市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

障害のある人もない人も共に過ごせる浦安に!【浦安なゆた祭り2016】開催!

「堀江にウッドデッキのある素敵なお店できたでしょう?気になってるんだけど、オシャレすぎて場違いなんじゃないかと思ってなかなか入れないのよ」。つい最近、知り合いから立てつづけにそんなコトバを聞きました。堀江にあるオシャレなカフェって…?それは、なゆたカフェのことでした!

コテージ風の素敵な外観、かわいらしくデコレーションして提供されるスイーツも飲み物も美味しいし凝っていますが、値段はいたって良心的。お店のスタッフも方も気さくでフレンドリー。利用しないなんてもったいない! 去る11月27日(日)に行われた【浦安なゆた祭り 2016】は「気になっているけど尻込みしちゃう」というような人にとって、なゆたさんをグッと身近に感じることのできるイベントだったと思います。【社会福祉法人 なゆた】は、“放課後等デイサービス”、“日中一時支援”、“就労継続支援B型・生活介護”のプログラムを通して、遊びや就労を体験する支援施設となっています。障がいの有無に関わらず、一緒に過ごせる地域づくりを目指している団体で、カフェスペースの運営も、今回の【浦安なゆた祭り 2016】の開催もその理念の一環となるものです。

お祭り当日。お店の外も中も色とりどりに楽しく飾り付けられています。
image2
image3
カフェスペースの奧や、支援施設として使われている2階のスペースは、通常一般に開放していないのですが今回は特別に入ることができました!

カフェスペース以外にも、通所者の方が過ごす空間や、キッチンなどがあることはスタッフの方から聞いてはいたのですが、中がこんなに広いなんて!改めて驚きました。
image4
image5

正面玄関前ではポップコーン、ラムネ、綿菓子の屋台。キレイなブルーの綿菓子を受け取ったお客さん、嬉しそう!
image6
近隣だけでなく遠方にもファンの多い“味わい食堂 ひねもすのたり”さんの出店もありました!笑顔の素敵なママさんです。ひねもすメンチバーガー、むしどりバーガー、鮭としめじの炊き込みご飯、どれも美味しそうなので全部買ってしまいました。すべて絶品!

image7
室内1階の“笑日”(えんにち、と読みます)では輪投げやヨーヨーつりなどを子どもたちが楽しむ姿が見られました。

2階のステージエリアでは、芸人さんのコントや音楽演奏、チーバくんの登場もあり、赤ちゃんからご年配まで老若男女が大勢訪れ、どの演目も賑わっていましたよ。
image8 image9

ステージのトリを飾るのは、“浦安カルテット”によるバイオリン演奏とよさこいソーラン! 写真は小学生弦楽器メンバー、Vivo(ヴィーヴォ)の子どもたち。Vivoには“活発な”“生き生きした”という意味があるそうです。その名の通り、溌剌としたとても楽しい演奏を聴かせてくれました!
image10
image11
美しいバイオリンの音色に合わせて、「翼をください」、「100%勇気」をお客さんたちが一緒に歌ったあと、通所者のみなさん、Vivoの子どもたち、お客さんが手を取り合って、よさこいソーランを踊る姿は感動でした!
image

【浦安なゆた祭り 2016】の楽しい一日、未来へと繋がる素敵な地域交流が育まれたのではないでしょうか。

なゆたカフェ…浦安市堀江6-4-36 TEL:047-325-9141

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る