市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【舞浜地ビール物語】NO.1『誕生』 完成から20年経った「ハーヴェスト・ムーン」。 これからも、地元に根付き、市民の皆さんの いつもの一杯になってもらえたらもっと嬉しい。

「えっ! このビール、イクスピアリで造られてるの!?」そう、これはイクスピアリのロティズ・ハウスに隣接するビール工場で作られている舞浜の地ビール「ハーヴェスト・ムーン」。多くの人たちに愛されるその旨さは、職人の研ぎ澄まされた感覚と技、思いが込められています。完成から20年、「オリエンタルランドの社内公募から始まった」という開発秘話、また、今、それを浦安に広げて行く人たちの熱い思いを取材してきました。


イクスピアリにあるビール工場に潜入取材。ハーヴェスト・ムーンは知っていましたが、まさか工場がイクスピアリ内にあるとは! まさに、イクスピアリで生まれた、浦安が誇る、舞浜の地ビール。ハーヴェスト・ムーン ブルワリー 醸造責任者の園田智子さんに、誕生から今までのお話をたっぷりとお伺いしてきました。

『ハーヴェスト・ムーン』…それは、イクスピアリ4Fで造られている舞浜の地ビール。『収穫の時を告げる輝く月のように…』また『収穫を祝う楽しい気持ちをこのビールで感じてもらえるように…』そう願って付けられた名前。

ハーヴェスト・ムーンの始まりは、イクスピアリ創業前の1996年にまで遡ります。当時、オリエンタルランドでパーキング・キャストとして働いていた彼女。「ビール職人募集」の社内公募を見て「面白そう!」という理由で応募。彼女が後のハーヴェスト・ムーンブルワリー醸造責任者 園田智子さんです。当時のことを振り返り「なぜ知識も経験もない私が選ばれたのかと思いましたが、その時『どんなビールを造りたいか』という質問に、浦安は海が近いから『海の香りのするビール』を造りたいと書いたことが印象に残ったのかな」と話されます。『4年後のイクスピアリ開業時に合わせて、舞浜の地ビールを誕生させる』これが園田さんに課せられた使命。当時採用されたビール職人は2名で、もう一人はオリエンタルランドの社員櫻井さん。彼もまた未経験者でした。「未経験者、それもたった2名でスタートすることに不安だったのでは?」との私からの問いにも、「先が見えなくて不安なことはなかった。むしろスタートするワクワクした気持ちの方が大きかった」と話されます。まじめで気取らない彼女に垣間見える、芯の強さや挑戦への姿勢…これが彼女が選ばれた理由なんだなと感じました。


正確に糖度を図る園田さん。20年間ハーヴェスト・ムーンと共に歩んできたからこそわかる知識と感性で、その美味しさを守っています。

とにかく勉強! 本を読み、セミナーに参加。当時の第一次地ビールブームもあって、国内の地ビールメーカーのほとんどを廻ったそう。さらにヨーロッパ、アメリカまで渡りビールの知識を広げ、1998年には日本に10人程度しかいないという日本地ビール協会「マスター・ビアジャッジ」を取得します。そうしていくうちに、自然と「どんなビールが造りたいか」が決まっていったそう…。

イクスピアリ開業の一年前には既に、今の定番5種が決まっていたといいます。そして、最もこだわった、きれいな味のビール「ピルスナー」も出来上がります。未経験から始まったビール造りでしたが、発売と同年「インターナショナル・ビアコンペティション(国際ビール大賞)」にて、世界の151銘柄のうち、最高位であるゴールドメダルを含むメダルを4銘柄で獲得。園田さんのこれまでのビール造りが認められた瞬間でもありました。「思いもよらなかった栄誉にとても嬉しくて、帰りの飛行機は思わずビジネスクラスにグレードアップしてしまった(笑)」とユーモアいっぱいに嬉しさを表現してくれた園田さん。その後も数々の賞を受賞。特に、黒ビールの「シュバルツ」は、三年連続最高位。園田さんも醸造業務の傍ら、海外でのビアコンペティションの審査員を務めるなど活躍の幅を広げています。


受賞したメダルの数々。工場に隣接するレストラン「ロティズ・ハウス」の入口にハーヴェスト・ムーンの栄光が飾られています。

特別な日に飲むのももちろんですが、普段から気軽に飲んでもらいたいと話される園田さん。「食事しながら飲むには『ペールエール』、お風呂上りに飲みたい『ピルスナー』、バニラアイスを食べながら『シュバルツ』。休日のスタートに、広い空、青い海の下でくいっと飲めば、気持ちも上がりますよ!」

7月7日のイクスピアリ開業記念日には、長期熟成のワインに近いアルコール度数を持つビール「バーリーワイン」も販売。正月から半年かけて熟成させてきたというその味は、色々なフレーバーの味が複雑に味わえるビール。こちらもたのしみですね!

イクスピアリ クラフトビア・コレクション 2019 開催! 今年で7回目!

「ハーヴェスト・ムーン」をはじめ、国内有名ブルワリー5社のクラフトビールが楽しめるイベント! オープンエアの開放的な空間「セレブレーション・プラザ」で、個性的なクラフトビールをご堪能ください!
 
開催期間:7/12(金)~ 15(月・祝)2F セレブレーション・プラザ(入場無料)
出店ブルワリー:「ハーヴェスト・ムーン」(千葉)、「志賀高原ビール」(長野)、「富士桜高原麦酒」(山梨)、「箕面ビール」(大阪)、「城端麦酒」(富山)

ハーヴェスト・ムーン ブルワリー
047-305-2525(イクスピアリ インフォメーション)
浦安市舞浜1-4 イクスピアリ4F
https://www.ikspiari.com/harvestmoon/

※この内容は、フリーペーパー「浦安に住みたい!」7.8月号に掲載された内容です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る