市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【単身赴任で浦安に住もう!】住んでみて『良かったこと・便利なこと・嬉しかったこと』その5

単身赴任で暮らす浦安の“ここが好き・ここが便利・ここが嬉しい”第5弾です。ささやかながらシリーズ5回目達成を自身で誉めたいと思います。パチパチパチ!

さて、今回は単身赴任者にとって何よりも楽しみな「帰省」に関係する記事です。こちらからのお土産(コストコで買ったものや、あの有名テーマパークで買ったものなど)や、自宅から持ち帰る食料品(妻の愛情込み!)や衣類などでいつも荷物が多くなります。行きは気持ちも軽やかなので荷物も「かる~い」のですが、帰りは「少~しだけ」重いのです…(単身赴任の場合「行く」と「帰る」が“ごちゃごちゃ”になります。笑)

そこで、いつも利用する羽田空港&成田空港からJR新浦安駅までの経路をご紹介します。

【羽田空港の場合】

羽田空港の利用では、なんと言ってもバスが便利です! 私の帰省は勿論、家族が遊びに来る時や、出張でも利用する「と~っても便利」なバスなのです!

image1
羽田空港とJR新浦安駅の間はバス停がなくノンストップです。羽田空港からのバスは、JR新浦安駅以降は「日の出公民館」やホテルなどに停車します。JR新浦安駅までの所用時間は、案内では30分~45分となっていますが早い時は25分で到着します。(ですが、くれぐれも飛行機の出発時間には余裕を持って下さいね!)。

運賃は大人(片道)1,030円/子供520円ですから、モノレールと電車を乗り継ぐ運賃に数十円足すだけです! JR新浦安駅から羽田空港に向かう際は予約は不要で支払いはスイカが使えます。ですが、満席だと乗れなくなるので要注意ですね。
羽田空港からの乗車は、空港内のバスチケットカウンターや自動発券機で、時間指定でチケットを購入します。

運行頻度は、1時間あたり約1本です(時間帯によっては30分間隔)。モノレール+電車に比べると少なからず待ち時間が発生しますが、荷物の多い時に乗り継ぎなしで座って移動できるのは、助かります。

JR新浦安駅からの始発は、6時までには羽田空港に到着します。そして、羽田空港からの最終バスの出発が11時過ぎですから利用しやすいです。詳細は空港バスのHPでご確認下さい。 http://www.limousinebus.co.jp/area/haneda/shinurayasu.html

【成田空港の場合】

今やLCC(格安航空会社)の拠点でもある成田空港は、私もよく利用します。成田空港は第1~第3ターミナルがあり、特にLCC専用とも言われている第3ターミナルは第1、2と離れているため、交通機関の選択は重要です。私も、主に第3ターミナルを利用します。

羽田空港と同じくJR新浦安駅エリアまでのバス(JR新浦安近くだとオリエンタルホテル東京ベイに停車します)はありますが、時間帯が午前10時頃から午後8時頃までの1~2時間間隔なのが少し難点です。金額的にも、大人(片道)2,450円で、その他ルートの2倍近くします。
image3

そこで、私がJR新浦安駅から成田空港へ行く時は、「JR新浦安駅→JR海浜幕張駅→(バス)→成田空港第3ターミナル」ルートを利用します。運賃合計は1,210円(片道)です。

成田空港から帰る時には、上記のルートの最終便にギリギリの時間なので間に合えば利用し、間に合わなければ「成田空港→(バス)→JR東京駅→JR新浦安駅」のルートです。運賃合計は1,310円です。ただし、皆さんよくご存知の通りJR東京駅構内での乗り換えが、荷物が多いと結構キツイですね~。成田空港からは鉄道やバス共に幾つかの運行会社やルートがありますので、成田空港HPで確認して下さい。http://www.narita-airport.jp/jp/access/index.html

羽田空港も成田空港も、飛び立つ先は楽しい我が家! 次の帰省が待ち遠しい~!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る