市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安市の「宿泊型産後ケア」を体験してきました!

妊娠、そして出産…わが子との対面に喜びと幸せ、不安を感じながら毎日の育児をしている新米ママの皆様へ。
慣れない育児で、疲れた体、心は悲鳴をあげているかもしれませんね。ゆっくりご飯を食べたい、まとまった睡眠をとりたい、助産師さんに相談したい…それを全て浦安市は叶えることができるのです。それは、浦安市が行っている『宿泊型産後ケア』です。

私は里帰り出産をせず、身寄りが近くにいなかったため、育児と家事の両立で心身ともにいっぱいいっぱいでした。さらに、主人も帰りが遅いことから、1日のほとんどは息子とふたりきり…かわいいはずの息子に対し、余裕がなく、正直育児が楽しいと思えませんでした。

そんな時、浦安市の保健師さんに勧めていただいた『宿泊型産後ケア』。
最初、病院に泊まると聞いた時、まるで入院するみたいだと抵抗がありました。また、育児は皆大変なのに、私だけ甘えているのではないかと思いました。浦安市の保健師さんにそう思っていることを正直に伝えました。すると、助産師さんは「そんなことないです。育児は一人ではとてもとても大変なことなんです。だから、甘えられるところは甘えていいんです。お母さんは十分頑張ってます。育児はまだまだ長いので、甘えられる時は甘えてください。病院に泊まれるので、逆に安心できますよ。病院というより、個室なのでホテルに泊まるという感覚で気軽に考えてください。」そう言ってもらえ、自分も納得し、宿泊型産後ケアを利用させてもらおうと思いました。

私が利用したのは、順天堂浦安病院で行われている『宿泊型産後ケア』。「家族などからの支援が受けられない」「出産後60日未満であること」などの条件はありますが、ママも赤ちゃんも充分なケアを受けられ、食事も三食ついています。利用料金は一泊2日で6,000円、1日追加につき3,000円で7日まで延ばせます。詳しくは浦安市のホームページをご覧ください。

そして当日。
着替えや必要な洗面具を持って、産婦人科病棟へ行きました。受付で伝えると、その日の担当の助産師さんが部屋まで案内してくれました。
「慣れない育児で大変だったね。本当に頑張ったね。えらいね。ここではゆっくり休んでいってね。分からないことがあれば、何でも聞いてね。」笑顔で優しく言ってくださり、自分も笑顔になり、緊張がとけていくのが分かりました。

部屋は個室で、洗面所もあり、快適な作りでした。個室なので、周りに気を遣わず、ゆっくり過ごすことができます。
2

また、部屋には大きな窓があるため、気分も晴れやかになります。
3

楽な格好に着替え、助産師さんと自分の体のこと、育児の不安や悩みを話しながら、宿泊中の過ごし方について話しました。

食事の時間になると、担当の助産師さんが息子を預かりにきてくださり、ゆっくりと食事を取ることができました。温かく、美味しい、バランスのとれた食事が毎食でます。お母さん用の食事のため、カルシウムや鉄が多く含まれたメニューが多かったです。さらに、順天堂浦安病院では、3時のおやつもあります。何よりもゆっくり食べれるということは、産後難しかったので、とても嬉しかったです。
4

宿泊中は原則24時間、息子と一緒なのですが、ゆっくり寝たいという希望があれば、助産師さんが夜間、預かってくれます。久しぶりの静かなゆっくりとした夜に、最初は戸惑いながらもぐっすり寝ることができました。

また、日によって担当助産師さんが違います。部屋に挨拶にきてくれたときに、1日どう過ごしたいかを決めます。
宿泊中、私がしてもらったことは
・足がむくんだときは足湯とアロマオイルによるリンパマッサージ
・寝つきが悪かったので、アロマオイルを枕元に置いての就寝
・おっぱいが張ってしまったため、おっぱいマッサージ
・授乳方法指導
またその都度、不安や悩みは聞いてもらいました。すぐに助産師さんに聞けて、解消できるという環境に安心しました。子育て経験のある助産師さんもいたため、経験談も聞くことができました。

あっという間に快適な7日間がすぎ、心身ともにリフレッシュすることができました。宿泊中は息子もたくさんの助産師さん、お医者さんに可愛がってもらい、本人もとても嬉しそうでした。気付けば育児に対して自信が生まれ、息子が愛おしくてたまらなく、育児を楽しもう、頑張ろうと思えました。本当に素敵な7日間でした。ありがとうございました。

育児は長く、休みはありません。まだ私は育児をほんの少ししかしていませんが、育児は大変なこともあれど、楽しいこと、幸せなこともあると感じています。それを感じられたのは、『宿泊型産後ケア』で心身ともにゆっくりと休息をとれ、育児について自信が持てたからだと思うのです。核家族が増えている今、私のように周りに頼れる人が近くにいない人や、心身ともに疲れてしまっている方がいると思います。利用できる期間は限られていますが、「美味しいご飯が食べられ、助産師さんがいるホテルに泊まる」という感じで気軽に利用してみてください。

順天堂大学病院 産後ケアについて ※予約はホームページからも可能です

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る