市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【紅葉の秋】浦安で秋を満喫しよう!浦安駅周辺のおススメ紅葉スポット

朝晩が特に肌寒く感じるようになってきた今日この頃。秋の訪れを感じずにはいられません。
そろそろ紅葉の見ごろを迎える季節となってきましたね。今年の夏、浦安駅周辺は4年に一度の三社祭が開催されて大いに盛り上がりましたが、秋の浦安、三社はどんな景色なのだろう?ということで、今回は三社の紅葉にスポットを当ててみました。

1. 豊受神社

toyouke
保元2年(1157年)創建で、浦安市で最古の神社。境内の大銀杏は樹齢約400年で、昭和45年に市天然記念物となりました。高さ15メートルくらいはありそうな大銀杏は、秋になると葉を鮮やな黄色に染め美しい姿を見せてくれます。

所在地:千葉県浦安市猫実3-13-1
交通アクセス:東京メトロ東西線「浦安駅」下車徒歩10分(大三角線沿い)
問い合わせ:047-381-1011
その他:無料駐車場、施設内トイレ有り

2. 清龍神社

seiryu
創建は、建久4年(1196年)と伝えられています。御本社の清瀧神社の本殿は昭和57年10月20日に市指定の有形文化財に指定されています。浦安駅からは一番近いこの神社は、秋になると駅から一番近い紅葉スポットとなります。境内の木々はイチョウ・サクラ・ケヤキ等で、境内のほぼすべての木々でそれぞれ違った紅葉を楽しめます。特に、神社の裏手にある富士塚周辺が紅葉の見どころだそう。

所在地:千葉県浦安市堀江4-1-5
交通アクセス:東京メトロ東西線「浦安駅」下車徒歩5分(宮前通り沿い)
問い合わせ:047-351-4517
その他:駐車場なし、トイレなし

3. 稲荷神社

inari
浦安市当代島の奥まった場所にある稲荷神社。創建は元禄2年(1689年)に武蔵國小岩村(現在の東京都江戸川区小岩町)の善養寺から移し祀ったものといわれています。ここは、周辺に大きな公園がないため貴重な紅葉スポットといえる場所です。境内は、入ってすぐの大きな銀杏、神社裏の桜など美しい紅葉を楽しむことができます。

所在地:千葉県浦安市当代島3-11-5
交通アクセス:東京メトロ東西線「浦安駅」下車徒歩12分
問い合わせ:047-352-2883
その他:駐車場なし、トイレなし

いずれの神社の紅葉も見頃は10月下旬~11月中旬頃までのようです。皆さんもぜひ、秋の彩りを「浦安」で満喫してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る