市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【浦安ブライトンホテル東京ベイ】ビュッフェレストラン『カシュカシュ』で、隠れメニューの本格フレンチフルコースがいただける!春のお祝いにピッタリなお料理を召し上がれ♪

3月に入り新学期に向け慌ただしい日々のなか、間もなく卒業と入学シーズンが到来ですね。きっと一年で一番多くの「ありがとう」が響いている季節??…と遠い遠い昔の卒業式を思い出してしまいました。この状況下、今までとは違った出会いと別れを迎える方も少なくありません。仲間と集まって食事すらもできないそんな状況ですが、何とかご家族だけでも、特別な思い出ができるような、そんな心温まるプランはないのでしょうか?

今回素敵なご案内をいただいたのは皆さんもお馴染みの「浦安ブライトンホテル東京ベイ」。家族のために何かしたい! そんな思い溢れるメニューがあるということで招待いただき、早速レポートします。

コースメニューが隠れた人気

浦安ブライトンホテル東京ベイで多くの方が利用されているビュッフェレストラン「カシュカシュ」。低温調理でじっくり仕上げ、肉の旨みと脂の甘みがクセになるほど絶品のカシュカシュ伝統のローストビーフは必ずいただく一皿ですが、実はビュッフェだけでなく、こちらでいただけるのがコース料理。ひっそりとコース料理の提供をし続けているそうで、なんでも隠れた人気でお祝いの際に利用される方が多いのだそう!さらには昨今の状況もあり、コースを予約される方も増えているのだとか。

お祝いコース サロン ド シュシュ ~テール~

今回はお祝いに相応しい、「我が子のハレの日に、オマール海老や和牛がメインのフルコースディナーを初めてのテーブルマナーとしても最適」なフルコース。コースをいただくのは何年ぶりでしょう…! いつもビュッフェで慣れ親しんでいるカシュカシュでコースがいただけるなんて新鮮でワクワクです!

まず席に着くとたくさんのカトラリーとメニューがセッティングされています。フルコースの内容は、アミューズ、前菜、スープ、メイン2種、デザート2種、コーヒーor紅茶の8種。「お~これこれ、今日はコースなんです~」と胸が高鳴っていると、ウエルカムスパークリングを注いでくれます。お酒が苦手なのでリンゴのノンアルコールシードル 仏産「ポミヨン」で一人乾杯! (ドリンクは別料金)

「アミューズ・グール ~鴨胸肉の燻製と新玉葱のムース~」

まずはアミューズ。こちらの新玉葱のムースは濃厚な甘さがたまらない! フライドオニオンがさらに甘さを引きたせ食前酒が(ノンアルコールですが)進みます。鴨の燻製の香ばしい香りと一緒にいただくのも美味でした。一口でいただけるものですが初めのお料理から期待が増します~。

「冷製フォアグラのクリスティアン ~プティサラダ添え バルサミコのヴィネグレットソース~」

前菜には、フォアグラを使用した一皿。ふっくらしたフォアグラと、表面がブリュレのようなパリパリ感はグラニュー糖を引き表面をバーナーで焼いており、食感も甘さもバルサミコの酸味と共に口の中で溶けていく~! また付け合わせのお野菜にも一工夫が。トマトにはパルミジャーノチーズがかかっていて焼いたものだそうでと~っても美味。さらに生だと程よい苦みが特徴のアンディーブもアクセントになっていて、甘みと酸味、苦みのバランスが最高な一皿。

「コンソメスープ」

私はあまりコンソメスープをいただく機会がないのですが、こんなにも香りが良いものだとは思っていませんでした。チキンの臭みを感じない透き通るようなスープは誰かと話しながらゆっくりいただきたい一皿。ここで一人でいることが急に寂しく感じましたが、ほっこりとさせてくれますよ。

