市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

好きなことをしながら誰かのためになる! 元気と希望を届けられる資格が浦安で受けられます。『福祉ネイル』って知ってる? 【3月30日(火)~開講】

「福祉ネイル」がもたらす認知症予防

超高齢社会の日本、65歳以上の高齢者が急激に増加し、2030年頃までは増加すると予測されています。同時に認知症を有する高齢者の数も増加する予測がされている昨今。予防として「食事・運動・脳トレ」などを意識した予防法をよく耳にします。介護現場では認知症によって引き起こされるさまざまな「問題行動」では、発症をした本人はもちろん、介護者にも辛く大きな負担がかかり、社会問題となっています。そんな中、今注目とされているのが『福祉ネイル』。ネイルと認知症がどのように関係しているのか、浦安駅前でネイルサロン、福祉ネイルのスクールを運営している「Pink Cloverピンククローバー」のオーナー、東條さんにお話を伺いました。

福祉ネイルを広めたい! 人生をもっと豊かに!

(東條さん)「まず、福祉ネイルとは一般社団法人 日本保健福祉ネイリスト協会(JHWN)のネイリストで、全国で約600名以上在籍しています。ネイルの知識はもちろん、高齢者の心身の特性や、認知症・介護についての知識を学びます。ネイルの力で『癒やし・元気・希望』を感じてもらい、笑顔になっていただくことを目的としています。「キレイ!・嬉しい!」という感情(人生や生活の質)により、損傷した脳の神経細胞を修復し、認知症の予防・改善に期待ができると研究されています。施術はマニキュアで、ジェルネイルは行いません。アクリル絵の具を使用し、アートを入れることもできます。先日介護施設へ伺った際、もともと鰻屋さんを営んでいた男性が突然鰻の絵を爪に書きたい! と自らの手で親指に書き始めました。とても楽しそうで、これまた絵がお上手で驚きました! ネイルは若い女性だけではありません。性別問わず喜んでいただけ、笑顔になるお手伝いをこれからも広めていきたいです。」


(左)⽇本保健福祉ネイリスト協会(JHWN)認定スクール「Pink Cloverネイルサロン&スクール」代表 東條 彩乃さん。(右)「peach drop nail ~ピーチドロップネイル~」の代表 舟木 真美さん。実はもともと東條さんのスクールでネイルの勉強をされました。福祉ネイルの資格を取り、今では江戸川区・江東区他、都内の高齢者施設へ出向き訪問ネイルケアのサービスを行っています。不定期開催ですが新浦安マルシェにて、福祉ネイルの体験会を実施されています。(現在はコロナウイルスの影響もあり施設への定期訪問は行っていません)


(舟木さん)「メニューはハンドトリートメント、マニキュア、爪のケアコースなど施術時間はお一人約15~30分。私たちが施設へ伺い介入することによって、施設スタッフの方が他の仕事をできるメリットもあります。月に1度施設に伺っていますがネイルを受ける理由はさまざま。ご家族の要望、おしゃれが好きな方、今までネイルを試したことがない方だったり、キレイになった手や爪を見て、喜んでくださることが何よりも嬉しいです。また、1対1で施術を行うので、月に1回見つめ合ってのおしゃべりタイムは私達まで癒され楽しませていただいております。笑顔が絶えないことは認知症予防に限らず、人生を豊かに彩ってくれるのではないか、私たちはそんな姿を見てこの活動を止める訳にはいかない、と実感しています。」

実際に施設へ伺ってきた!


取材に協力してくれたのが東葛西にある「チャーム東葛西」の入居者様。この日は約10 名の予約があり、朝10 時から始まった訪問ネイルは途切れることなく、笑い声がフロアに響いていました。施術が終わると皆さん笑顔!「キレイにしてもらえると気分が全く違うわよ!」と満面の笑みで話します。
 
ネイルというと女性の楽しみかな? と想像していましたが、この日はなんと90歳になる男性がハンドトリートメントをご希望。

手から腕、アロマオイルを用いて優しくマッサージ。血行を良くするだけでなく、耳の聞こえが難しくなっている方の肌へのスキンシップはとても重要なんだそうです。「男性の施術は珍しくはありません」と東條さん。お洒落を楽しみたい方だけでなく、外部として入る施術者とのコミュニケーションを楽しんでいる方、マッサージとして楽しみにされている方、東條さんのお話にも合ったように絵を描いてみたいという方など、ネイルという枠にとらわれない『福祉ネイル』の奥深さと可能性を秘めている職業だなと感じました。職業として、趣味として、好きなことの延長に“誰かのためになる” 資格って魅力的ではないですか?

このところの情勢でなんとなく沈みがちになってしまいますが、今この状況だからこそやるべきことを、やってみたいことに挑戦してもいいかもしれません。好きなことを職業にできるのはとっても素敵ですね。また高齢化が進む市内でさまざまな世代が一緒に笑顔になれる『福祉ネイル』の活動は重要な役割を担うのではないかと、取材を通して感じました。

いつでも、誰でも始められる、『福祉ネイル』の資格は浦安駅前で、しかも8日の講習で福祉に役立つ資格が取れます。

福祉ネイリストになるためには、ネイルの基礎知識や技術だけでなく、高齢者の心身の特性や認知症・介護についてもさまざまな知識をしっかり学べます。ネイルが初めてな方も、もちろん受けられます。また、趣味の延長として『福祉ネイル』の資格を取る方も増えています。 ⽇本保健福祉ネイリスト協会(JHWN)認定スクールは千葉県内では現在2校、その一つが浦安駅前のスクールです。

“福祉ネイリストスタンダードコース”が開講 3月30日(火)~

そして、3月30日(火)から“福祉ネイリストスタンダードコース”が開講されます! 今までネイルを習ったことのないネイル初心者の方でも、安心の3時間×7日間カリキュラム。ネイルケアの基礎を学びながら、たくさんの人を笑顔にできる福祉ネイリストを目指せるそうです。また、すでにJNEC2級以上お持ちの方は、講習+実地研修のみ(2日間)で資格取得できます。こちらも同日スタートが可能です。別日程をご希望の方、出張レッスンご希望の方もお気軽にお問い合わせ下さい。受講日数・受講料などの詳細は
http://chiba2.fukushinail.jp/ よりご覧いただけます。もちろん、この先4月にも開講予定なので随時、福祉ネイルのインスタグラムホームページをチェックください!

  

⽇本保健福祉ネイリスト協会(JHWN)認定スクール / Pink Clover ネイルサロン&スクール
浦安市北栄1-16-12 宇田川ビル2F
047-702-5180
10:00~21:00
http://chiba2.fukushinail.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る