市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【クルマ好き必見】新浦安のクルマ選び事情

 新浦安の中心を南北に走る「シンボルロード」は、その名のとおり新浦安を象徴する通りです。バブル期に一世を風靡したドラマ「101回目のプロポーズ」で象徴的なシーンの撮影場所にもなりました。緑のセンターゾーンの両側には片側3車線の広い走行帯があり、歩道も含めた幅は実に50メートルです。この道は自家用車や路線バスのほか、羽田や成田と結ぶエアポートリムジンや、テーマパークとエリア内のリゾートホテルを巡回するオシャレなバスなど大型車も多く走行します。
 新浦安エリアは、大型のクルマが安全に走行するのに十分な広さの道が多く、中心のシンボルロードに並行したり、交差する通りも片側2車線の道路がいくつもあります。川を挟んですぐの都内と比べると、クルマの運転にとても良い環境が整っています。こちらもご参照ください→車を持っている人が浦安に住んだほうが良い4つの理由
image2

 また、一定規模の公共施設や公園などには余裕のある大きさの平置き無料駐車場が併設されていることが多く、路上駐車が少ないのも特徴です。
image3

 更に多くのマンションには平置き駐車場や自走式駐車場が全戸分完備していることが多く、新浦安エリアでは他の街では珍しい大型のクルマを多く見ることができます。
 私が初めて新浦安に住み始めた頃、街で一日に何台もハマー(アメリカ車)を見かけるので驚いたことがあります。都内でも稀にしか見かけない特大サイズのクルマです。この他にもキャデラックのSUVやトヨタのフルサイズ車・FJクルーザー、ランドクルーザーなどの大型車も比較的簡単に見かけることができます。また、アルファードやエルグランドなどの大型ワンボックスが多いのも特徴です。
 これは道幅が広く、整備された道が多いことと、多くのマンションや商業施設の駐車場が平置きや自走式で、車高制限がある機械式駐車場が少ないため、クルマ選びで車幅や車高を気にする必要があまりないからだと思います。
image4
 我が家でも過去3台のクルマは車高を気にせずに選んでおり、機械式駐車場で制限となることが多い車高155センチ超のクルマに乗っています。

 ただし、すべての駐車場が十分な大きさがあるわけではありません。新浦安駅前には3つの大きな商業施設の駐車場がありますが、MONA新浦安は、新浦安では最もタイトな作りの商業施設の駐車場で、この駐車場を目安にクルマ選びの基準を持つ住民も多くいます。それでも友人のハマー所有者から「MONAには駐車できないけれど、道を挟んだ隣りのアトレの平置き駐車場を使うので問題はない」と聞いたことがあります。
 新浦安エリアは駅を中心に海までの2キロ近くの間に多くのマンションがあります。潮風を感じる生活を求めれば駅までは一定の距離ができます。ですから大型の商業施設やホームセンターなど生活に便利な施設までの移動にはクルマが便利な街です。そして交通環境がそろっているため、車幅も車高も気にせずに気に入ったクルマを選びやすい街ともいえます。
 ある友人は「新浦安に転居してきたおかげで、憧れのクルマに乗ることができた」と語っていました。街中ですれ違うクルマを見ていると、新浦安は、クルマ好きが集まる街という一面もあるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る