市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【浦安から日帰り旅行】房総半島・館山市の魅力を徹底追及!

いつのまにか春ですね。今度の週末は春を感じにどこかへ足を延ばしたいけど、都内は混んでいるし…どこに行ったらいいだろう…?と迷っていませんか? 今回は、新浦安駅から青春18切符を使って行ける、千葉・館山の魅力を紹介します。

まず、青春18切符をご存知でしょうか。これは、学生の長期休みの期間に合わせて発売されている、JR線乗り放題チケットのこと(乗り放題といっても条件があるので詳しくはこちらをみてください→http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/)。春季の販売期間は3月31日で終わってしまったのでご注意ください。次回は夏季、7月1日からの販売です。 この青春18切符を使えば、浦安から日帰りで千葉・房総半島のさきっぽ、館山駅まで、新浦安駅から片道約2時間半で行くことができ、電車賃もお得なのです。私は実際に次のプランで日帰りしてきましたが、観光時間も十分確保できたのでおすすめします!

////////<日帰りモデルプラン>////////////////////////
07:02-07:27 新浦安–京葉線快速(蘇我行)–→蘇我
07:55-09:35 蘇我–内房線(館山行)–→館山
    ・
   ・
1日館山観光
   ・
   ・
16:17-18:01 館山–内房線(千葉行)–→蘇我
18:12-18:41 蘇我–京葉線快速(東京行)–→新浦安
///////////////////////////////////////////////////

JR新浦安駅から蘇我駅まで約30分。そこで内房線に乗り換えて、館山駅まで向かいます。まず、館山駅で降りたら、西口の階段を下りたところにある観光案内所でレンタサイクルを借りましょう。自転車があれば、潮風を感じながら館山市内の見どころを見て回ることができるのでおすすめです。(※車移動でない場合は特に自転車がおすすめ! 歩いて回るには広すぎます)

じゃん! 館山の駅はこちら! ヤシの木が揺れているのがなんとも南国の雰囲気を醸し出しています。ちょっと遠くに来たみたいで、一気にテンションあがります。
 

では早速、サイクリングで館山市内を周ってみましょう。駅からすぐに見えるのは海! 爽快です。

次に私が向かったのは洲崎灯台。

階段を登って、灯台の下にまで行ってみました。海を360度、ぐるりと見回すことができました!

潮風が気持ちいい! 多くの人が訪れており、記念撮影をしています。海の向こうに富士山も見える時もあるそうですね。見てみたい…
 

次に、サイクリング灯台から海のほうへ向かっている途中で見つけたのは洲崎神社。この神社の階段はインパクトあり! ちょっと寄ってみることにしました。

見て下さい。ずらーっと上にのびています。
.
.
.

登りました!(※自転車は階段の下に置いておきました。)

灯台からも神社からも海が堪能できましたが、そう、なんといっても館山の魅力は海! 東京湾と太平洋に面している館山市は、サーファーに人気の街なのだとか。サーフィンするにはもってこいの海岸だそうです。いつまでも続く海沿いの道や、田んぼの中を自転車でさーっと走る感覚は、人ごみの多い浦安市ではなかなか味わえないものでした。
   

また、この記事では紹介できませんでしたが、春のお花を園内いっぱいに眺められる白浜フラワーパークは、春に行くなら要チェック! 料金を払えば、花摘みができるんだとか。色とりどりのお花を切って家に持ち帰って飾れるなんていいですね! 他にも、私は行けなかったのですが、 館山市内の崖観音も、山の中腹にある本堂からの眺めが最高なのだとか。さらに、これも行ったことはないのですが、館山市には館山城もあるそうです。次回はぜひ行ってみたい…。

いかがですか? 浦安は、近辺に公園やテーマパークなどがあり、楽しいエンターテイメントを求めて遠くに行く必要はなかなかないかもしれません。でも、電車や車でちょっと足を延ばせば、いつもとは違った景色に出会えること間違いなし! 房総半島・千葉、おすすめです。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る