市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安魚市場が3月31日で閉場。跡地はどうなる?

2019年3月31日(日)正午、惜しまれつつも、浦安魚市場が閉場してしまいました。
浦安魚市場の歴史は、昭和28年に当代島に浦安魚市場として開業。その後現在の地に移してから65年目にして幕を下ろすことになりました。
閉場された一番の理由は建物の耐震基準でした。昭和46年に建てられた建物は約50年近く経過していたため耐震基準を満たしておらず、建て替えや補強などが必要な状態にありました。
建物、店舗の老朽化も著しいうえに、各店舗経営の後継者不足などもあり、数年前から徐々に店舗数を減らしていたようです。

そんな閉場当日の浦安魚市場に行ってきました。

やはり、最終日ということもあり多くの人が来場されていました。中には一眼レフカメラを持参して様々な角度から思い出の記念撮影をされている方も多くいらっしゃいました。
閉場間際まで新鮮なお魚が数多く陳列されており、魚市場ならではの威勢の良い掛け声も響いていました。

 

既にお店が撤退しているスペースでは、浦安や魚市場の歴史を知ることができる写真が数多く展示されていました。古き良き浦安の街並みや活気のある魚市場の様子を知ることができました。

浦安魚市場の閉場に伴い、16店舗の移転が決まっているとのこと。残念ながら、浦安魚市場の移転やリニューアルの予定は無いそうです。

以下の店舗は、浦安魚市場の閉場に伴い移転する店舗です。

  • 惣菜やいしい
  • 丸茂海苔店
  • 市船海苔店
  • 肉のマルナカ
  • 魚功
  • 大信
  • 松井商店
  • 丸善青果
  • さつまや
  • 泉銀
  • 下長海苔店
  • 池八
  • 大力水産
  • 丸正
  • 寿司屋商店
  • 伊藤

浦安魚市場の北口にある、浦安魚市場北口商店会は閉場する3月31日以降も引き続き営業を続けるそうです。

さて、気になる跡地についてですが、浦安駅から徒歩3分の好立地であったため既に売却済みとのことです。

噂によると、取得したのは『野村不動産』のようです。
野村不動産といえば、高級分譲マンションのイメージもあるかと思いますが、『GEMS』という商業施設の開発も行っているとのこと。2022年3月頃に完成予定とのことですが、どのような建物が建つのか、楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る