市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【毎週月曜日はらんせる亭へ】カラダと環境に優しい…だけじゃない! こんなに美味しいヴィーガンスイーツが浦安で食べられるんです♡ ぜひ一度お試しあれ!

新浦安駅から程近い、入船4丁目にある焼き鳥屋『らんせる亭』さん。ふだんは夜のみ営業の焼き鳥屋さんですが、3年ちょっと前から月曜限定でカレーランチを開始されました。「浦安に住みたい!」編集室の事務所のすぐ近くでテイクアウトも出来るので、月曜日のお昼は決まってらんせる亭カレーランチ♪というメンバーもいるくらい、安くて美味しくてボリューム◎なんです!

そんならんせる亭さんの月曜限定カレーランチに合わせて、最近『ひなたとゆめcafe』のお菓子が販売されはじめました。これがなんと動物性の食材を一切使用しない『ヴィーガンスイーツ』なのに、とっても美味しいのだとか…早速取材をさせていただきました!

乳製品も卵も白砂糖もハチミツも使わない、ヴィーガンスイーツ

こちらがある月曜日に並んだ『ひなたとゆめcafe』ヴィーガンスイーツ。季節に合わせて桜のクッキーやマフィンがずらりと並びます。こちら、ほぼ予約で完売してしまっているというからスゴイですよね…! これ以外にもブラウニーやバターサンド、つまんで食べられるグラノーラなどが登場する日もあるのだそう。

ヴィーガンというのは、ベジタリアン(菜食主義者の総称)の中でも最も厳格な『完全菜食主義者』のこと。肉・魚はおろか、牛乳やチーズなどの乳製品・卵・白砂糖・ハチミツも口にしません。『ひなたとゆめcafe』のスイーツは、これらの食材を一切使わずにつくられたスイーツなんです!

白砂糖もハチミツも使わずに、どうやって甘さを出すんだろう…?と伺うと、「てんさい糖とメープルシロップを使っています。ヴィーガンのお菓子って、食べてみるとパサパサだったり硬かったり、あんまり美味しくないものが多いんですけど…。ヴィーガンじゃないお客様にも『美味しい!』と思っていただけるように、うちではとにかく美味しさにこだわってつくっているんです」と、『ひなたとゆめcafe』の美谷さん。らんせる亭の月曜限定カレーランチを担当されているのも、美谷さんです。

植物性の材料だけなのに、しっとりしていて満足感があって、とっても美味しい! “美味しさ”にトコトンこだわっています

ブラウニーを試食させていただいたのですが、しっとり&濃厚でとっても美味しい! コーヒーにもよく合います。これがヴィーガンスイーツなんですか…?「このブラウニーはシュガーフリー。メープルシロップをたくさん使って甘さを出しています。小麦粉も使わず、米粉とアーモンドパウダー、カカオニブ、あと自家製のラムレーズンをたっぷり入れています。しっとりした感じを出すのに、配合や焼き方を変えながら納得いくまで試作を重ねました。カレーと違って、お菓子は焼いてみないと味の調整ができないのが大変でしたね」。普通のスイーツとなんら遜色ない…いや、むしろそれ以上に美味しい! ヴィーガンスイーツって「カラダに良いもの」というイメージがあったのですが、『ひなたとゆめcafe』の手にかかれば「美味しいもの」なんですね!

ちなみにヴィーガンバターは、カシューナッツが原料です。こちらの『ひよこ豆抹茶あんバターと国産桜のveganマフィン』、トップにバター(にしか見えないもの)が乗っていて、食べてみるとこれまた本当にバターにしか感じない…。先ほどのブラウニーもそうなのですが、このマフィンも食べたときの満足感がしっかりあるので、ヴィーガンスイーツだからと言って物足りないかというとそんなことは一切ありません。

このクッキーもホロホロで美味しかった! 使用しているのは小麦粉ではなく『スペルト小麦』。古代小麦なので、品種改良された現代の小麦とは違い、栄養価が高くグルテンの含有量が少ないという特徴があります。「ナッツっぽいコクと香りがあって、美味しい小麦。グルテンを気にされている方でも食べやすいと思います。せっかく使うので有機のものを取り寄せています」と美谷さん。ちなみに回りのパウダーは、美谷さんご自身で材料を乾燥させ、ミルで挽いて手づくりしているというから驚きです。

