市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

東京メトロ東西線の発車ベルがメロディに変更!つなげて聴くと1曲になるらしい

150601_1656~img

最近、東西線を利用したときに「あれ?いつもとなんか違う…」と思った方、多いのではないでしょうか。実は先月下旬から、東西線の発車ベルが発車メロディへと順次変更されています。 通勤で東西線を利用している筆者が最初に気づいたのは、5月22日の九段下駅。日を追うごとに、あれ高田馬場でも日本橋でも…と、電車の発車前にメロディが! 気になって調べてみました。

聴き続けていくと一曲になる発車メロディ!

発車メロディを進行方向に聴き続けていくと、なんと1曲になるとのこと。 上りと下りでは曲が違うので(同じ駅でも上りと下りは別のメロディが流れます)、行きと帰りで聴き比べてみてはいかがでしょうか。ちなみに九段下駅は爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い~」、日本橋駅は民謡「お江戸日本橋」が元になっているそうです。鉄道音楽の第一人者である向谷実氏が制作を手がけ、アレンジして『東京メトロ東西線発車メロディCollection』(株式会社音楽館より)としてCDも発売されているとか。しかし、地下鉄に乗りながら何度聴いても、私にはつながって聴こえない…。地下鉄の雑踏の中、各駅の発車メロディを続けて1曲として楽しむのは、至難の業かもしれません。東京メトロ公式サイトはこちら

気になる浦安駅での導入は…

落合駅から西船橋駅に向かって順次導入されていくそうで、現状では日本橋駅までと東陽町駅がメロディになっています。浦安駅では6月2日現在まだ普通の発車ベルが流れていますが、東京メトロに確認したところ、浦安駅での導入は6月9日を予定しているそうです。 どんなフレーズが流れるのか…9日が待ち遠しいですね!

東京メトロ東西線関連記事:
東京メトロ東西線 乗り換えに便利な乗車位置はここだ!
東西線、混雑緩和を目指して大規模改良工事中!
東西線中野方面・朝の混雑レポートその①~逆側から調査してみた~
乗った電車が運転見合わせ!でも京葉線⇔東西線は意外と歩けることが発覚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る