「オマール海老のオーブン焼き エスニックエピス~香草風味のブールブランソース~」

待っていましたオマール海老! フレンチには欠かせない食材ですが、こちらのオマール海老はオーストラリアから活きたまま空輸してくるので、コース自体のご予約は3日前までとなるそうです。(産地が変更になる場合あり)一皿にオマール海老半身と爪部分が使用されており、オマール海老の肉厚ジューシーな歯ごたえ、ほんのり香りスパイスと納得の白ワインソースは正統派フレンチを感じる一皿♡ また素材を生かした野菜のフリットも美味! こちらにもアンディーブのフリットですが生よりも火を入れた方が苦みを感じピリッとした印象に、おそらくお酒好きな方はワインやスパークリングが進むこと間違いないですね~!

ちなみに、フルコース料理に合わせたスパークリングと赤ワイン、白ワインがお一人様2,000円で飲み放題というメニューもあるそう。セレクトされたワインとスパークリングがいただけるのはかなりお得ですよね!

「和牛フィレ肉のポアレ 温野菜添え~マディラソース~」

お料理も終盤、すでにお腹も心も満たされていましたが、お肉は別腹!? 和牛フィレ肉の登場です! と~っても柔らかいフィレ肉、口の中では芳醇な香りが漂うマディラ酒のソースと上品なお肉の旨みはゆっくり噛みしめていただきました♡ 付け合わせのお野菜もビーツとカブ、マッシュポテトで紅白のお祝いをイメージしてくれています。この日のワインの品種はシラーだったそうで、さらにお料理を引き立たせますね。

そしてこちらこそ別腹なデザート! この日はガトーショコラバニラアイス添え。見た目もさることながらデザートの味も絶品でした! ねっとり口の中にまとわりつくようなガトーショコラは濃厚過ぎずさらりと食べられちゃうのが不思議なんです。ビュッフェの時もそうなんですが、カシュカシュのデザートって本当に沢山の種類のデザートいただいても全くしつこくないんですよね。さらにお皿の上には生クリームのようなものが。こちらも脂肪分が調整された生クリームに隠し味でグランマニエを落としたクリームもさっぱりしていて美味でした! そして最後のプティフール、この日はガナッシュとマカロン、コーヒーをいただき、フルコースもフィニッシュ~!

一人でコースは寂しいなと思っていましたが、こうしてお料理と向き合い美味しさをかみしめて、自分のペースでいただけるのもありかもしれない! またご家族そろって初めてのテーブルマナーにもいいと聞いていましたが、正統派フレンチフルコースを堪能するにはとてもいい機会かもしれません。新社会人、新学生など、一つ大人の階段を上る予定のお子さまと一緒に、これぞフレンチ! といったお料理をここ「カシュカシュ」でいただけるのは緊張感もほぐれ楽しく過ごせる予感ですね。美味しいものをいただくことで心も満たされるひと時を、ぜひとも春のお祝いにいかがですか?

お祝いコース サロン ド シュシュ ~テール~ 概要

ご予約可能日:3月1日 ~ 5月31日
食事時間:ディナーのみ
ご料金:お一人様 10,000円(税込)
利用条件、お問合せ:3日前15:00までのご予約制となります。
https://urayasu.brightonhotels.co.jp/restaurant/topics/oiwai.html

また、コース料理予約の方とビュッフェのテーブルと分けられているので、騒がしい雰囲気も感じずらいのも◎でした。もちろん感染予防対策もしっかりと取られていますので、安心して家族との時間をお過ごしいただけます。今回のお祝いコースが3月から5月末日まで、それ以降はメニューが変更になりますが、通年実施されています。https://urayasu.brightonhotels.co.jp/restaurant/cache_cache/dinner.html

浦安ブライトンホテル東京ベイ レストラン「カシュカシュ」
047-350-9091
浦安市美浜1-9
https://urayasu.brightonhotels.co.jp/restaurant/cache_cache/

浦安ブライトンホテル東京ベイの取り組み
https://urayasu.brightonhotels.co.jp/

【浦安ブライトンホテル東京ベイ 感染拡大防止対策チェックリストはこちら】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る