市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

震災以降、眠っていたお神輿がついに目覚めた! 富岡・サンコーポ浦安のお祭りへ行ってきました

新浦安駅から若潮通りを真っ直ぐ、今川橋を越えて順天堂大学病院を過ぎ、交差点をひとつ渡ったところに、大きなマンション群があります。富岡にある「サンコーポ浦安」は、総戸数が1100を超える、市内でも有数の大規模マンション。8月19日(土)、ここサンコーポ浦安にてお祭りが行われ、震災以降7年間眠っていたお神輿がお目見えしました!

お神輿を組む人が高齢になったため、2011年からお神輿を出せなくなってしまったサンコーポ浦安のお祭り。今回、昨年の三社祭の際に取材させていただいた『中町會』の皆さんが中心となり、7年振りに復活することになったそうです。昨年の記事の中でも「富岡に眠っているお神輿を起こしたい!」という話を聞かせてくださった中町會の皆さん。ついに実現することになったんですね…!

【三社祭】中町をもっともっと盛り上げたい!今年結成した『中町會』を取材してきました。

「中町會のメンバーに、神輿を組める人がいて、その人にお願いして組んでもらいました。でも担ぎ手が…今まで担いでいた方は高齢になっていたり、屋台など他の活動に携わっていたりで、どのくらいの方が参加してくれるか読めなくて…。中町會のメンバーと、東野の『尊優會』に協力してもらう予定なんですが、ちょっと未知数です」。お祭り前、そんな話をしてくださった中町會の斎藤さん。さて、当日はというと…

まずは「御霊入れ」から、しっかり行われました!


こちらが眠っていたお神輿。美しく、堂々とした佇まいからは、久しぶりに日の光を浴びたようには思えません。もう一つ、隣にあるのは子ども神輿。子ども神輿は毎年出ていたそうです。

宮司さんが御霊入れの儀を執り行います。
 
お祭りのはしゃいだ雰囲気から一転、荘厳な空気が漂います。


最後は自治会長さんの音頭で、乾杯! これから無事にお神輿が担がれますように!

子ども神輿は、小さい子から小学生までが元気良く担ぎます。


まずは子ども神輿から。3歳くらいの子から小学生まで、様々な年代の子どもたちが参加しています。最初に担ぐのは未就学の子どもたち。おそろいの子ども会のハッピを着ていて、とっても可愛かったです。


今年は今川からお囃子のみなさんが参加してくださったそうです。笛と太鼓の音色が、お神輿を盛り上げます!


途中で担ぎ手が小学生に交代。高さがぐんと上がり、力強さが増します。

「サンコーポのお祭りは、子どもが主体なんですよ」と斎藤さん。確かに子どもの数が多く、お祭りのアナウンスをしているのも子どもたち。

今年初めて、子どもたちが中心で運営する屋台「レモネード屋さん」が出るそうです! これも楽しみ…。

大人神輿は、迫力満点! 三社祭の熱気を思い出しました。


続いて、大人神輿。 担ぎ手は『中町會』『尊優會』の皆さんが中心、半纏姿がカッコイイ…! 女性も多いです。

間近で見ると迫力がすごい!
 
「マエダ、マエダ!」の掛け声とともに、お神輿が団地の敷地内を練り歩きます。途中、「地すり」や、

「差し」「放り」も行われ、
 
お神輿のまわりにいる人たちも手拍子! これぞ大きな見せ場、三社祭の熱気を思い出しました。


最後は丘の上で、子どもたちも参加。緑の芝に、お神輿がよく映えます。そして本部のテント前にてフィニッシュ!! みんな拍手で迎えます。

担ぎ手の皆様、暑い中お疲れ様でした! 担いだ後のビールはさぞかし美味しかったことでしょう…。

もちろんたくさんの屋台が出ていて、大賑わいでした!

お祭りの醍醐味といえば屋台! 中でも子どもたちが運営している「レモネード屋さん」に行ってみました。

お金のやりとりも子どもたち、レモネードを作って提供するのも子どもたち。炭酸入りと炭酸なしがあり、炭酸入りにしてもらいました。シュワッと甘すぎずに美味しかった!
 

他にも焼鳥、カレー、焼きそば、フランクフルトなど、様々な屋台が出ており、そこかしこで美味しそうな匂いが漂っていました。ストラックアウトや輪投げ、フェイスペイントなどの面白そうなアトラクションコーナーもあり、子どもたちに大人気でした!
 
 

サンコーポのお祭りでは、子どもたちが積極的にゴミ拾いをするのが特徴。そのおかげで、お祭り終了後の状態がとってもキレイなのだそう! 「子どもたちがゴミ拾いをしてくれたり、ゴミ箱の前で捨てていく人に『ありがとうございます!』って挨拶したりするんです。子どもが頑張っていると、大人も『しっかりやらなきゃ!』って思いますよね」と斎藤さん。


無事に7年ぶりの渡卸を終えたサンコーポ浦安のお神輿。築38年を迎えるサンコーポ浦安ですが、お祭りやお神輿は次の世代へ脈々と受け継がれていき、来年・再来年と、きっとさらに盛り上がりを見せることでしょう。『中町會』の皆さんのこれからのご活躍も、とっても楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る