市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

浦安のフレンチ『Le Chou』でランチ→クオリティが高すぎて、次の日も余韻が抜けないほど感動の嵐でした…!!

先日浦安バル街で訪れた、北栄にあるフレンチレストラン『Le Chou』(過去記事:【第6回浦安バル街】”昼バル”楽しんできました!夕方までに帰らなきゃいけない方も、浦安の一大イベント参加しよう♪)。そのときの雰囲気がとても良く、お食事も美味しかったので、今度行こう!と心に決めておりました。そして先日、念願叶ってランチに行ってまいりました! それがもう、本当に感動の嵐だったので、拙い文章ではありますが何とかお伝えできればと思います…!!

4440 4442
フレンチというと敷居が高いイメージがあったのですが、ここはバルにて一度入ったお店。さっと扉を開けて、案内していただきます。先日バル街の際にお話したことをシェフが覚えていてくださって、まず感動!

4443
ランチコースのメニューから、前菜・メインを1品ずつ選びます。もうメニューの字面を見ているだけでもお腹が鳴りそう…。そこへ「別料金で本日のスープ・安納芋のポタージュはいかがですか?」とのご提案、合わせてお願いしました。

4446 4453
このたくさん食器の並ぶフレンチスタイル…! 恥を忍んで聞いてみたところ、やはり外側から順番に使うんだそうです。スタッフさんが嫌な顔一つせずにこやかに教えてくれました。各テーブルにはお花が活けてあって、そのさりげなさがヨーロッパの街角のよう。

4452
お店は明るすぎず暗すぎず、落ち着いたトーン。テーブルクロスの柔らかな色味、素朴なカントリー調のBGM、すべてが溶け合って居心地の良さをかもし出しています。グループでいらしているお客様の話し声もまた、その居心地の良さの一部に感じられる…これはLe Chouさんのマジックでしょうか。

まずは前菜、『牡蠣の瞬間スモークとバジル風味ふろふき大根』。
4457
フレンチでふろふき大根なんて、意外ですよね! 牡蠣と大根、冬の美味しい食材の組み合わせ。この大根がとっても柔らかく、ナイフでスッと切れます。口に入れると熱々、はふはふ…! 滋味深い大根の味わいがバジルソースに絡んで、和洋のハーモニーが口の中で奏でられます。続いて牡蠣、こちらは「瞬間スモーク」と言うだけあって、焦げ具合が絶妙。
4458
生臭さは一切なく、クリーミィで濃厚な味わい…大根と一緒にほおばると、懐の深い大根に美しい牡蠣が飛び込んでいくような、もう極上のドラマでも見たかのような感動が押し寄せます…! 合間にサーブされたパンをいただきながら、食べ進めます。

続いてスープ、『安納芋のポタージュ』。
4461
目玉焼きではありませんよ。スープ皿って大きさのわりにスープが入るところはこの真ん中だけなんですね。贅沢なお皿!
4463
熱々のスープが全身に染み渡ります…! 甘すぎず、さっぱりといただけるポタージュは、クリーミィな中にちょっと舌触りも楽しめて、食べていて飽きません。はあぁ、美味しい…。

パンのおかわりをいただいちゃいました。
4459

そしてメイン、『ロールキャベツと和野菜 湯葉のポトフ仕立て 山椒の香り』。
4465
もうこれ、運ばれてきた瞬間から「間違いない!」感がすごかったです!! 香り良し、見た目良し…いただきま~す!
4470
ロールキャベツはお肉の味がしっかりしていて、口の中でじゅわっと肉汁とスープが広がる…もう、至福です。紛れもない幸せがここに! 湯葉の食感がまた楽しい。よく煮込まれたゴボウ、里芋、レンコンはホロホロで、するりと喉へおさまっていきます。フランス料理でよく使われるというジャガイモの付け合せも美味でした。

勧められるがままに、パンのおかわり(2度目)もいただいてしまいました。だって美味しいんですもの!
4468

そしてデザート、『いちごのブラマンジェ』。
4472
ん~美味しい~! 丁寧な仕事を感じる滑らかなブラマンジェに、酸っぱいイチゴ。茶色のツブツブは、アーモンドクッキーを焼いて砕いたものだそう。ここまで来ると、もう食べ終わるのが惜しいという気持ちがむくむくと育ってきます。食べ終わりたくない!と、しばし中断してみたり…。
4474

どれも手の込んだお料理ばかり。フランス料理でありながら、ふろふき大根や湯葉など和の要素も取り入れ、目にも舌にも楽しめるメニューを作り出していくシェフの手腕には脱帽です。

最後の〆は、コーヒー・紅茶・ハーブティから選びます。私はコーヒー。
4475
満たされたお腹と舌と、ほっと一息つきながら、ここまでに味わった料理の数々を思い出し、また余韻に浸ります。このまま目を閉じて、この空間と時間と一体になってしまいたい…という妙な願望も沸いてきてしまいました。

コースにスープをつけて2300円と、聞くだけ聞いたら決してお安いランチではありません。でも、手の込んだお料理とその美味しさ、コース全体を通して満足を超越したこの感動を考えると、むしろ安いのでは!?と思います。Le Chouさんでの食後24時間が経過しようとしていますが、それでもまだなお残る余韻…なんというか、美味しいというだけでは言い表せない体験をさせていただいた気がします。それでいて気張らずカジュアルに楽しめるのがまた嬉しい。浦安と言う立地ならではかもしれません。

こんなステキなお店がせっかく浦安にあるのだから、まだ行ったことのない方は、ぜひLe Chouさんへ足を運んでみてください! まずはランチに伺って、雰囲気をつかんでみてはいかがでしょうか♪

4440
Le Chou…浦安市北栄2-7-1 047-351-4707

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

ページ上部へ戻る