市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

『変なホテル舞浜 東京ベイ』へ潜入取材!「変なホテル」じゃなくて、『変化を惜しまない』画期的なホテルでした!

緊急事態宣言が発令された4月7日から49日間。5月25日に解除となり浦安市内の施設では6月から再開されるところが多くみられるようになりました。舞浜のテーマパーク休園に伴い、市内にあるホテルは休館が続いている状況です。市内に数多くあるホテルの中でも一線を画したホテル『変なホテル舞浜 東京ベイ』。宿泊者専用のイメージがあり市民は楽しめない? とそんな印象を持っていました。しかしご宿泊者以外の方も利用できる不定期開催のブッフェイベントが行われていたり、近隣保育園のお散歩のコースとしても利用されていたんです!

実は緊急事態宣言が出る前に『変なホテル舞浜 東京ベイ』支配人の梅谷さんにお話を伺っていました。当時は、その時の情勢の取り組みなどお話を聞いてきたのですが、宣言が発令→解除となった今、新たな取り組みをされているとのこと。まずは謎だらけのホテルへ足を踏み入れてきたのでレポートいたします!

恐竜ロボットがお出迎え!


ホテルに着き驚いたのが、予想に反して大きかった恐竜ロボットがお出迎えをしてくれます。左のティラノザウルスは大きく口を開けリアルさを感じさせます。またフロントは人間のロボットがお出迎えしてくれるのかと思っていたら、ベルボーイの帽子をかぶった『ヴェロキラプトル』!

恐竜になじみのない私ですが、可愛いさを感じてしまいます。タッチパネルの操作とともに、ヴェロキラプトルのお兄さんが各国の言語でチェックインの案内をしてくれます。特に英語で話すヴェロキラプトルのお兄さんはかっこよくておすすめです! とちょっと遊んでしまいましたが、恐竜が好きなお子さんに関わらず皆さん喜ぶに違いありません。そして水槽にもロボットの魚が!

ちょっとこの時期はご機嫌が斜めだったそうで、マイペースに水の中を泳いでいました。本来であれば結構なスピードで泳ぐそうです。

お部屋に潜入♪

こちらのホテルは2タイプのお部屋が用意されています。舞浜側に面しているのがスタンダードツイン。備え付けのベッドは2つ並んだ、3名様まで泊まれるお部屋です。真ん中のソファーがベッドになるそうで、結構広く感じました。

上記は最上階のお部屋で、この日残念ながら雨が降っており写真は暗いですが、江戸川もキレイに見えるのでお天気の良い日は眺望にも期待ができますよ! 左寄りにはパークのお城やホテル群も見渡せます。
また、富士見・堀江方面のお部屋はスタンダードトリプル。備え付けのベッドが3つ並んだ、グループや4人家族におススメなお部屋です。

こちらのソファーもベッドになります。そして、全室にコミュニケーションロボット「ロボホン」を設置しているも特徴の一つです。何やら「ロボホン」との会話も楽しめるそうなので、ちょっとお相手をしてもらいました!


こちらのロボホンはチェックインが完了後、目が黄色になりロボホンに話しかけます。ロボホンに向かって「電気をつけて!」などと話しかけてみたり、歌やダンスだけでなくクイズを出してくれ、ロボホンとの時間も楽しく過ごせます。このクイズがなかなか面白い! 

解除となる前、テーマパーク休園が決定してから、さまざまなことが脳裏に浮かんだと言います。「焦りを感じていましたが発令前の数週間、幸いにも県内や江戸川区など近場の方からのご予約をいただいていた状況でした」、と梅谷さん。また、食事はジュラシックダイナーでモーニングブッフェをお楽しみいただけます。和・洋・中、約40種類の豊富なメニューを揃えた朝食ブッフェには話題の「パワーサラダ」コーナー、お子様向けの低めのブッフェ台、オリジナルパフェ作りができるデザートブッフェ、お子様にうれしい恐竜型のナゲットなどをご用意してくれます。また不定期に行われるディナーブッフェも好評と噂になっていました!
 
新型コロナウィルス感染症の事態を受け、感染症拡大防止の観点から一時的に、現在はブッフェ利用ではなくセットメニューとして提供をしているとのこと。また「今後も、テーマパーク利用のお客様にとどまらず、地域の方々にも目を向けていただけるよう、変なホテルとして…常に変化を惜しまないという意味を込めて、地域の方々にも利用いただけるプランを考えていきたいです。」と支配人の梅谷さんは話します。

ロボホンルーム活用プラン

6月3日~7月20日の期間で、日帰りと宿泊の2つのプランが新たに登場しています。緊急事態宣言が解除されてもまだまだ在宅ワークをされている方におすすめな日中利用のデイユースと、小さなお子さまをお持ちの方におすすめな宿泊プラン「ロボホンルーム活用プラン」をご用意されたとのこと。自宅での仕事に限界を感じてきた方や、お子さまと一緒にロボホンと楽しむ時間として、またホテルでテレワークの仕事中は、奥様とお子さんは舞浜テーマパーク周りの江戸川沿いで遊ぶのも◎ですね! せっかくテーマパーク近くなのだからぜひともこの機会に東京湾の潮風を感じてほしいです! 今年はイベントの中止が相次いでいるので、他県で旅行というのも気が引けてしまいます…。それならば気になっていた変なホテルで気分転換をしてみるのも、一日ホテルから出ずにだらだらと過ごしてみるのも有りかもしれません。また、9月30日まで小学生以下無料の家族応援プランもあるので、多様なプランを覗いてみてください! プラン一覧はこちらから

応募して宿泊チケットを手に入れよう

また、今回「ロボホンルーム活用プラン」のプレゼントキャンペーンを行うそうです! 宿泊者以外にもご参加いただけるようにホテル内ロビーにはロボホン隊が歌って・踊る演舞を披露しているとか!? そんなロボホンの写真をSNSにアップした皆様に「ロボホンシール」をプレゼント! さらにはSNSにアップしていただいた方の中から抽選で「1組2名様にご宿泊券」をプレゼントとのこと! ぜひとも応募して宿泊チケットを手に入れよう♪ (SNSアップ後に簡単なアンケートにお答えいただきます)

変なホテル舞浜 東京ベイ
浦安市富士見5丁目3-20
050-5894-3737
JR「舞浜駅」からバス4分・徒歩18分
駐車場事前予約 15台 / 当日受付 14台
公式ホームページはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る