市民による浦安の地域情報総合サイト

浦安ってこんな街!

夏の植物に癒やされよう! 熱中症に気をつけながら市内の草花&自然スポットへ!

梅雨明けした途端、真夏のような暑さです。まだ6月だというのに……。こんなに暑くて夏本番を無事に迎えられるだろうか?

そんなとき、ふと目にした道端の紫陽花やアガパンサスの花々の涼しげな色に癒やされることがあります。

「フィトセラピー」という言葉をご存じでしょうか。森林浴で清々しい気持ちになったり、ハーブティーで身体の調子を整えたり、日常生活にアロマティックオイルを取り入れたり……。自然の恵みからパワーをもらったり、癒やされたりすることをいうそうです。野菜を食べることや、草木の世話をすることも「フィトセラピー」に繋がるのだとか。

住民の方たちが力を合わせ、ボランティアで地域の福祉課題に取り組んでいる【社会福祉協議会】。支部社協(地域ごとのブロック)のひとつである【南3支部】(高洲エリア)の活動については以前もお伝えしました。

今年は、高洲3丁目の「浦安市漁業記念公園」の植物の水やりや、草むしりを通して地域の異世代間交流を深める事業を検討中だそうです。

「浦安市漁業記念公園」は通称「カメ公園」として地元の子どもたちに人気の遊び場。広々した芝生で、いま市内でブームを呼んでいる「モルック」などで遊ぶのも楽しいかもしれません。今後の活動が楽しみですね!

こちらは少し前の写真ですが、潮騒グリーンクラブのみなさまの「芝桜を植えよう!」のイベント。

来年はまた鮮やかなピンク色の芝桜のカーペットが道行く人を元気にしてくれることでしょう。

こちらは私のオススメ、名付けて「境川・紫陽花ロード」。

境川の沿道10メートルほどの長さに渡り、色とりどりの紫陽花が咲いて、とてもステキなスポットです。

そして、今川橋の近くの小さな橋の上はアガパンサスのお花畑。

他の花々とのコントラストも美しいですね。

やなぎ通り沿い、海楽と美浜の間にある陸橋下の小さな森林浴スポットは、人通りの少ない夏の朝、オススメです。

お散歩中、道端で色鮮やかな花を発見!

早朝の涼しい時間や、海風の心地よい夕暮れどきなど、日中のいちばん暑い時間を避けてぜひ美しい花々や、青々茂った夏草の香りから、自然のパワーをいっぱいもらって、この夏を乗り切りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローして最新情報を入手しよう

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る