域情報総合サイト

展示

  1. 堀江の古民家ギャラリー『路風舎』が閉じるというので、私の想いを書かずにいられませんでした。【今日から『路風舎閉じます展』開催】

    宮前通りからフラワー通りへ折れ、旧宇田川住宅の手前に、人がやっとすれ違えるくらいの細い路地があります。そこを入っていくとぽっかりと現れる、こぢんまりとしたお庭、そして時が止まったような平屋の建物。浦安・元町の路地風情を今に残すこの場所は、ギャラリー『路風舎』です。

  2. 遠い異国の地、遊牧民の手しごとに触れる。ペルシャの伝統“キリム”と“ギャッベ”が、浦安で見られます【9/28まで】

    幾何学模様の美しさ、風合いのある色彩、ざらっと無骨な手触り―――中東の伝統的な織物である『キリム』には、見るほどに人を引きつける魅力があります。今、堀江のギャラリー『どんぐりころころ』さんにて、『遊牧民の手しごと展』が開催されています。

  3. どれもかわいくて目移りしちゃう…!コーヒーメジャースプーン展@猫実珈琲店【6/5まで】

    先日、毎日新聞で取り上げられていた「コーヒーメジャースプーン」の展示会(→多彩なスプーンずらり 浦安のカフェで)。何それ気になる…!ということで、展示会場の『猫実珈琲店』へ早速行ってきました!11人の作家さんが作る、個性あふれるコーヒーメジャースプーンお店を入ってすぐ、目に飛び込んでくる棚。

  4. 海外の子どもが描いた”ゆるかわ”イラストが雑貨に!南行徳で展示会開催中【3/31まで】

    のびのびとした線で描かれたお花や家、女の子…。缶バッジにプリントされた可愛らしいイラストは、フィリピンの子どもたちが描いたものです。こちらのトートバッグは同じくフィリピンの子どもの手書きメッセージ。

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る