市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

【三社祭】豊受神社の大幟奉納式。熱気に包まれた境内に、大迫力の幟がはためきました!

6月12日、豊受神社に大幟が旗揚げされました。 高さ20m超の大きな大きな幟、もうご覧になった方もいるのではないでしょうか? 熱気に満ちた大迫力の『大幟奉納式』、見学してまいりましたのでレポートします!(→大幟設置前に行ったインタビュー記事はこちら

6月12日16時前。豊受神社へ向かう途中、曇り空に伸びる2本の竿を発見!
2255
…あそこに旗が揚げられるんですね。思った以上に高く感じます。

2261
15時より神殿内で式典が執り行われており、豊受神社の境内にはたくさんの人が集まっています。神社の裏側を歩いて来たのですが、その道まで皆さんの熱気が伝わってきていました。

まずは東組連合会長・宮崎さんの挨拶。
2272
豊受神社総代長・渡邊さんの挨拶から、「エイエイオー!」という勝鬨。
2278
そのあと松崎市長、内田県議会議員からお言葉をいただき、いよいよ旗揚げへ…!
2286 2294

大幟設置委員会のメンバーが前に並びます。
2302
宮崎会長の長年の夢であった大幟の設置…数々の苦難や苦労を乗り越えながら、それを現実のものにしたメンバーたち。委員長の宇田川さんの挨拶の中にあった「宮崎会長を漢にする!俺たちはどこまでも会長について行く!」という熱い言葉に、集まった方々それぞれが心を打たれたのではないでしょうか。

2305 2311
そして大幟が姿を見せ始めます。お囃子の演奏をしているのは、丸音会の皆さん。軽快なお囃子のリズムに合わせて、するり、するりと少しずつ幟が上っていきます。

まずは美しい紋様。
2316
力強い「豊受大神」の文字。
2325 2329
前のインタビューで「女性の神様の姿が描かれている」と聞いていた私ですが、まだ見えない…と思っていたら、登場しました!
3037
銀杏の葉が舞う中に佇む豊受姫大臣…。黄色い銀杏と着物の紫の色合わせがとっても綺麗。大きくて力強い文字の後ろに嫋やかな女性の神様が描かれる…というコントラストに、思わず鳥肌が立ってしまいました。

0072 (1)
旗揚げが無事に終わったあと、宮崎会長が挨拶で「神様にも、4年に一度好きなようにさせてくれる家のカミさんにも感謝です!」と茶目っ気たっぷりに締めくくったのを聞いて、その場にいるみんなの緊張が一気にほぐれたように感じました。
3049
宮崎会長が東組のみんなに慕われ、信頼されている理由が、少しだけわかったような気がします。

大幟は、三社祭の最終日19日まで設置されます(強風や雨天の際は下ろすとのこと)。まだご覧になっていない方は、ぜひ遠くからも真下からも見てみてください!
3094
全体像が見える遠くからはもちろん、真下から仰いで高さと迫力を感じるのもオススメ。
3065 3064 3067

夜のライトアップも美しいですよ!
9118

豊受神社…浦安市猫実3-13-1 豊受神社東組連合Facebook

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

関連記事

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る