市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【春だから挑戦!】ランニング初心者が気をつけるべきポイント5つ

春ですね、暖かい陽気が続いています。4月は新学期・新生活の季節。これから何か新しいことを始めよう…と意気込んでいる人も多いのでは? 春から始めるのにおすすめな趣味は「ランニング」。特別な道具も必要なし! 今日からでも気軽に始めることができるのです。

と、ここまでまるで、プロランナーのような口調が続いてしまいましたが、かくいう私も今年の2月の浦安市民マラソン大会ではじめて10キロ走ることができました。これまでに10キロ走ったこともない私がどうやって完走できたのか? この記事では、大会までの練習で気を付けていたポイントをご紹介! なんだ、練習のポイントといってもたいしたことないな、この春から始めてみるか…程度に読んでいただければ幸いです。

1. まずは靴を新調した。

これまでに、たまーに気が向いていたらちょろっと走っていた私。本格的に走るわけでもないので、いつかのセールで買った運動靴を使っていました。しかし、その靴はちょっとぶかぶかで、なんとなく重かったのです。そこで、マラソン大会の2週間前、イトーヨーカドー新浦安店2階にある「スーパースポーツゼビオ」(http://www.supersports.co.jp/shop/supersports/348/ )で、ランニングシューズを新調。軽くて、走ったときに自分の足にフィットするものを購入しました。色も、お気に入りのピンクのものを選んで、テンションをあげました! まずはお気に入りのシューズから。これ大事です☆

2. 分厚い靴下をはくようにした。

大会が冬だったこともあり、とくに意識もせず、普段使っていた厚手のソックスを練習時にそのまま使用。と、脚を地面に降ろした時にかかる負荷が、少し軽減。走るとすぐに足の裏に出来ていたマメができる回数も少なくなり、気持ちも楽に走れるようになりました。大会当日も、厚めのソックスを履いて出場しました。

3. 毎週末とにかく短距離でもいいから走った。

おすすめのランニングコースを以前この記事(ランニング・お散歩におすすめのコース!Vol.1 ~境川沿い~ランニング・お散歩におすすめのコース!Vol.2 境川~東京湾まで)で紹介しましたが、私の場合、とにかく毎週末このコースを走りました。徐々に海までの往復だけでなく、距離を伸ばすようにしていきました。海にぶつかると、左折して海に面した総合公園の脇をランニング。端まで行ってさらに左折すると、海を右にしてまたコースが続きます。自宅から海に出て、海を見ながらぐるっと一回りするマイランニングコースはおよそ8.5キロ。正直、練習期間中はマックスでもこの8.5キロしか走りませんでした。が、それでも体力はついたみたいです。(笑)

4. ランニング前後のトレーニングは欠かさずに行った

いきなり走り始めるのはNG。まずは体の筋肉をよくほぐしてから走り始めます。私はラジオ体操を一通りやってから、ランニング開始。ラジオ体操は、体を隅々までほぐすよく考えられた体操なので、しっかりと動かすと、走り始める前からちょっと息があがるかも?! また、走り終わった後、疲れたからといっていきなりしゃがみこんだり止まってしまうのもNG。とくに足首をよくまわして、マッサージしましょう。

5. 筋トレもやるとベストだった◎

もっと脚力をつけて、もっと長く走りたいという人は、ランニングに加えて、毎日の筋トレをすることをおすすめします。筋トレといっても家で気軽にできるものでOK。腹筋や腕立て伏せなどを回数を決めて毎日少しずつ行うと、筋力がちょっとずつアップ。あまり時間の取れない平日は筋トレを、週末はゆっくりと時間をかけてランニング、と毎日のメニューを変えるのものんびり続けるコツかもしれません。

ここで紹介したポイントはすべて基本中の基本。私はのんびりゆっくりちょっとずつ走ることをこころがけていました。とくに、境川から東京湾のランニングコースには、何キロ走ったかわかるサインもあって、ランナーにとってはありがたいですよ。

気軽に始められるランニング。皆さんも春から走り始めてみてはいかでしょうか?Let’s run! (レッツラン!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る