『ひなたとゆめcafe』のスイーツが買えるのは、らんせる亭の『月曜限定カレーランチ』、もしくは『月に一回のお菓子配送』。月曜限定カレーランチは、毎週土曜日にカレーとスイーツメニューがアップされます。Instagramアカウント@lancel_curry_lunch へDMで予約可能。月一回のお菓子配送は、Instagramアカウント@hinatatoyumecafe にて告知がなされます。こちらはメールにてお申込受付となります。まずは気軽に月曜限定カレーランチでスイーツを頼んでみてもよし、遠方や外出が難しい方はお菓子配送を利用してみるのもよし。ぜひ一度、『ひなたとゆめcafe』のヴィーガンスイーツを食べてみてください!

浦安で、ヴィーガンフードを選べるようにしていきたい

美谷さんご自身もヴィーガンでいらっしゃいます。「それまでは肉と甘いものしか食べてなかったっていうくらい、食生活めちゃくちゃだったんですよ(笑)。でも去年の夏、体が重くなってきたのを実感して…最初は『ベジタリアンとか良さそうだからやってみよーかな』くらいの、すごく軽い気持ちで始めたんです。どうせやるなら一番厳格な『ヴィーガン』の基準じゃないと、体の変化がわからないだろうと思って。自分で言うのもアレなんですが、絶対に続かないだろうなーと思ってました(笑)。でもやってみたら、ヴィーガンフードってすごく美味しかった! 美味しくてカラダにいいなんて最高じゃないですか。そこからはもう、楽しみながらやっている感じですね」。美谷さん自身が楽しんでいるのが伝わるからか、家族や友人もヴィーガンに興味を持ち始めているのだそう。声を荒げたり脅したりするのではなく、自分が楽しむ姿を見せることで興味を持ってもらう…なんだか人間の真理に触れたようで、ものすごく納得してしまいました。

ヴィーガンのようなプラント(植物)ベースの食生活は、CO2排出量の多い畜産に比べて環境にも良いと言われています。『ひなたとゆめcafe』では、規格外で廃棄されてしまう野菜を材料に使ったり(規格外野菜を取り寄せられる農家さん、随時募集中です!Instagramより情報お寄せください)、梱包材をなるべく減らしたり、プラスチックを紙で代用したり…とエコにも配慮。3月に行なわれた第一回目のお菓子配送には、お花屋さんから廃材となってしまった植物を譲り受け、サンクスギフトとして入れたのだそう!「お野菜も植物も、捨てられてしまうものに第二の命を灯し、お客様に喜んでいただけたら素敵だなと思って。これからも、美味しい+ちょっといいことを、お届けしていきたいです」

そんな『ひなたとゆめcafe』、今後店舗を持つご予定はあるのでしょうか?「実は私、月曜以外の曜日は会社勤めをしているんです。カレーランチももっとやってほしいというお声をいただくんですが、シングルマザーで子どもが2人いるので、生活を考えるといきなり手広くはできなくて…。でもやっぱり自分の動ける範囲でやりたいことをやりたいので、ゆくゆくはカレー&ヴィーガンスイーツのフードトラックを出したいなと考えています。店舗は最終目標ですね。でも、まずは立ち上がったばかりの『ひなたとゆめcafe』を軌道に乗せたい。浦安にはヴィーガンスイーツのお店って他にないんです。浦安の人たちにヴィーガンスイーツの美味しさをもっと多くの人に知ってもらって、ヴィーガンがもっと選択しやすいように、第二のスタンダードにしたいですね」

『ひなたとゆめcafe』の美谷さん(右)と、らんせる亭を切り盛りする美谷さんのお母さま(左)。毎週月曜日のカレーランチは、主にお母さまが店頭に立ち販売を行なっているそうです。

浦安には2歳から住んでいるという美谷さん。生まれ育った街・浦安で、ご自身のやりたいことを形にしていく姿に、とっても刺激をもらいました。美谷さんの作るカレーとお菓子を、月曜日以外でも食べられる日が来るのを楽しみにしています…!

☆月一回のお菓子配送はこちら→ひなたとゆめcafe
☆月曜限定カレーランチ&お菓子販売はこちら→らんせる亭カレーランチ
 11時半~14時半(LO14時)@らんせる亭

らんせる亭…浦安市入船4-1-12 日・火定休
水~土の営業は下記のとおり
ランチ:11時半~13時半(LO13時)、ディナー:16時半~21時(LO20時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る